NOW
ON AIR

Chu! PRESS

2023.09.30

将来デザイナーを目指す学生とコラボしたカットソーを商品化!アパレルブランド「Chu-let」の第二弾―自給率ほぼ0%の国産コットンの現状と向き合うー

将来デザイナーを目指す学生とコラボしたカットソーを商品化!アパレルブランド「Chu-let」の第二弾―自給率ほぼ0%の国産コットンの現状と向き合うー
「ファッションでふくしまを盛り上げる!」を合言葉に福島中央テレビの永井麻葵アナウンサーが立ち上げたアパレルブランド。ブランド名は、英語で“お守り”を意味するamulet(アミュレット)と中テレの語呂を掛け合わせて「Chu-let」と名付けました。チューレットと呼びます。
個性的なテレビ局のアナウンサー陣の中にあって自らの個性を発揮できず、自信を失っていた永井アナウンサー。日テレ系列の番組「ヒルナンデス!」のアナウンサーファッション対決に出場した際に、着こなしのセンスの良さが認められ決勝に進出する快挙を成し遂げました。自分の大好きなファッションが多くの人に認められた瞬間でした。

「私にも個性があったんだ」

永井アナにとってファッションは「自信のない自分を守ってくれるもの。まるでお守りのような存在です」と話します。そんな思いから、ブランド名が付けられました。
 

■自給率はほぼ0%?国産コットンを使用したカットソーへ込めた思い

さて、「Chu-let」の第二弾商品の開発ストーリーです。第一弾商品のハンドタオルで使用したいわきコットンを使ってアパレル(衣服)を作りたいという思いがありました。福島県産の素材にこだわったアパレルブランドですが、衣服の素材となるコットン(綿)は、福島県内はおろか国内ではほとんど作られていないという現状を知っているでしょうか?
衣服やタオル、ファッション小物、医療用品などに使われるコットンは生活には欠かせない存在ですが、日本はその供給のほぼ100%を海外からの輸入に頼っています。さらに、糸や布への紡績加工すらほとんどが海外で行われています。つまり、国産コットンはとても貴重なものなのです。もちろん安価な海外産のコットンのおかげで私たちの生活が支えられているのも事実ですが、今後もそうした状況が続くかどうかは分かりません。
国内自給率ほぼ0%の現状の中で、私たちはいわき市でコットンの生産を始めたことを知りました。東日本大震災から1年が過ぎた2012年春にスタートした「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト」です。当時は原発事故による風評被害で福島県産の作物が敬遠されている状況でした。そうした中で、口に入れない作物であるコットンを有機栽培で育て、得られた収益を生産農家に還元し復興を目指そうというものです。
その後、企業やアパレル商社のサポートなど様々な“縁”がつながっていき、いわき産のコットンの収量が増えていきます。さらに、この取り組みは休耕地の活用による環境保全など様々な視点をもたらしていきます。そして、いわき産のコットンを原料とした製品が次々に生み出されるようになり、福島県に新たなビジネスが生まれつつあります。
【写真提供】株式会社起点(いわき市)
【写真提供】株式会社起点(いわき市)
「Chu-let」のカットソーには、その「いわき産のコットン」を素材として使用し、少しでも生産者の思いを伝えたいとの願いが込められています。単なるロングTシャツなのに13,000円という値段をみて驚く方もいらっしゃると思いますが、大量生産される海外産素材との価格差であることを知っていただければ幸いです。
 

■将来アバレル業界を目指す学生たちとコラボ

さて、永井アナウンサーが大のファッション好きとはいえ、専門的な服飾デザインの技術はありません。そこで、初めてのアパレル製品の制作に協力してくれたのが郡山市にある専門学校「学校法人FSGカレッジリーグ 国際ビューディ&フード大学校」です。
こちらのファッション学科では、将来デザイナーやアパレル業界を目指す学生たちが日々学んでいて、全国的なコンテストで数々の賞を受賞しています。

「肩がそこまで落ちていないで、ぴったりしていて、上着を着てももたつかない感じにしたいんです」
【画像】永井アナのイメージ図
【画像】永井アナのイメージ図
永井アナがそう学生たちに伝えると、学生たちはすぐに「パターンを引きます」と答えました。パターンとは洋服を作るための設計図。仕上がりを左右する大事なものです。まず、型に合わせて線を引き型紙を作って行きます。このときに肩甲骨や腕まわりなど人の動きを考えて立体的に設計していくことが大事です。また、着たときのシルエットや着心地などを考えながら、学生たちと永井アナがChu-let商品となるカットソーのパターンを作って行きました。
真剣な表情で作業する学生たち。永井アナが将来の夢を聞いてみると…。

