NOW
ON AIR

Chu! PRESS

2023.01.12

女性人口の流出で全国1位は福島県!進学や就職で故郷を離れた女性の思いと夢の実現

女性人口の流出で全国1位は福島県!進学や就職で故郷を離れた女性の思いと夢の実現
新型コロナウイルスへの対応で世の中に“テレワーク”が広まり、職場に出勤しなくても自宅で仕事ができる時代となりました。その効果からか、生活費が多くかかる都市部ではなく地方へ移住する人も増えています。私の住む福島県では、2021年度の移住世帯は1532世帯に上り、前年度の723世帯から倍増し調査開始以来最多を更新しています。

その一方で福島県からの女性人口の流失が著しい状況になっています。総務省のまとめによりますと、転出者が転入者を上回る「転出超過」が2021年までの直近10年間で4万1283人に上り、都道府県別で1位となっています。その原因はどんなところにあるのでしょうか?

福島県いわき市出身の私も就職のために22歳で福島県を離れた1人です。地元では就職先の選択肢が少なかったのが理由です。地方都市にはよくあることかもしれませんが、進学や就職のタイミングで故郷を離れるというパターンが定着していて、ずっと地元に残るという人は少ないと感じています。

そんな私は、結婚出産を経た27歳の時に夫の転勤に合わせて福島県にUターンしました。福島に戻って今年でちょうど10年になりますが、この間に福島では震災や原発事故の影響を引きずりながらも、復興は目まぐるしく進みました。新しい企業が進出し、新しい街並みが生まれ、徐々に人が戻ってきたという印象が強く、逆に4万人を超える女性が流出していたとは、とても信じられませんでした。

そんなある日、高校時代の同級生が県外から地元いわき市に戻り陶芸工房を開いていることを知りました。彼女は一体どんな想いでUターンを選んだのか、久しぶりに会って話をきかせてもらうことにしました。

■なぜ福島で開業?進学と就職と夢の実現と

福島県いわき市にある陶芸工房「kusano utsuwa studio」。海を思わせる澄んだ青色と実際のサンゴで模様を付けた『珊瑚』シリーズの器や花瓶などが人気を集めいます。この陶芸工房を2017年にオープンさせたのが草野奈保子さん(37)です。ある時、インスタグラムで見かけたこの『珊瑚』シリーズのカップに目を奪われ、作者を調べると高校時代の同級生だったのです。高校卒業後は私と同様に福島県を離れて沖縄県の美術大学に進学した草野さんでしたが、いわき市にある実家の敷地内に工房を開いていることを知り驚きました。
ーーーなぜ、沖縄に?
「陶芸を学べる進学先の候補自体がそれほど多くは無かったのですが、ありがたいことに両親の反対も無かったので、どうせ行くのならなるべく遠いところにしようと。誰も知らない所で1からチャレンジしてみたかったんです。いわき市にも身近に海があったし、海つながりで親近感が湧いたのもありました。」
ーーー卒業後に福島に帰ってきた?
「いいえ。まずは新卒で採用してもらえる会社を探して東京で就職しました。大学卒業後は在学中から製作してきたオリジナルの『珊瑚』シリーズを商品化するために、活動拠点として地元の福島県に戻ろうと考えていました。ところが、県外に出るときはすんなりと送り出してくれた両親でしたが、卒業後に地元に戻って陶芸をしたいと話すと、“新卒は一回しかない。1度は違う仕事に就いて世の中を知ってからにしろ”というんです。“戻ってくるのはいつだってできるから”と。確かに、親として現実的な意見ですよね。」

ーーー東京ではどんな思いで仕事を?
「東京での就職は社会経験を積むことだけが目的ではなく、開業資金を準備のためでもありました。営業職としてがむしゃらに7年間ほど働きましたが、早く自分の陶芸がしたくて、預金通帳とにらめっこの日々でした。仕事の合間に陶芸教室に足を運んで自分の技術が落ちていないかを確認し、土に触れることで自分を鼓舞していました。途中で東日本大震災があり、当初の目標より時間はかかってしまいましたが、結果的に資金の準備以外にも営業職として歩き回るうちに度胸や人と話すスキルも身について、両親が願っていた“世の中を知る”ということを経験できました。」
ーーー沖縄も東京もどちらも魅力的な場所ですが、福島に帰らないという選択肢は考えなかった?
「確かにどちらの生活も福島には無いものばかりでとても楽しかったです。でも、それは大学4年間や資金が準備できるまでの間という限定された期間だったからかもしれません。言葉にすると難しいのですが、沖縄や東京は大好きですが“遊びにでかける楽しいところ”という感覚です。私の考える住む場所はやはり、ここ福島ですね。進学や就職で県外へ出ることは当たり前の選択肢の一つなので、その場合はそこでしか学べないことを大いに学んでくるのがいいと思います。外から福島を見て気付く事も多いはずです。県外に出るということをマイナスに捉えずに、自分は外から福島に何ができるか、何を持ち帰ることができるのかということを考える方が大切なのではないかと感じます。」
ーーー戻ってきた地元はどうでしたか?
「いわき市に戻ったのは2016年で、震災後の混乱が少し落ち着いた頃でした。ちょうど周りでも新しいビルやお店が建ち、街のイベントなども多かったんです。私も同時期に参入できたのでイベント出店などを通して自然と馴染んでいけたように思います。それと、実家を活動拠点にしたことで、家族や友人など周りの人の応援もあって私はやりたいことに思う存分にチャレンジできます。私がいわき市で陶芸にチャレンジをすることで、新しい福島県の魅力を知ってもらい地域に貢献できたらと思っています。県外の人から“おもしろいことを色々やっていていいところ!”と思ってもらえたら嬉しいです。Uターンする側も戻った先の地域も、互いにwin-winの関係になれるとしたら戻る人がもっと増えるのかなと思います。」

