NOW
ON AIR

Chu! PRESS

2023.06.28

【神尾佑 酒に交われば】独自技術で再現した超希少酒!伝統と遊び心が共存する白河市の「有賀醸造」

【神尾佑 酒に交われば】独自技術で再現した超希少酒!伝統と遊び心が共存する白河市の「有賀醸造」
福島県出身の俳優・神尾佑(ゆう)さんが県内の酒蔵を訪ね、その酒蔵にまつわる物語を紐解いていく番組「神尾佑 酒に交われば」。

日本酒王国福島県には、50を超える酒蔵がある。今回訪れたのは、白河市の「有賀醸造」。日本の酒蔵では唯一ともいわれる、ある酒を手がけている酒蔵の物語だ。
郡山市の「焼肉 ふざん」にて
郡山市の「焼肉 ふざん」にて
近くてすぐに行ける海外とあって、近年、注目の旅行先である韓国。世界を席巻するK-POPアーティストの人気と共に、韓国グルメも熱い!「サムギョプサル」も、もはや定番!そして焼肉といえば…マッコリ!スッキリした飲み口で、良い感じに脂を流してくれる。
マッコリといえば、韓国の酒のはずだが…
マッコリといえば、韓国の酒のはずだが…
しかしこのマッコリ…なんだか辛口。ラベルには「虎」と書いてある…。
老舗から感じられる宿場町の名残
老舗から感じられる宿場町の名残
その秘密を探りに向かったのは、かつて茨城街道の宿場町として栄えた白河市釜子(かまのこ)地区。
1774年創業
1774年創業
この地に佇むのが、250年の歴史を誇る「有賀醸造」だ。蔵の裏にあるのは「釜子陣屋(かまのこじんや)」の看板。江戸時代、この辺りは越後高田藩の飛び領で、お代官様が住む「陣屋」がここにあった。
「釜子陣屋」の跡地とわかる看板
「釜子陣屋」の跡地とわかる看板
大名より「酒造りをしなさい」という命を受けて、集落の商人が創業したと言われている。
深い歴史と郷土愛
深い歴史と郷土愛
それが、先ほどの「県内産マッコリ」も手がける酒造りのプロ集団につながっている。
父親・義裕さんが10代目蔵元で社長
父親・義裕さんが10代目蔵元で社長
酒の味を決める杜氏は、社長の二男・有賀 裕二郎さん。さらに長男が営業で、四男が蔵人と、蔵は盤石の体制で守られている。
作業はこの「洗い場」から始まる
作業はこの「洗い場」から始まる
昔の名残が残るタンク
昔の名残が残るタンク
裕二郎さんに作業場を案内してもらった。酒米を洗う「洗い場」には、昭和30年頃から使い込んでいる年季の入ったタンクが。昔の銘柄があちらこちらに書かれていて、当時の蔵人のセンスが光る。洗米の水は、この専用タンクで冷やして使うという。
手に取ると、違いがよくわかる
手に取ると、違いがよくわかる
この日使っていたのは、ふくしまブランド酒造好適米の「夢の香」。精米歩合は70%だ。
「本蔵」にお邪魔すると…
「本蔵」にお邪魔すると…
「洗い場」の奥には、創業当時からの「本蔵」が構えている。取材に訪れたこの日、なんと「あと5日で絞れる酒」があった。仕込みは秋から冬にかけて5回ほど行われるが、2022年に初めて仕上がる酒が待っていた。
独自技術で再現した超希少酒
独自技術で再現した超希少酒
タンクの中からは、プツプツ、ピチピチ…と酵母が発酵する音が聞こえてくる。これが、日本酒の造り方を活用した”純米にごり酒”「虎マッコリ」だ。日本でいう「どぶろく」のような韓国のマッコリ。それを、蔵の独自技術で再現した、ほかに類を見ない酒といえる。
香りがふわ〜っと上がってくる
