NOW
ON AIR

Chu! PRESS

2023.06.07

【グップラ×酒に交われば】かつての陸の孤島が生み出した独自製法。循環型の環境に優しい地域を目指す「花泉酒造」

【グップラ×酒に交われば】かつての陸の孤島が生み出した独自製法。循環型の環境に優しい地域を目指す「花泉酒造」
日本テレビ系列では、「Good For The Planet」と題して、地球のため、未来のため、より良い暮らしのために今できることを、様々な企画を通して皆さんと一緒に考えていく。

今回は、福島県出身の俳優・神尾佑(ゆう)さんが県内の酒蔵を訪ね、その酒蔵にまつわる物語を紐解いていく番組「神尾佑 酒に交われば」から。地球に優しい取り組みもしている南会津町の「花泉酒造」、そのロマンあふれる物語だ。
時間がゆっくりと、穏やかに流れている
時間がゆっくりと、穏やかに流れている
約3000人が暮らす、南会津町の旧南郷村。標高約500mを流れる雄大な伊南川(いながわ)の岸辺に、集落が形成されている。
昭和37年(1962年)から栽培
昭和37年(1962年)から栽培
尾瀬の雪どけ水をはらんだ豊かな清流がもたらす肥沃な大地と、この地域特有の気候風土が生んだ「南郷トマト」は、全国的にも名高い。甘味と酸味、そして引き締まった食感が抜群だ。
創業当時からずっと「我が道をゆく」
創業当時からずっと「我が道をゆく」
そんな古き良き日本の原風景のような山里を歩いていると、「花泉酒造」はふいにその姿を現す。
豪雪地帯ゆえの悩みも…
豪雪地帯ゆえの悩みも…
この界隈は、昔から”陸の孤島”となってしまうほど雪が降り積もる豪雪地帯。峠が閉ざされ、村に酒が入らない時もあった。ならば「お酒を造ってしまえ!」と、研究熱心な5人の農家が立ち上げた世にもめずらしい酒蔵だ。
地元に根づいた酒造りに励む
地元に根づいた酒造りに励む
素人が集まったがゆえに、代々継いでいる蔵ではない。たたき上げの蔵元である代表の星 誠さんも、この蔵に転職してきた後、28歳の時に経営側に入ることになった。奥会津の地に住み、この地を愛し、酒に魅せられた者たちで、独自の酒を醸している。
趣のある酒蔵
趣のある酒蔵
いざ、その酒蔵の世界へ。大正9年(1920年)に造られた蔵では、創業当時から変わらない「我が道をゆく」仕込みが行われている。それが、もち米を使った「四段仕込み」だ。
近年の酒造りの方法はコレ
近年の酒造りの方法はコレ
日本酒は、通常「添仕込み」「仲仕込み」「留仕込み」と3回に分けた「三段仕込み」で造られる。しかし、ここではその後にもうひと手間。それが、最後に蒸したもち米をもう一段仕込む「もち米四段仕込み」だ。
閉ざされた山あいの里で、自分たちの味を追い求めてきた
閉ざされた山あいの里で、自分たちの味を追い求めてきた
この独自製法が伝承されている
この独自製法が伝承されている
もち米を使った酒を鑑評会に出品するのは、通常やらないこと。全銘柄をこの製法で仕込む酒蔵は、おそらくここだけではなかろうか。独自に進化した伝統技術、蔵人たちがさらに磨きをかけている。
これが蔵の個性や強みに
これが蔵の個性や強みに
酒造りに関する情報が入ってこなかったため、「それをやり通すしかなかった」と話す星さん。いまは「うまく自分たちの技にかえていければ、誰も飲んだことがない不思議な我々だけのお酒ができる!」と感じているという。
酒造りの独自性は、精米段階から始まっている
酒造りの独自性は、精米段階から始まっている