■マイナスをプラスに変えて福島を「夢を実現できる場所」に!

夢は地元ではなく外で叶えるものと考えていた私は、草野さんへの取材を通して気付いたことがありました。それは、結婚後から無意識に家族や家庭など目の前にある現実を優先する場面が増えたことでした。妻や母という立場になり、以前ほど自分個人の夢や目標について考えることが少なくなった代わりに「自分は夫や子どもの運命共同体」という考えが次第に強くなったのです。家族や家庭を大事にしたいという気持ちそのものが、いつの間にか自分の夢や目標に置き換わったのだと思います。
 

草野さんは「夢は県外ではなく福島でも実現できるということを知って欲しいです。まずは、自分の身近な人に自分はどんなことをしてみたいのか想いを口に出して伝えることからチャレンジしてほしいです。それを続けていくうちに、自然と周りの協力が自分を後押ししてくれる力になります」と話します。

福島県では震災10年を契機に「ひとつひとつ実現するふくしま」を新たなスローガンに掲げました。それまでのスローガンだった「ふくしまからはじめよう」から一歩進んだことを意味しています。女性人口流失が全国ワースト1という状況にあって、県外に出ていく人に目が行きがちですが、福島県内では草野さんのように自分の夢を実現し活躍している女性が増えてきています。私も昔の夢と今の夢は全く変わりましたが、福島県に住む女性の一人として家族を大切にしながら自分らしく生きることを目指していきたいと思います。そして、若い世代や子どもたちに「ふるさと」=「夢を実現できる場所」だということを考えられるようになって欲しいと思っています。それこそが女性人口を取り戻すチャンスだと信じています。
 

