NOW
ON AIR

Chu! PRESS

2024.05.08

【神尾佑 酒に交われば】2度の廃業危機を乗り越えて「酒で福島の良さを伝える」 福島市唯一の造り酒屋「金水晶酒造」

【神尾佑 酒に交われば】2度の廃業危機を乗り越えて「酒で福島の良さを伝える」 福島市唯一の造り酒屋「金水晶酒造」
福島県出身の俳優・神尾佑(かみお ゆう)さんが県内の酒蔵を訪ね、その酒蔵にまつわる物語を紐解いていく番組「神尾佑 酒に交われば」。

日本酒王国福島県には、50を超える酒蔵がある。今回訪れたのは、福島市の「金水晶酒造」。2度の存続の危機を乗り越え、新たな一歩を踏み出した福島市唯一の酒蔵の物語だ。
2度の危機を乗り越えた、現在の姿
2度の危機を乗り越えた、現在の姿
多くの人の憩いの場である、福島市郊外の「四季の里」。その目と鼻の先にあるのが「金水晶酒造 四季の蔵」だ。
ここで酒造りを始めたのは、ことし1月のこと。福島市の中心部にある福島稲荷神社でいただいた毎年恒例のお札。そのゆく先が…この新しい酒蔵だった。
再起のために新天地へ
再起のために新天地へ
「そもそも新しい蔵を建てるとは思ってもみなかった。ご先祖さまもビックリすると思う」と話すのは、四代目蔵元で会長の斎藤 美幸さん。
「金水晶酒造」の始まりの地
「金水晶酒造」の始まりの地
そのご先祖さまが明治28年に「金水晶酒造」を興した地は、福島市松川。新しい蔵との距離は約20キロある。いまは更地となってしまったこの場所に、精米、米研ぎ、仕込み、瓶詰めをする3つの蔵があり、ここで去年の暮れまで酒造りをしていた。
Google Earthでは、かつての酒蔵の姿が見られる
Google Earthでは、かつての酒蔵の姿が見られる
いまでは福島市に存在する唯一の酒蔵だが、これまでに2度、廃業の危機に直面した。

1つが、2011年の東日本大震災。当時は、父の正一さんが三代目蔵元で、美幸さんは東京にいた。正しい情報が入らず、「福島はダメなんじゃないか」という思いから父に「辞めよう」と伝えたこともあったという。しかし三代目は「こんな時こそ頑張らなければいけない」と酒蔵を守り続けた。
左側が、父で三代目蔵元の正一さん
左側が、父で三代目蔵元の正一さん
一人娘の美幸さんは、東京に家族を残し、蔵を継ぐことに。2019年には、福島が誇る作曲家・古関 裕而さんにちなんだ純米大吟醸「古関メロディー」を発売。福島から”エール”を送った。
福島市出身の作曲家の偉業を伝える
福島市出身の作曲家の偉業を伝える
しかし、2022年にもう1つの危機、福島県沖地震が起きた。全壊判定になってしまった酒蔵…立て直すと、最低でも1年は酒造りを休まなければならない。そこで、補修した蔵で酒造りを続けながら、並行して新たな蔵を建てる決断をした。「地震が来たらすぐ逃げて!」と蔵人に伝え、壊すギリギリまで酒を造り続けた。
「東日本大震災より揺れたような気がする」と美幸さん
「東日本大震災より揺れたような気がする」と美幸さん
そして3月、移転した新しい蔵のお披露目式が行われた。「どんな酒になるか不安だったが、思ったよりもすごくいい酒ができた」と、新たな蔵で醸した新酒を振る舞う美幸さんの姿があった。
お祝いを伝えたくて、東京から駆けつけたお客さんも
お祝いを伝えたくて、東京から駆けつけたお客さんも
「福島市唯一の造り酒屋として、酒で福島の良さを伝えるのが使命」と話すように、移転後、酒の造り方をイチから変えた。コメはすベて福島県産に。そして、すべて純米酒に。現在は、2019年に福島県が酒造りに適したコメとして独自に開発した「福乃香」や「ひとめぼれ」を使っている。
移転新蔵の開所式にて
移転新蔵の開所式にて
特別に、蔵の中を案内してもらった。こちらは、コメを蒸す「釜場」。小さい方が均一に蒸せるため、釜の大きさは以前の半分ほどだ。また、以前はコメをスコップで掘って冷ましていたが、釜の下に台車を付けることによって、蒸し上がったら釜ごと放冷機に移動させることが可能に。効率が飛躍的に良くなったという。
台車により、蒸し米をすぐ放冷機に運べるように
台車により、蒸し米をすぐ放冷機に運べるように
そして、酒造りに使う水は、すべて荒川の水に変えた。13年連続水質日本一を誇る荒川。新しい蔵をここに建てた大きな理由の一つが、この水だった。
酒造りに欠かせない水へのこだわり
酒造りに欠かせない水へのこだわり
重い扉の先は、密閉された仕込み蔵だ。室温は常に5度前後と、冬の仕込み時期と同じ温度に保たれている。