酒蔵の進化は、とどまることを知らない。酒米を削る「精米歩合」も、自分たちで極限の数字まで攻める。自社精米所に案内してもらい、玄米と精米した米のサンプルを見せてもらった。「もち米を35%まで削っているのは、世界でもここだけだと思う!」と星さんは豪語する。
玄米と精米した米のサンプル
玄米と精米した米のサンプル
1歩間違えれば雑味の原因にもなりかねない蔵独自の製法だが、その酒が、この春、県の鑑評会で金賞を受賞。前人未踏の地を、単独で切り拓いている。
やってみたら…できた!
やってみたら…できた!
気温が低く、昔から「酒米の栽培には適さない」と言われてきたこの地域。しかし、この地で生き残るため、また進化して適応した。「やってみないとわからない!」
一番右が、酒米&南郷トマトの生産者である馬場 俊行さん
一番右が、酒米&南郷トマトの生産者である馬場 俊行さん
酒米を作っている近所の農家とも、共に歩む。一体となって循環型の環境に優しい地域を目指す姿がみられた。酒造りの過程で出て通常なら廃棄してしまう米ぬかは、米や「南郷トマト」の肥料として。酒粕は、ドレッシングにしたり牛に食べさせたりするなどして有効に活用しているという。
廃棄物も生産者に活用してもらい、無駄なく循環
もみ殻を米ぬかと混ぜて、堆肥化させて田んぼに戻す
牛肉料理に活用するのも◎
廃棄物も生産者に活用してもらい、無駄なく循環
地元のお菓子屋「月見屋菓子店」には、酒粕入りの「生キャラメル」もある。無駄なく、うまく循環させる取り組みだ。
地域全体で環境に配慮
地域全体で環境に配慮
そんな酒蔵が、とっておきの酒を勧めてくれた。その名も「ロ」に「万」と書いて「ロマン」。十数年前に新作を生み出さなければ会社が立ち行かなくなるともがき苦しんでいた時に、自宅で泥酔寸前にふと思いついた言葉だという。
「一号」→「一ロ万(ひとロマン)」
「一号」→「一ロ万(ひとロマン)」
タンクの「一号」「二号」の「号」という字。星さんの「号」の書き方が、下の部分が「万」となっていて、「一ロ万(ひとロマン)」と読めたことがきっかけだった。「酒造りには夢とロマンがある」という話をいつも蔵人たちにしていたこともあって、「これは良いネーミングになるのでは!」とひらめいたと話す。
良い香りと、口に広がる旨味
良い香りと、口に広がる旨味
こちらは、精米歩合55%の純米吟醸「ロ万」。仕込み水は、「水源の森」百選にも選ばれる名水「高清水」と、地元の「地蔵沢水源」。硬度0.5の超軟水で醸した、蔵独自の「もち米四段仕込み」だ。
もち米…味わったことのない感覚!
もち米…味わったことのない感覚!
大福のようなやわらかい旨味。アルコールが残る感じを、もち米のエキスでマスキングしているのが特徴だ。
よりしっかりした味わい
よりしっかりした味わい
続いて、酒米「福乃香(ふくのか)」を35%まで磨き上げた純米大吟醸「ロ万」。すべて地元産の布陣で臨んだ新酒鑑評会の出品酒だ。「『もち米四段仕込み』の良さを十分に発揮したい。自分たちだからこそできる純米大吟醸の旨味を充分に醸したい」というのを狙って造った酒。ペアリングには、肉料理や出汁の効いた料理がおすすめだ。
総勢22人。うち5人は、夏場は「南郷トマト」農家として励む
総勢22人。うち5人は、夏場は「南郷トマト」農家として励む
酒好きも料理好きも思わずため息をもらしてしまうような、この土地ならではの味わい。「みんなで意見を出し合って、何事も楽しみながら地域を盛り上げていく」それが花泉酒造の目標だ。奥会津固有の日本酒は、独自の生態系を守りながら、いまも進化の最前線にいる。次のチャレンジも楽しみだ。

