アナウンスルーム

アナウンサーブログ

野尻 英恵
野尻 英恵Hanae Nojiri
キボカケ初参加
今週は日本テレビ系列で展開する
Good For the Planet ウィークです!

地球にいいこと、未来にいいことについて
みんなで考えていこう
という一週間。

私はゴジてれChu!の月曜日のコーナー
「ブンケン歩いてゴミ拾いの旅」
今回初参戦させていただきました!
朝7時に元気にスタート!
朝7時に元気にスタート!
ブンケンさんとはこれまでCMやイベントなど
SDGsに関わる企画をいろいろと一緒にやってきたんですが、
ゴミ拾いの旅に参加させてもらうのは初めて。

少し前にディレクターさんに参加したい、と申し出てみたら
すんなり「今度来てよ!」と話が進んだ、という経緯です。
(ほんとにオープンなメンバー♪ありがとうございます)


歩いたのは、福島市から二本松市にかけての国道8キロ。
スタートしてすぐ茂みにたくさんのごみの袋が隠れていたり、
例のボトルが大量に出てきたりと、
かなりショッキングでした。
ごみを見ていると、容器の種類だったり、日付の印刷だったり、
捨てられた状況が少し想像できてしまうのも
悲しかったです。

一方で、
これまでずっとごみを拾い続けてきたブンケンさんはじめ、
皆川ディレクターや鈴木ドライバー、
参加してくださったみなさんに改めて感謝の気持ちが湧いてきました。
チームキボカケ♪
チームキボカケ♪
拾った分だけ街もきれいになって、
気持ちも爽やかになって、
まさに「希望のカケラ」★です。

そして何より励まされたのが、
私達を見かけて「協力します!」と一緒に参加してくださった地元の方々や、
(番組ではそういうシーンを見てきたけれど本当にいらっしゃるんだ…涙)
小さな子どもが「マネして拾ってます」と声をかけてくれたこと。
ゴミ拾いの輪が広がっていることに感動しました。

1人の100歩より、100人の1歩から始まる変化が
きっと未来を変える力になると信じています。
 
地元の方が、お昼休憩の時間に協力してくださいました。そのお気持ちに感動しました。
地元の方が、お昼休憩の時間に協力してくださいました。そのお気持ちに感動しました。
みんなの福島、そして子供たちの未来の福島を守っていくために、
私もできることから実行していきたいと思います。
拾うだけではなくて、分別をしてクリーンセンターに持っていくところまでが「キボカケ拾いの旅」です。これも意外と大変。そしてクリーンセンターで働いている方々もみんなの快適な生活のために大変なお仕事をされていることを目の当たりにして感謝の気持ちでいっぱいになりました。
拾うだけではなくて、分別をしてクリーンセンターに持っていくところまでが「キボカケ拾いの旅」です。これも意外と大変。そしてクリーンセンターで働いている方々もみんなの快適な生活のために大変なお仕事をされていることを目の当たりにして感謝の気持ちでいっぱいになりました。
全文を読む
>