シンプル、機能的、温かみ

北欧のデザイン大国フィンランド

時代を超えて愛されるデザイン

毎日の暮らしを豊かに心地よく

最新情報

2024年6月3日(月)
ウェブページを公開しました。

開催概要

会期
2024年6月22日(土)~8月18日(日)
開館時間
9時30分~17時(最終入場16時30分)
※7・8月の金曜日は20時まで開館(最終入場19時30分)
休館日
月曜日・7月16日(火)
※7月15日(月・祝)、8月12日(月)は開館
会場
いわき市立美術館 企画展示室
主催
いわき市立美術館、福島民友新聞社、福島中央テレビ
特別協力
スコープ
協力
アルテック、イッタラ、カウニステ、モノラボン(iwatemo)、世界文化社
後援
フィンランド大使館、フィンランドセンター、日本フィンランド協会
企画協力
キュレイターズ

チケット

一般1,200円(960円) 高・高専・大生800円(640円) 小・中生400円(320円)

※( )内は、20名以上の団体割引料金

※いわき市内在住の65歳以上の方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料

※いわき市内の小・中・高・専修(高等課程)・高専生は、土曜日と日曜日のみ無料

見どころ

アルヴァ・アアルト《スツール60》オリジナルデザイン1933年、アルテック、スコープ蔵、撮影:八田政玄、画像提供:世界文化社

「北欧モダンデザインの父」アルヴァ・アアルトによる《スツール60》は、座面を3本のL字の脚が支えるというシンプルで機能的なスツール。誕生以来90年の長きにわたって世界中で愛され続ける、フィンランド・デザインを代表する名作です。

オイバ・トイッカ《アニュアルバード》1996〜2022年、ヌータヤルヴィ/イッタラ、スコープ蔵、撮影:八田政玄、画像提供:世界文化社

暖かみとユーモア溢れるガラス作品を作り出したオイバ・トイッカによる《アニュアルバード》は、年号が刻印されたその年限定のガラスのオブジェ。現在も毎年新作が発表され続け、コレクターズアイテムとなっています。

アイノ・アアルト《タンブラー&ショットグラス「ボルゲブリック」》オリジナルデザイン1932年、カルフラ/イッタラ、スコープ蔵、撮影:八田政玄、画像提供:世界文化社

石を投げ入れた水面に同心円状に波紋が広がる様子をイメージしたガラス食器のシリーズ。アルヴァの妻アイノ・アアルトによってデザインされました。涼やかで美しいだけでなく、持ちやすく、重ねて収納が可能であるという使いやすさも兼ね備えています。

カイ・フランク《「キルタ」シリーズ》オリジナルデザイン1952年、アラビア、スコープ蔵、撮影:八田政玄、画像提供:世界文化社

「フィンランド・デザインの良心」と称されるデザイナー、カイ・フランク。代表作である食器《キルタ》シリーズはスタッキングが可能な機能性、自由に組み合わせられる使いやすさ、飽きのこないシンプルなデザインによってフィンランドの家庭に広く普及しました。

石本藤雄《レリーフ「陶の花」》2013年、アラビア、スコープ蔵、撮影:田島昭、画像提供:キュレイターズ

マリメッコ社のテキスタイルデザイナーとして活躍した石本藤雄は、陶芸家としても活躍しています。花をモチーフにした《陶の花》シリーズは、50cmほどの大きなレリーフ。テキスタイルと同様に作家の色彩感覚が遺憾なく発揮されています。

グッズ

公式図録「フィンランドのライフスタイル」

『フィンランドのライフスタイル』キュレイターズ・編

仕様:B5変形判/オールカラー/208ページ

クリアファイル

オリジナルノート

ポストカード

大判ポストカード

サコッシュ

Lovi(フィンランド)
ムーミンシリーズ 白樺合板

Artek(フィンランド)
Siena トートバッグ

Artek(フィンランド)
ステーショナリー

このほかにも展覧会限定
オリジナルグッズが多数ございます。

グッズ売り場のみのご来場も可能です。
お気軽にお立ち寄りください!

※未入荷や品切れの際は予めご了承ください。