Chu!PRESS編集部
全文を読む
もっと見る
すべて
#東京ディズニーシー
#ファンタジースプリングス
#もつ煮込
#伊藤商店
#軌道工
#鉄道
#常磐もの
#おのざき
#パン
#ととかか
#神尾佑 酒に交われば
#金水晶酒造
#ふくしまラーメンワールド
#福島トヨタクラウンアリーナ
#ラーメン
#野尻英恵
#昭和レトロ
#アンティーク
#おにぎり専門店
#おにぎり ばはり
#グランケット桑折
#いちい
#ふくしま子育て応援隊
#SDGs
#中テレ祭り
#きぼう
#会津若松市出身
#ヱビスビール
#印象派展郡山
#印象派展
#モネ
#米粉ピザ
#Pizza TT Brothers
#開成山公園
#Park-PFI制度
#峰の雪酒造
#三春酒造
#ねこ駅長
#ふにゃ~り日和
#矢澤酒造店
#お弁当
#お惣菜
#リオン・ドール
#中テレ社内見学
#マルト
#からあげ伊達屋
#桜八
#Hawaiian Cafe HERO
#ハワイアンパンケーキ
#PR
#ふくしま発酵旅
#cafe nda焙
#味噌博士
#三五八漬け
#ライスバーガー
#海カフェ
#石焼き芋
#おなはまタンタンめん
#古民家らーめん 福寿庵
#ネコマ マウンテン
#ゲレ食
#道の駅ふくしま
#干支パフェ
#1位づくしの温泉旅
#万葉亭
#八幡屋
#土湯温泉
#野地温泉ホテル
#庄助の宿 瀧の湯
#男山酒造店
#朝日ドライブイン
#朝ドラ
#會津おでん
#ご当地グルメ
#高校サッカー
#七日町通
#抹茶専門カフェ
#カレーパン
#ゴロゴロ系
#石林
#フカヒレ
#曙酒造
#海ごみ
#SDGs
#TOKIO-BA
#船
#榮川酒造
#スポーツ
#豊国酒造
#24時間テレビ
#メタバース
#美容
#らーめんHOME
#出汁
#宮泉銘醸
#千駒酒造
#七転び八起き
#納屋カフェ
#桃
#割烹食堂 かいね
#ご褒美ランチ
#FANTASTICS畑
#日本酒
#アナウンサー
#冷やしラーメン
#会津坂下町
#子育て
#笹の川酒造
#TOKIO-BA×ゴジてれ
#国分太一
#白河うどんマーケット 櫓
#手打ちうどん
#檜物屋酒造店
#ぶっとんでるいきもの展
#小名浜潮目交流館
#伊集院光
#大内宿
#塔のへつり
#白河
#末廣酒造
#古代エジプト美術館展
#いわき市立美術館
#クロワッサン
#SHARE
#人気酒造
#古民家カフェ
#モリアオガエル
#有賀醸造
#東や3代目
#中華一番
#四家酒造店
#食べログ百名店
#本場広島お好み焼き かっちゃん
#天ぷら 佐久間
#ごみ削減
#鈴木酒造店
#グップラ
#ブンケン歩いてゴミ拾いの旅
#鶴乃江酒造
#二本松ドライブイン
#スタミナラーメン
#大和川酒造店
#日本酒の神様
#大天狗酒造
#仁井田本家
#メダカ
#郡山ブラック
#しょうや
#成
#たもや
#麺や 笑華
#枡はん
#昼ふろや
#麺屋 信成
#角麺
#らぁ麺おかむら
#皐月亭
#あさくさらーメン
#サムライ
#トラクター
#醤油プリン
#南相馬市
#ジェラート
#フードロス
#只見線
#途中下車
#キャンプ飯
#会津
#ふくしまラーメンショー
#風とロック
#スノーピーク
#天栄村
#女性活躍
#田楽カフェ
#須賀川市
#手打ち蕎麦
#会津観光
##中テレ祭り
#Libretto
#ギフト
#無印良品
#冷凍食品
#MyLife
#JR只見線
#再開通
#テロワージュふくしま
#食と酒
#氷の神殿
#飯坂
#みりょくいちば
#激安スーパー
##永井麻葵
#福島応援
#マルシェ
#桑折町
#メルバ
#鬼ぐるみ
#エコ食材
#会津四季もち
#豆腐もち
#中華街展
#うすい百貨店
#田村市都路町
#パワースポット
#福、笑い
#甘酒
#いちご
#ロールケーキ
#酪王カフェオレ
#赤べこ
#二本松市
#木幡の幡祭り
#ゴジてれ
#矢吹町
#パン屋
#教育
#タイ料理
#焼き立てパン
#キャンピングカー
#おでん
#コンニャク
#Chu!PRESS編集部
#ごみ排出量
#全国ワースト2位
#福島県知事選
#台風
#避難
#キッザニア
#職業体験
#Chu!PRESS編集部
#バンクシーって誰?展
#オンライン特別授業
#スイーツ
#グルメ
#にゃん旅鉄道
#いわき市
#文具女子
#風とロック芋煮会
#相馬野馬追
#ドローン
#ブンケン
#蕎麦
#ヘルシー
#神獣ベコたち
#ガシャポン
#張子
#会津鉄道
#フラのまち
#新名物
#サクマ&ピース
#サクピー
#中テレアプリ
#福島の桜
#富岡町
#三春滝桜
#カフェ
#復興
#起業支援
##SDGs
##いわき市
#狛犬
#福島の桃
#いなかといいなか交流ツアー
#就職活動
#いわきサンシャインマラソン
#海ごみ削減プロジェクト
#ミデッテ
#イチゴ
#海の幸
#相馬市観光
#舞妓
#京都
#大京都展
#クリスマス
#いなか暮らし
#体験交流
#旅
#中テレクリスマスドリーム
#やなせたかしの世界
#佐久間宣行
#アルコ&ピース平子祐希
#ふくしま麺フェア
#まるや
#イベント
##Chu!PRESS編集部
#ChuTube
#岡田
#伝統野菜
#バスケットボール
#福島ファイヤーボンズ
#歌唱王
#こおりやま街の学校
#オンライン
#ドラマ
#映画
#ミネアポリス美術館日本絵画の名品展
#YouTube
#オリンピック
##スイーツ
#野球
#ドライブインシアター
#tuperatuperaのかおてん.
#驚き
#癒し
#会社見学
#防災
#豪雨
#特産
#UFO
#ゴルフ
#スタジオジブリ
#ナウシカ
#ガンダム
#BBQ
#おうち時間
#かわいい
#ダンロップ・スリクソン福島オープン
#豪雨災害
#Chuリズム
#新型コロナ
#妖怪
#クマ
#意外
#デリバリー
#梅雨
#カビ対策
#サウナ
#冷やしグルメ
#潮干狩り
#名物
#お取り寄せ
#高校生クイズ
#テイクアウト
#専門店
おすすめ情報