プロバスケットボールBリーグ開幕!福島ファイヤーボンズの今年の戦力は?キャスターが伝えたい試合観戦の楽しさ|Chu! PRESS|福島中央テレビ
NOW
ON AIR

Chu! PRESS

2021.10.11

プロバスケットボールBリーグ開幕!福島ファイヤーボンズの今年の戦力は?キャスターが伝えたい試合観戦の楽しさ

#バスケットボール
#福島ファイヤーボンズ
プロバスケットボールBリーグ開幕!福島ファイヤーボンズの今年の戦力は?キャスターが伝えたい試合観戦の楽しさ
ニュース番組でキャスターを務める緒方太郎です。
景色が秋色に染まりつつ福島県、私は“あるスポーツ”のシーズン開幕に興奮が止まりません。

それはバスケットボール!
いよいよ、日本最高峰のプレーを目の前で見られるBリーグが開幕しました。学生バスケットの観戦も大好きですが、プロの試合は選手たちの迫力だけでなく色々なものに目を奪われるほどスゴイんです!
我らが「福島ファイヤーボンズ」は10月11日と12日に郡山市でホーム開幕戦を迎えますが、Bリーグ1部昇格という悲願へ向けて、どんな滑り出しを見せるのか見逃せない戦いとなりそうです。バスケ好きの私もワクワクが止まりません!
ちょっと暑苦しい書き出しになりましたが、「福島ファイヤーボンズのことをまだよく知らない」という方、約5分ください!記事を読み終わる頃、きっと応援したくなると思います。

■試合前から興奮!会場の「華々しい雰囲気」
先週、私はお隣の宮城県仙台市にあるゼビオアリーナ仙台で行われたアウェー開幕戦を取材しました。相手はライバルの「仙台89ERS」。東北ダービーです。
コロナ対策で座席を一席ずつ空けて座る形でしたが、会場は仙台のブースターたちでほぼ満席状態。ただ熱狂的なバスケファンばかりというわけではなく、ファミリーで訪れる観戦者がとても多いんです。プロバスケの試合は、一度会場を訪れると一気に引き込まれてしまう魅力があるんです。
結論から申しあげます。
「バスケのルールを知らなくても楽しめます!」

「試合観戦するにはルールを覚えないとな…」と思う人もいるかもしれません。もちろん観戦を重ねる度にプレーの質や勝負の分かれ目を理解できる楽しさはあります。ただ、Bリーグの試合には“アリーナDJ”という人がいて、ブースターの応援をサポートしながら一つ一つのプレーをノリノリで実況してくれるんです。試合中にアップテンポの音楽がガンガン鳴りまくり、照明も華やかで、初めて試合会場に来た人は「え?これがスポーツの試合会場?」と驚くかもしれません。いまはコロナ感染対策で声を出した応援はできませんが、それでもこれだけのライブ感を楽しめるのはすごい演出だと感じます。

開幕戦が行われた仙台89ERSの会場にも圧倒されましたが、福島ファイヤーボンズの会場も華やか!会場がチームカラーの「フクシャパープル」一色に染まり、チアリーダーが元気に踊って盛り上げてくれます。私はその雰囲気に、いつも試合前から気持ちが昂ってしまいます。

さて、ここからは試合の楽しみ方と注目選手を紹介します。

■戦場と呼ばれる「ゴール下」ダンクシュートの迫力!
レベルの高い選手同士の迫力あるプレーの中でも「ゴール下」は非常に熱い!
このポジションには身長2メートルを超える外国籍選手が多く、体のぶつかり合いはもちろんのこと、日本人選手がそこに太刀打ちする姿も目を奪われます。筋肉量と動きにも圧倒されます!