香りがふわ〜っと上がってくる
特別に「かい入れ」を体験させてもらった。下の方に米やガスがたまっているため、「かい入れ」をすると酒の元気な姿が見られる。思わず…子どもの頃に見ていた酒造メーカーのテレビCMを思い出し、歌い出す神尾さん。
幼い頃の記憶と重なり…!?
幼い頃の記憶と重なり…!?
「有賀醸造」の酒は、かつて献上酒として江戸まで届けられていた。越後高田藩の家紋をあしらった銘酒「陣屋」は、頑なに守るべき伝統。一方で、「県内産マッコリ」に挑むしなやかさもあわせ持つ。
伝統を守りながら、挑戦も
伝統を守りながら、挑戦も
その生みの親、10代目蔵元で父親の義裕さん。本場のマッコリとの出会いは、東京のコリアンタウンだった。「とてもおいしい」と思うとともに、「もろみに近い感じだから日本酒でもできるのではないか」と開発が始まった。しかしすぐにはできず、安定するまでに要したのは数年以上。試行錯誤の末、1990年に国産マッコリが誕生した。
右の「虎マッコリ」は700ml 1650円
右の「虎マッコリ」は700ml 1650円
約20年前には韓流ブームが追い風となり、オリジナルの「虎マッコリ」も空前の大ヒット!「幻のマッコリ」とも称された。
右側が10代目蔵元で社長の有賀 義裕さん
右側が10代目蔵元で社長の有賀 義裕さん
では、蔵元と杜氏と共に、郷土愛あふれる逸品を…乾杯。日本酒より度数が低いため、飲みやすい。「甘いと日本人の舌には絶対合わないので、頑なに辛口を追い続けてきた」と研究熱心な蔵元は振り返る。
研究熱心な父の姿勢を受け継ぐ息子
研究熱心な父の姿勢を受け継ぐ息子
そんな父親を「勇気がすごくある人」と話す杜氏の裕二郎さんは、マッコリ造りが始まった頃は、家業を継ぐ気もなかった。大学では生命科学を専攻、東日本大震災の後に実家に戻り、酒造りの手伝いを始めた。「地酒として近くの酒屋や飲食店で飲める酒を目指したいと思い、純米酒や大吟醸など特定名称酒の製造に挑戦した」と語る。
鑑評会で受賞するような上質な酒に
鑑評会で受賞するような上質な酒に
白河市近辺でとれた酒米「夢の香」を、阿武隈川の伏流水で仕込んだ新ブランド、特別純米「陣屋」。全国新酒鑑評会で金賞を受賞した。県内でもめずらしく、ミネラル感のある「中硬水」を使っていて、それで最後のキレを表しているという。口に入れると香りや甘みが広がるものの、のど越しがスッキリしている。
酒蔵からわずか100mのところにある
酒蔵からわずか100mのところにある
甘くないおつまみ
甘くないおつまみ
食中酒におすすめな特別純米「陣屋」、これにぴったりなおつまみを作ったのが近所の菓子店、江戸時代創業の老舗「坂本屋総本店」。「有賀醸造」の酒粕をベースに、地元の小麦粉と菜種油を配合し、味付けに醤油を味噌を加えた「酒かすクラッカー」だ。
老舗同士がコラボ
老舗同士がコラボ
酒粕の味がほんのりと…甘くないが、しょっぱくもない。「陣屋」との相性抜群だ。陣屋のあった郷土の歴史を伝えようと地域の方々と共に取り組んでいるアイデアマンの蔵元、そのこだわりが詰まっている。
深い歴史、郷土愛、挑む心を後世に…
深い歴史、郷土愛、挑む心を後世に…
そんな伝統と遊び心が共存する酒蔵の将来は…。「凝り固まったものではなく、自由な形で遊んでいけるような日本酒造りをやっていきたい」と話す杜氏の裕二郎さん。希少価値の高いマッコリを守りながら励むこれからの酒造りが楽しみだ。