「中学校の修学旅行で舞台を見たときに、役者さんたちの衣装にすごく感動したので、私も感動を与えたいなと思って舞台衣装のデザイナーを目指しています」

「自分は小さい頃からアイドルが好きだったので、そういう人たちの洋服をコーディネートしていろいろな人を楽しませたいと思い、将来はアパレル関連の仕事に就きたいなと思っています」
様々な夢を持ちながらデザインを学ぶ学生たち。
“ファッションで世の中を盛り上げたい”という思いは永井アナも同じです。
パターン(型紙)ができたら、それに合わせて仮の生地をカットし試作品を縫っていきます。実際に来てみると想定していたイメージが違うこともあり、細かい修正があるごとにこの作業を何度も繰り返していきます。
最終的な洋服の設計図となるパターンができたら、次は縫製です。貴重ないわき産コットンを使った生地を裁断し、田村市にある老舗の縫製工場で仕上げの作業を行いました。こうして、まさに『メイドイン福島』のアパレル商品が完成したのです。

ちなみに、色は3色。永井アナがいわき産コットンを生産する「株式会社起点」の担当者と何度も打ち合わせを重ね、悩みに悩み抜いて決めた3色です。
【モデル】直川貴博アナウンサー
【モデル】直川貴博アナウンサー
「優しい風合いのホワイトは定番カラーで着回し力はバツグンです」と話す永井アナ。どんな色の服にも合わせやすいのが特徴です。