福島ファイヤーボンズのゴール下の要は、身長213センチのジェイソン・ウォッシュバーン選手。仙台89ERSとの試合では2試合で51得点とチームナンバーワンの活躍でした。リングが壊れるんじゃ?というダンクシュートがチームに流れを一気に引き寄せます!
【写真】ジェイソン・ウォッシュバーン選手
【写真】ジェイソン・ウォッシュバーン選手
■3ポイントシュートで県勢大活躍に期待!
遠くからゴールを射抜くスリーポイントシュートはバスケットボールの魅力です!決まった瞬間のスカッとする爽快感と会場が一気に盛り上がる一体感がたまらなくいい!とにかく、とにかく、華があります。福島ファイヤーボンズでは2シーズン連続で主将を務める菅野翔太選手(二本松市出身)がボールを持つと期待感が爆上がりです。「ボンズというチームが福島のシンボルになれるように頑張りたい」と菅野選手は話しています。
【写真】菅野 翔太選手
【写真】菅野 翔太選手
さらに外国籍選手ではエリック・マーフィー選手の正確無比なシュートも魅力です。マーフィー選手はプロバスケットボールの最高峰=NBAでのプレー経験もあるんです。あの八村塁選手がプレーする舞台で活躍していた選手なんです。ちなみに今シーズンは弟のアレックス・マーフィー選手も新加入し、外国籍選手で同チームに兄弟プレーヤーが誕生しました。「マーフィー兄弟」の共演にも期待です。

■注目選手は「全員」そのプレーに酔いしれよう!
本音を言うと全員を紹介したいんです…。取材をしていても本当に素晴らしい人柄で“漢”として憧れるんですもの。「歴代でも1番いいロスター(所属選手)」と6シーズン連続でチームを率いる森山知広HCも自信をみせています!

私はこれからニュースキャスターとして、テレビ番組の中でチームの魅力を掘り下げていきたいと思っていますが、この記事の中で現段階のファン目線の独断で一気に全員をご紹介します!賛否両論は会場で私にお伝えください!できれば賛成多めで!

■0番・エリック・マーフィー選手
アメリカ・NBA経験もあるトッププレーヤー!

■1番・ウォールジャスパー選手
アメリカの大学を卒業したばかりのルーキー!

■5番・友利健哉選手
37歳のベテラン、チームが苦しい時の精神的支柱!

■6番・長谷川智伸選手
B1経験豊富で新加入!筋骨隆々で技術に目を奪われる!

■8番・村上慎也選手
チーム創設から福島一筋!福岡出身だけど勝手に福島県民認定!

■9番・神原裕司選手
相手ボールを奪い去るディフェンスが魅力!太陽のような存在!

■11番・山内翼選手
郡山市出身でガッツあるプレーに手に汗握る!愛称「バッサー」

■12番・アレックス・マーフィー選手
エリック選手の弟!スピードで流れを変える!

■16番・橋本尚明選手
B1島根から新加入!個人的に早く試合でプレーを見たい!

■21番・菅野翔太選手
チームの顔。所属選手1人だった頃に一緒に中継したね…。

■30番・水野幹太選手
福島市出身で世代別日本代表経験あり!23歳の若き司令塔!

■32番・市岡ショーン選手
最終クオーターのリバウンドの凄み!縁の下の力持ち!

■42番・ウォッシュバーン選手
バスケの迫力を味わいたいならこの人を見よう!

約5分で読破してくださったみなさん、ありがとうございます。Bリーグにハマってしまう人が少しでも増えれば嬉しいです。とは言え、毎回会場で試合を観戦できるとは限りませんよね。

ご安心ください。試合はYahoo!プレミアム会員などが利用できる「バスケットLIVE」でもライブ配信されているんです。しかも、福島ファイヤーボンズのホーム戦の実況は私も含め福島中央テレビのアナウンサー陣が担当しています。

10月11・12日のホーム開幕戦の実況は「中テレの最終兵器」こと直川貴博アナウンサーが担当です。今も近くで実況用の資料をコツコツと作っています。私はその翌週のホーム戦で実況し、徳光雅英アナ・石井佑弥アナもその後担当します。新人の河岸修登アナも虎視眈々と鍛錬しています。
【写真】実況を担当する直川貴博アナウンサー
【写真】実況を担当する直川貴博アナウンサー
チームに負けないくらいの熱量で中テレチームも戦います!
さぁみんなで「応炎」すっぺ!こんな記事が執筆できるなんて幸せだ!


Chu!PRESS 福島ファイヤーボンズ担当 緒方太郎
おすすめ情報