Chu!PRESS編集部
全文を読む
もっと見る
すべて
#大内宿
#ひんやりグルメ
#食パン
#One Hundred Bakery 郡山
#人口減少
#福島県
#葉っぱ切り絵
#リーフアート
#いわき市
#ブルーベリー
#グルメ
#カフェ
#果物狩り
#フィンランドのライフスタイル展
#北欧
#ジンギスカン
#天栄村
#海鮮丼
#かき氷
#ピーチマンカフェ
#ボンボン菓子
#ウイスキーボンボン
#塩川鳥モツ
#100年フード
#神尾佑 酒に交われば
#髙橋庄作酒造店
#さくらんぼ
#新作スイーツ
#福島市
#農家カフェ
#ドライブイン
#坂本ドライブイン
#ブラウンチーズ
#ヤギ
#東京ディズニーシー
#ファンタジースプリングス
#もつ煮込
#伊藤商店
#軌道工
#鉄道
#常磐もの
#おのざき
#パン
#ととかか
#金水晶酒造
#ふくしまラーメンワールド
#福島トヨタクラウンアリーナ
#ラーメン
#野尻英恵
#昭和レトロ
#アンティーク
#おにぎり専門店
#おにぎり ばはり
#グランケット桑折
#いちい
#ふくしま子育て応援隊
#SDGs
#中テレ祭り
#きぼう
#会津若松市出身
#ヱビスビール
#印象派展郡山
#印象派展
#モネ
#米粉ピザ
#Pizza TT Brothers
#開成山公園
#Park-PFI制度
#峰の雪酒造
#三春酒造
#ねこ駅長
#ふにゃ~り日和
#矢澤酒造店
#お弁当
#お惣菜
#リオン・ドール
#中テレ社内見学
#マルト
#からあげ伊達屋
#桜八
#Hawaiian Cafe HERO
#ハワイアンパンケーキ
#PR
#ふくしま発酵旅
#cafe nda焙
#味噌博士
#三五八漬け
#ライスバーガー
#海カフェ
#石焼き芋
#おなはまタンタンめん
#古民家らーめん 福寿庵
#ネコマ マウンテン
#ゲレ食
#道の駅ふくしま
#干支パフェ
#1位づくしの温泉旅
#万葉亭
#八幡屋
#土湯温泉
#野地温泉ホテル
#庄助の宿 瀧の湯
#男山酒造店
#朝日ドライブイン
#朝ドラ
#會津おでん
#ご当地グルメ
#高校サッカー
#七日町通
#抹茶専門カフェ
#カレーパン
#ゴロゴロ系
#石林
#フカヒレ
#曙酒造
#海ごみ
#SDGs
#TOKIO-BA
#船
#榮川酒造
#スポーツ
#豊国酒造
#24時間テレビ
#メタバース
#美容
#らーめんHOME
#出汁
#宮泉銘醸
#千駒酒造
#七転び八起き
#納屋カフェ
#桃
#割烹食堂 かいね
#ご褒美ランチ
#FANTASTICS畑
#日本酒
#アナウンサー
#冷やしラーメン
#会津坂下町
#子育て
#笹の川酒造
#TOKIO-BA×ゴジてれ
#国分太一
#白河うどんマーケット 櫓
#手打ちうどん
#檜物屋酒造店
#ぶっとんでるいきもの展
#小名浜潮目交流館
#伊集院光
#塔のへつり
#白河
#末廣酒造
#古代エジプト美術館展
#いわき市立美術館
#クロワッサン
#SHARE
#人気酒造
#古民家カフェ
#モリアオガエル
#有賀醸造
#東や3代目
#中華一番
#四家酒造店
#食べログ百名店
#本場広島お好み焼き かっちゃん
#天ぷら 佐久間
#ごみ削減
#鈴木酒造店
#グップラ
#ブンケン歩いてゴミ拾いの旅
#鶴乃江酒造
#二本松ドライブイン
#スタミナラーメン
#大和川酒造店
#日本酒の神様
#大天狗酒造
#仁井田本家
#メダカ
#郡山ブラック
#しょうや
#成
#たもや
#麺や 笑華
#枡はん
#昼ふろや
#麺屋 信成
#角麺
#らぁ麺おかむら
#皐月亭
#あさくさらーメン
#サムライ
#トラクター
#醤油プリン
#南相馬市
#ジェラート
#フードロス
#只見線
#途中下車
#キャンプ飯
#会津
#ふくしまラーメンショー
#風とロック
#スノーピーク
#女性活躍
#田楽カフェ
#須賀川市
#手打ち蕎麦
#会津観光
##中テレ祭り
#Libretto
#ギフト
#無印良品
#冷凍食品
#MyLife
#JR只見線
#再開通
#テロワージュふくしま
#食と酒
#氷の神殿
#飯坂
#みりょくいちば
#激安スーパー
##永井麻葵
#福島応援
#マルシェ
#桑折町
#メルバ
#鬼ぐるみ
#エコ食材
#会津四季もち
#豆腐もち
#中華街展
#うすい百貨店
#田村市都路町
#パワースポット
#福、笑い
#甘酒
#いちご
#ロールケーキ
#酪王カフェオレ
#赤べこ
#二本松市
#木幡の幡祭り
#ゴジてれ
#矢吹町
#パン屋
#教育
#タイ料理
#焼き立てパン
#キャンピングカー
#おでん
#コンニャク
#Chu!PRESS編集部
#ごみ排出量
#全国ワースト2位
#福島県知事選
#台風
#避難
#キッザニア
#職業体験
#Chu!PRESS編集部
#バンクシーって誰?展
#オンライン特別授業
#スイーツ
#にゃん旅鉄道
#文具女子
#風とロック芋煮会
#相馬野馬追
#ドローン
#ブンケン
#蕎麦
#ヘルシー
#神獣ベコたち
#ガシャポン
#張子
#会津鉄道
#フラのまち
#新名物
#サクマ&ピース
#サクピー
#中テレアプリ
#福島の桜
#富岡町
#三春滝桜
#復興
#起業支援
##SDGs
##いわき市
#狛犬
#福島の桃
#いなかといいなか交流ツアー
#就職活動
#いわきサンシャインマラソン
#海ごみ削減プロジェクト
#ミデッテ
#イチゴ
#海の幸
#相馬市観光
#舞妓
#京都
#大京都展
#クリスマス
#いなか暮らし
#体験交流
#旅
#中テレクリスマスドリーム
#やなせたかしの世界
#佐久間宣行
#アルコ&ピース平子祐希
#ふくしま麺フェア
#まるや
#イベント
##Chu!PRESS編集部
#ChuTube
#岡田
#伝統野菜
#バスケットボール
#福島ファイヤーボンズ
#歌唱王
#こおりやま街の学校
#オンライン
#ドラマ
#映画
#ミネアポリス美術館日本絵画の名品展
#YouTube
#オリンピック
##スイーツ
#野球
#ドライブインシアター
#tuperatuperaのかおてん.
#驚き
#癒し
#会社見学
#防災
#豪雨
#特産
#UFO
#ゴルフ
#スタジオジブリ
#ナウシカ
#ガンダム
#BBQ
#おうち時間
#かわいい
#ダンロップ・スリクソン福島オープン
#豪雨災害
#Chuリズム
#新型コロナ
#妖怪
#クマ
#意外
#デリバリー
#梅雨
#カビ対策
#サウナ
#冷やしグルメ
#潮干狩り
#名物
#お取り寄せ
#高校生クイズ
#テイクアウト
#専門店
おすすめ情報