【取材・執筆】ケイリーパートナーズ 髙木まなみ

※この記事はケイリーパートナーズと福島中央テレビの共同連携企画です。
福島中央テレビでは、テレビ番組やイベント、webサイトで福島県内で活躍する働く女性の姿や声を発信する女性活躍推進を目指すキャンペーン【MyLife~はたらくで、かがやく~】を展開中です。 ▼『My Life~はたらくで、かがやく』特設サイトはコチラ
全文を読む
もっと見る
すべて
#神尾佑 酒に交われば
#髙橋庄作酒造店
#さくらんぼ
#新作スイーツ
#福島市
#農家カフェ
#ドライブイン
#坂本ドライブイン
#ブラウンチーズ
#ヤギ
#東京ディズニーシー
#ファンタジースプリングス
#もつ煮込
#伊藤商店
#軌道工
#鉄道
#常磐もの
#おのざき
#パン
#ととかか
#金水晶酒造
#ふくしまラーメンワールド
#福島トヨタクラウンアリーナ
#ラーメン
#野尻英恵
#昭和レトロ
#アンティーク
#おにぎり専門店
#おにぎり ばはり
#グランケット桑折
#いちい
#ふくしま子育て応援隊
#SDGs
#中テレ祭り
#きぼう
#会津若松市出身
#ヱビスビール
#印象派展郡山
#印象派展
#モネ
#米粉ピザ
#Pizza TT Brothers
#開成山公園
#Park-PFI制度
#峰の雪酒造
#三春酒造
#ねこ駅長
#ふにゃ~り日和
#矢澤酒造店
#お弁当
#お惣菜
#リオン・ドール
#中テレ社内見学
#マルト
#からあげ伊達屋
#桜八
#Hawaiian Cafe HERO
#ハワイアンパンケーキ
#PR
#ふくしま発酵旅
#cafe nda焙
#味噌博士
#三五八漬け
#ライスバーガー
#海カフェ
#石焼き芋
#おなはまタンタンめん
#古民家らーめん 福寿庵
#ネコマ マウンテン
#ゲレ食
#道の駅ふくしま
#干支パフェ
#1位づくしの温泉旅
#万葉亭
#八幡屋
#土湯温泉
#野地温泉ホテル
#庄助の宿 瀧の湯
#男山酒造店
#朝日ドライブイン
#朝ドラ
#會津おでん
#ご当地グルメ
#高校サッカー
#七日町通
#抹茶専門カフェ
#カレーパン
#ゴロゴロ系
#石林
#フカヒレ
#曙酒造
#海ごみ
#SDGs
#TOKIO-BA
#船
#榮川酒造
#スポーツ
#豊国酒造
#24時間テレビ
#メタバース
#美容
#らーめんHOME
#出汁
#宮泉銘醸
#千駒酒造
#七転び八起き
#納屋カフェ
#桃
#割烹食堂 かいね
#ご褒美ランチ
#FANTASTICS畑
#日本酒
#アナウンサー
#冷やしラーメン
#会津坂下町
#子育て
#笹の川酒造
#TOKIO-BA×ゴジてれ
#国分太一
#白河うどんマーケット 櫓
#手打ちうどん
#檜物屋酒造店
#ぶっとんでるいきもの展
#小名浜潮目交流館
#伊集院光
#大内宿
#塔のへつり
#白河
#末廣酒造
#古代エジプト美術館展
#いわき市立美術館
#クロワッサン
#SHARE
#人気酒造
#古民家カフェ
#モリアオガエル
#有賀醸造
#東や3代目
#中華一番
#四家酒造店
#食べログ百名店
#本場広島お好み焼き かっちゃん
#天ぷら 佐久間
#ごみ削減
#鈴木酒造店
#グップラ
#ブンケン歩いてゴミ拾いの旅
#鶴乃江酒造
#二本松ドライブイン
#スタミナラーメン
#大和川酒造店
#日本酒の神様
#大天狗酒造
#仁井田本家
#メダカ
#郡山ブラック
#しょうや
#成
#たもや
#麺や 笑華
#枡はん
#昼ふろや
#麺屋 信成
#角麺
#らぁ麺おかむら
#皐月亭
#あさくさらーメン
#サムライ
#トラクター
#醤油プリン
#南相馬市
#ジェラート
#フードロス
#只見線
#途中下車
#キャンプ飯
#会津
#ふくしまラーメンショー
#風とロック
#スノーピーク
#天栄村
#女性活躍
#田楽カフェ
#須賀川市
#手打ち蕎麦
#会津観光
##中テレ祭り
#Libretto
#ギフト
#無印良品
#冷凍食品
#MyLife
#JR只見線
#再開通
#テロワージュふくしま
#食と酒
#氷の神殿
#飯坂
#みりょくいちば
#激安スーパー
##永井麻葵
#福島応援
#マルシェ
#桑折町
#メルバ
#鬼ぐるみ
#エコ食材
#会津四季もち
#豆腐もち
#中華街展
#うすい百貨店
#田村市都路町
#パワースポット
#福、笑い
#甘酒
#いちご
#ロールケーキ
#酪王カフェオレ
#赤べこ
#二本松市
#木幡の幡祭り
#ゴジてれ
#矢吹町
#パン屋
#教育
#タイ料理
#焼き立てパン
#キャンピングカー
#おでん
#コンニャク
#Chu!PRESS編集部
#ごみ排出量
#全国ワースト2位
#福島県知事選
#台風
#避難
#キッザニア
#職業体験
#Chu!PRESS編集部
#バンクシーって誰?展
#オンライン特別授業
#スイーツ
#グルメ
#にゃん旅鉄道
#いわき市
#文具女子
#風とロック芋煮会
#相馬野馬追
#ドローン
#ブンケン
#蕎麦
#ヘルシー
#神獣ベコたち
#ガシャポン
#張子
#会津鉄道
#フラのまち
#新名物
#サクマ&ピース
#サクピー
#中テレアプリ
#福島の桜
#富岡町
#三春滝桜
#カフェ
#復興
#起業支援
##SDGs
##いわき市
#狛犬
#福島の桃
#いなかといいなか交流ツアー
#就職活動
#いわきサンシャインマラソン
#海ごみ削減プロジェクト
#ミデッテ
#イチゴ
#海の幸
#相馬市観光
#舞妓
#京都
#大京都展
#クリスマス
#いなか暮らし
#体験交流
#旅
#中テレクリスマスドリーム
#やなせたかしの世界
#佐久間宣行
#アルコ&ピース平子祐希
#ふくしま麺フェア
#まるや
#イベント
##Chu!PRESS編集部
#ChuTube
#岡田
#伝統野菜
#バスケットボール
#福島ファイヤーボンズ
#歌唱王
#こおりやま街の学校
#オンライン
#ドラマ
#映画
#ミネアポリス美術館日本絵画の名品展
#YouTube
#オリンピック
##スイーツ
#野球
#ドライブインシアター
#tuperatuperaのかおてん.
#驚き
#癒し
#会社見学
#防災
#豪雨
#特産
#UFO
#ゴルフ
#スタジオジブリ
#ナウシカ
#ガンダム
#BBQ
#おうち時間
#かわいい
#ダンロップ・スリクソン福島オープン
#豪雨災害
#Chuリズム
#新型コロナ
#妖怪
#クマ
#意外
#デリバリー
#梅雨
#カビ対策
#サウナ
#冷やしグルメ
#潮干狩り
#名物
#お取り寄せ
#高校生クイズ
#テイクアウト
#専門店
おすすめ情報