巨大なタンクも見当たらない。昔は半年間しか醸造期間がなかったため、その間に1年分の酒を造ったり保存したりするのにタンクがたくさん必要だった。しかし新しい蔵では、小さいタンクで次々に造って、常に搾りたてが楽しめるようになった。真夏以外ほとんどの時期で酒を醸す。だから「四季の蔵」だ。
環境により、タンクの大きさも変化
環境により、タンクの大きさも変化
酒蔵に併設したショップには、新しい環境で醸したばかりの新酒が並ぶ。「お酒は飲まないとわからない」ということで、試飲できるコーナーも。メダル1枚100円で、どんな酒なのかテイスティングできる。
まさに出来立ての酒がズラリ
まさに出来立ての酒がズラリ
しかし、ひと口では物足りない神尾さん、しっかりグラスでいただくことに。

まずは、「純米吟醸 あらかわ」から。荒川の水で育てた酒米を荒川の水で醸した、まさに福島市の酒だ。辛口で、力強い一杯。以前の蔵よりもミネラルが多い硬水に変わったため、より辛口になったという。「飲めば飲むほど、ハマってくる。だんだんおいしくなってきた」と、神尾さんは話す。
以前より、さらに辛口に
以前より、さらに辛口に
こだわりは、酒以外のところにも。以前は金属のスクリューキャップだったが、一升瓶と同じキャップ(王冠)に。オシャレなうえ、香りが逃げないという。
すべてこのキャップに変更
すべてこのキャップに変更
さらに、この「あらかわ」の酒粕とみそを合わせた、変わり種のアイスも。酒粕の風味とみそのコクが楽しめるデザートに仕上がっている。
市内のジェラート店とコラボ
市内のジェラート店とコラボ
続いて、満を持して最近搾り始めたばかりの「金水晶 純米大吟醸」。大吟醸ならではの華やかな香り!印象的なラベルのマークは、美幸さんが提案した「金水晶」の漢字のシルエットだ。
福島市・飯坂名物の「ラジウム卵」を合わせてみると…「最高のアテ!」と神尾さんのお墨付きが。
自慢の味とラベル
自慢の味とラベル
ピンチをチャンスに変え、新たな一歩を着実に…。神尾さんからも”エール”を送りたくなる酒蔵との出会いとなった。