一見、普通の黒に見えるこちらは、チャコールブラックというオリジナルカラーです。黒い色の服と比較するとその違いが分かりますが、グレーをひとさじ足したような、少し優しさも感じられるような絶妙な黒を目指して染色しました。
【モデル】直川貴博アナウンサー
【モデル】直川貴博アナウンサー
そして、青系のこちらもオリジナルカラーでブルーグレーという色。男女ともに使いやすい色を目指して染色しました。さて、完成したカットソーの魅力について永井アナに解説してもらいました。
【モデル】直川貴博アナウンサー
【モデル】直川貴博アナウンサー
「素材となったいわきコットンは、丈夫ながらも柔らかでしなやかな風合いが感じられます。貴重な国産コットンですが綿糸を贅沢に3本合わせることで、肌に触れる面がより丸みを帯び、肌さわりがとてもいいのが特徴です。また、生地に厚みがあるので下着などが透けず1枚でも安心感をもって着ることもできます。そのときにスッキリとした見た目になるように、スリットの深さも計算してデザインしました。そして、厚みはありますが柔らかい生地なので重ね着してもごわつきは少ないのも特徴です。体のラインを拾い過ぎない、だけどゆったりし過ぎていないサイズ感を目指しました。」
こうして福島の素材を使って福島の技術を盛り込んで作ったこだわりカットソーが完成しました。「ファッションで福島を盛り上げる!」その思いは今後も続きます。
全文を読む
もっと見る
すべて
#Hawaiian Cafe HERO
#ハワイアンパンケーキ
#ふくしま発酵旅
#cafe nda焙
#味噌博士
#三五八漬け
#ライスバーガー
#海カフェ
#石焼き芋
#おなはまタンタンめん
#古民家らーめん 福寿庵
#ネコマ マウンテン
#ゲレ食
#道の駅ふくしま
#干支パフェ
#1位づくしの温泉旅
#万葉亭
#八幡屋
#土湯温泉
#野地温泉ホテル
#庄助の宿 瀧の湯
#神尾佑 酒に交われば
#男山酒造店
#朝日ドライブイン
#朝ドラ
#會津おでん
#ご当地グルメ
#高校サッカー
#七日町通
#抹茶専門カフェ
#カレーパン
#ゴロゴロ系
#石林
#フカヒレ
#曙酒造
#海ごみ
#SDGs
#SDGs
#TOKIO-BA
#船
#PR
#榮川酒造
#スポーツ
#豊国酒造
#24時間テレビ
#メタバース
#美容
#らーめんHOME
#出汁
#宮泉銘醸
#千駒酒造
#七転び八起き
#納屋カフェ
#桃
#割烹食堂 かいね
#ご褒美ランチ
#FANTASTICS畑
#日本酒
#アナウンサー
#冷やしラーメン
#会津坂下町
#子育て
#笹の川酒造
#TOKIO-BA×ゴジてれ
#国分太一
#白河うどんマーケット 櫓
#手打ちうどん
#檜物屋酒造店
#ぶっとんでるいきもの展
#小名浜潮目交流館
#伊集院光
#大内宿
#塔のへつり
#白河
#末廣酒造
#古代エジプト美術館展
#いわき市立美術館
#クロワッサン
#SHARE
#人気酒造
#古民家カフェ
#モリアオガエル
#有賀醸造
#東や3代目
#中華一番
#四家酒造店
#食べログ百名店
#本場広島お好み焼き かっちゃん
#天ぷら 佐久間
#ごみ削減
#鈴木酒造店
#グップラ
#ブンケン歩いてゴミ拾いの旅
#鶴乃江酒造
#二本松ドライブイン
#スタミナラーメン
#大和川酒造店
#日本酒の神様
#大天狗酒造
#仁井田本家
#メダカ
#郡山ブラック
#しょうや
#ラーメン
#成
#たもや
#麺や 笑華
#枡はん
#昼ふろや
#麺屋 信成
#角麺
#らぁ麺おかむら
#皐月亭
#あさくさらーメン
#サムライ
#トラクター
#醤油プリン
#南相馬市
#ジェラート
#フードロス
#只見線
#途中下車
#キャンプ飯
#会津
#ふくしまラーメンショー
#風とロック
#スノーピーク
#天栄村
#女性活躍
#田楽カフェ
#須賀川市
#手打ち蕎麦
#会津観光
#中テレ祭り
##中テレ祭り
#Libretto
#ギフト
#無印良品
#冷凍食品
#MyLife
#JR只見線
#再開通
#テロワージュふくしま
#食と酒
#中テレ社内見学
#氷の神殿
#飯坂
#みりょくいちば
#激安スーパー
##永井麻葵
#福島応援
#マルシェ
#桑折町
#メルバ
#鬼ぐるみ
#エコ食材
#会津四季もち
#豆腐もち
#中華街展
#うすい百貨店
#田村市都路町
#パワースポット
#福、笑い
#甘酒
#いちご
#ロールケーキ
#酪王カフェオレ
#赤べこ
#二本松市
#木幡の幡祭り
#ゴジてれ
#矢吹町
#パン屋
#教育
#タイ料理
#焼き立てパン
#キャンピングカー
#おでん
#コンニャク
#鉄道
#Chu!PRESS編集部
#ごみ排出量
#全国ワースト2位
#福島県知事選
#台風
#避難
#キッザニア
#職業体験
#Chu!PRESS編集部
#バンクシーって誰?展
#オンライン特別授業
#スイーツ
#グルメ
#にゃん旅鉄道
#いわき市
#文具女子
#風とロック芋煮会
#相馬野馬追
#ドローン
#ブンケン
#蕎麦
#ヘルシー
#神獣ベコたち
#ガシャポン
#張子
#会津鉄道
#フラのまち
#新名物
#サクマ&ピース
#サクピー
#中テレアプリ
#福島の桜
#富岡町
#三春滝桜
#カフェ
#復興
#起業支援
##SDGs
##いわき市
#狛犬
#福島の桃
#いなかといいなか交流ツアー
#就職活動
#いわきサンシャインマラソン
#海ごみ削減プロジェクト
#常磐もの
#ミデッテ
#イチゴ
#海の幸
#相馬市観光
#舞妓
#京都
#大京都展
#クリスマス
#いなか暮らし
#体験交流
#旅
#中テレクリスマスドリーム
#やなせたかしの世界
#佐久間宣行
#アルコ&ピース平子祐希
#ふくしま麺フェア
#まるや
#きぼう
#イベント
##Chu!PRESS編集部
#ChuTube
#岡田
#伝統野菜
#バスケットボール
#福島ファイヤーボンズ
#歌唱王
#こおりやま街の学校
#オンライン
#ドラマ
#映画
#ミネアポリス美術館日本絵画の名品展
#YouTube
#オリンピック
##スイーツ
#野球
#ドライブインシアター
#tuperatuperaのかおてん.
#驚き
#癒し
#会社見学
#防災
#豪雨
#特産
#UFO
#ゴルフ
#スタジオジブリ
#ナウシカ
#ガンダム
#BBQ
#おうち時間
#かわいい
#ダンロップ・スリクソン福島オープン
#豪雨災害
#Chuリズム
#新型コロナ
#妖怪
#クマ
#意外
#デリバリー
#梅雨
#カビ対策
#サウナ
#冷やしグルメ
#潮干狩り
#名物
#お取り寄せ
#高校生クイズ
#テイクアウト
#専門店
おすすめ情報