Chu!PRESS編集部
全文を読む
もっと見る
すべて
#東京ディズニーシー
#ファンタジースプリングス
#もつ煮込
#伊藤商店
#軌道工
#鉄道
#常磐もの
#おのざき
#パン
#ととかか
#神尾佑 酒に交われば
#金水晶酒造
#ふくしまラーメンワールド
#福島トヨタクラウンアリーナ
#ラーメン
#野尻英恵
#昭和レトロ
#アンティーク
#おにぎり専門店
#おにぎり ばはり
#グランケット桑折
#いちい
#ふくしま子育て応援隊
#SDGs
#中テレ祭り
#きぼう
#会津若松市出身
#ヱビスビール
#印象派展郡山
#印象派展
#モネ
#米粉ピザ
#Pizza TT Brothers
#開成山公園
#Park-PFI制度
#峰の雪酒造
#三春酒造
#ねこ駅長
#ふにゃ~り日和
#矢澤酒造店
#お弁当
#お惣菜
#リオン・ドール
#中テレ社内見学
#マルト
#からあげ伊達屋
#桜八
#Hawaiian Cafe HERO
#ハワイアンパンケーキ
#PR
#ふくしま発酵旅
#cafe nda焙
#味噌博士
#三五八漬け
#ライスバーガー
#海カフェ
#石焼き芋
#おなはまタンタンめん
#古民家らーめん 福寿庵
#ネコマ マウンテン
#ゲレ食
#道の駅ふくしま
#干支パフェ
#1位づくしの温泉旅
#万葉亭
#八幡屋
#土湯温泉
#野地温泉ホテル
#庄助の宿 瀧の湯
#男山酒造店
#朝日ドライブイン
#朝ドラ
#會津おでん
#ご当地グルメ
#高校サッカー
#七日町通
#抹茶専門カフェ
#カレーパン
#ゴロゴロ系
#石林
#フカヒレ
#曙酒造
#海ごみ
#SDGs
#TOKIO-BA
#船
#榮川酒造
#スポーツ
#豊国酒造
#24時間テレビ
#メタバース
#美容
#らーめんHOME
#出汁
#宮泉銘醸
#千駒酒造
#七転び八起き
#納屋カフェ
#桃
#割烹食堂 かいね
#ご褒美ランチ
#FANTASTICS畑
#日本酒
#アナウンサー
#冷やしラーメン
#会津坂下町
#子育て
#笹の川酒造
#TOKIO-BA×ゴジてれ
#国分太一
#白河うどんマーケット 櫓
#手打ちうどん
#檜物屋酒造店
#ぶっとんでるいきもの展
#小名浜潮目交流館
#伊集院光
#大内宿
#塔のへつり
#白河
#末廣酒造
#古代エジプト美術館展
#いわき市立美術館
#クロワッサン
#SHARE
#人気酒造
#古民家カフェ
#モリアオガエル
#有賀醸造
#東や3代目
#中華一番
#四家酒造店
#食べログ百名店
#本場広島お好み焼き かっちゃん
#天ぷら 佐久間
#ごみ削減
#鈴木酒造店
#グップラ
#ブンケン歩いてゴミ拾いの旅
#鶴乃江酒造
#二本松ドライブイン
#スタミナラーメン
#大和川酒造店
#日本酒の神様
#大天狗酒造
#仁井田本家
#メダカ
#郡山ブラック
#しょうや
#成
#たもや
#麺や 笑華
#枡はん
#昼ふろや
#麺屋 信成
#角麺
#らぁ麺おかむら
#皐月亭
#あさくさらーメン
#サムライ
#トラクター
#醤油プリン
#南相馬市
#ジェラート
#フードロス
#只見線
#途中下車
#キャンプ飯
#会津
#ふくしまラーメンショー
#風とロック
#スノーピーク
#天栄村
#女性活躍
#田楽カフェ
#須賀川市
#手打ち蕎麦
#会津観光
##中テレ祭り
#Libretto
#ギフト
#無印良品
#冷凍食品
#MyLife
#JR只見線
#再開通
#テロワージュふくしま
#食と酒
#氷の神殿
#飯坂
#みりょくいちば
#激安スーパー
##永井麻葵
#福島応援
#マルシェ
#桑折町
#メルバ
#鬼ぐるみ
#エコ食材
#会津四季もち
#豆腐もち
#中華街展
#うすい百貨店
#田村市都路町
#パワースポット
#福、笑い
#甘酒
#いちご
#ロールケーキ
#酪王カフェオレ
#赤べこ
#二本松市
#木幡の幡祭り
#ゴジてれ
#矢吹町
#パン屋
#教育
#タイ料理
#焼き立てパン
#キャンピングカー
#おでん
#コンニャク
#Chu!PRESS編集部
#ごみ排出量
#全国ワースト2位
#福島県知事選
#台風
#避難
#キッザニア
#職業体験
#Chu!PRESS編集部
#バンクシーって誰?展
#オンライン特別授業
#スイーツ
#グルメ
#にゃん旅鉄道
#いわき市
#文具女子
#風とロック芋煮会
#相馬野馬追
#ドローン
#ブンケン
#蕎麦
#ヘルシー
#神獣ベコたち
#ガシャポン
#張子
#会津鉄道
#フラのまち
#新名物
#サクマ&ピース
#サクピー
#中テレアプリ
#福島の桜
#富岡町
#三春滝桜
#カフェ
#復興
#起業支援
##SDGs
##いわき市
#狛犬
#福島の桃
#いなかといいなか交流ツアー
#就職活動
#いわきサンシャインマラソン
#海ごみ削減プロジェクト
#ミデッテ
#イチゴ
#海の幸
#相馬市観光
#舞妓
#京都
#大京都展
#クリスマス
#いなか暮らし
#体験交流
#旅
#中テレクリスマスドリーム
#やなせたかしの世界
#佐久間宣行
#アルコ&ピース平子祐希
#ふくしま麺フェア
#まるや
#イベント
##Chu!PRESS編集部
#ChuTube
#岡田
#伝統野菜
#バスケットボール
#福島ファイヤーボンズ
#歌唱王
#こおりやま街の学校
#オンライン
#ドラマ
#映画
#ミネアポリス美術館日本絵画の名品展
#YouTube
#オリンピック
##スイーツ
#野球
#ドライブインシアター
#tuperatuperaのかおてん.
#驚き
#癒し
#会社見学
#防災
#豪雨
#特産
#UFO
#ゴルフ
#スタジオジブリ
#ナウシカ
#ガンダム
#BBQ
#おうち時間
#かわいい
#ダンロップ・スリクソン福島オープン
#豪雨災害
#Chuリズム
#新型コロナ
#妖怪
#クマ
#意外
#デリバリー
#梅雨
#カビ対策
#サウナ
#冷やしグルメ
#潮干狩り
#名物
#お取り寄せ
#高校生クイズ
#テイクアウト
#専門店
おすすめ情報