満天の星空の下で映画を!話題のグルメも堪能できる?!夏を彩るエンターテインメント「中テレドライブ・イン・シアター」|Chu! PRESS|福島中央テレビ
NOW
ON AIR

Chu! PRESS

2021.08.09

満天の星空の下で映画を!話題のグルメも堪能できる?!夏を彩るエンターテインメント「中テレドライブ・イン・シアター」

満天の星空の下で映画を!話題のグルメも堪能できる?!夏を彩るエンターテインメント「中テレドライブ・イン・シアター」
夏を彩るエンターテインメント「中テレドライブ・イン・シアター」が福島空港で始まりました。今年は、昨年よりパワーアップしたというこのイベントを、Chu!PRESS編集部のかなごんが取材しました。
 
 

●見どころその1:満天の星空をバックに飛び込む、映画の世界。

今年の中テレドライブ・イン・シアターは、福島空港の北駐車場で開催しています。上映中は駐車場の電気が消え、会場は真っ暗に。目の前には昨年より大きな横幅13メートルの巨大スクリーンが浮かび上がり、その周りには夏の美しい満天の星空が 広がります。



また、空港での開催ならではの飛行機の離着陸も見ることができました。屋外で映画を見るという非日常の高揚感と、まるでキャンプにきているかのような福島の自然が作り出す贅沢なひとときに、心が踊ります。
 

●見どころその2:ささやかだけど、確かに感じる”お祭り感”

今年の目玉は、何といっても飲食店ブースが出店しているところです。 (※ちなみに来場者はお気に入りの飲食物を持ち込むことも可能です。)勿論、感染症対策のため車で食べることになりますが、お店の方たちがこのイベントのために考えてきた、いわば選抜メンバーのようなラインナップの商品がずらりと並びます。

2店舗と、本当にささやかですが、それでも。夏祭りでワクワクしながら屋台で好きなものを買うあの感じを楽しむことができます。

■3月に上陸したばかりの話題のパン屋さん「考えた人すごいわ ブレッドパーク郡山」

今回は、食パンをメインとしたサンドイッチやラスクを販売しています。
注目したいのは、口の中でとろけてしまいそうなほどきめ細かく、耳までやわらかい「食パン」です。 塩は岩手県の「のだ塩」を使用していて、マーガリンを一切使用せずにバターで作り上げるなど、材料にもこだわりがつまっています。店員さんは「からだにも優しい3世代で美味しく食べることのできる食パンです」と話していました。



私が食べてびっくりしたのが、その食パンを使った卵サンド。正直、初めは「インスタ映えしそうな卵サンドだなぁ」と思ってしまったのですが、一口食べれば見た目も味も、まさしく”本気の”卵サンドだと実感します。

程よい半熟の卵まるごと1個を、絶妙なマヨネーズ具合の卵サラダが包み込んでいるのですが、この卵サラダが本当にぎっしり詰まっており、正直食いしん坊のかなごんでも1つでお腹いっぱいになるほどでした。卵好きにはたまらない一品です。

また、映画を見ながら気楽に食べるラスクも人気です。ラスクだと食パンの端っこを使っていることが多いイメージがあるのですが、こちらは贅沢に食パンの中心、メイン中のメインの部分を使っているそうです。 売り切れてしまうこともあるので、早めに会場入りして購入するのをおすすめします。

■お昼は食堂カフェ、夜は居酒屋。おしゃれすぎるお店「居酒屋もりおか / rioka食堂カフェ」

今回は、肉巻きおにぎり、フライドポテトと唐揚げがセットになったフライドボックス、フランクフルト、電球ソーダなど、”THE お祭り”な商品をたくさん販売しています。その理由について、店員さんは「新型コロナウイルスの影響でお祭りも少ないと思うので、少しでもお祭り感を感じてもらえればと思いこのメニューを考えてきました」と話していました。

こちらのおすすめ商品は「ポップンドリンク」。映画に行くと何故か食べたくなるポップコーンとハーブティーがメニューにずらりと並ぶ、食堂カフェriokaさんならではの色鮮やかなおしゃれドリンクがセットになっています。



私がいただいたドリンクは「バタフライレモン」。 バタフライピーの青色が自家製のレモンシロップを使用したはちみつレモンと一緒にいただくと、みるみるうちに紫色に変わる不思議なドリンクです。 醤油バターのソルティーなポップコーンとバタフライレモンの甘さが、最高の組み合わせでした。

●見どころその3:高確率で当たる!?鑑賞前のドキドキ抽選会

受付で渡されるクリアファイルの中に、実は抽選券が入っています。 いつ使うのだろう…と思っていると、なんと、鑑賞前に突然抽選会が始まりました。次々とハイテンションに読み上げられる当選番号。当たった人はハザードランプを点灯すると、スタッフから景品が手渡されます。



毎年地元の夏祭りで楽しみにしていたあのビンゴ大会を彷彿とさせる、番号が読み上げられる時のワクワク感と、そのアナウンスが自分の車のFMラジオから聞こえてくる面白い感覚が「THE 夏のイベント」という感じがして私はとても好きです。
 

●見どころその4:家族や恋人や友人と!気軽に楽しめるプライベート空間

ドライブインシアターの大きな魅力のひとつは、車というプライベート空間で映画を楽しめること。今回も多くの家族連れが訪れ、リラックスしながら映画を楽しんでいました。来場者アンケートでも「普段は映画館だと会話は出来ないけれど、気兼ねなく会話しながら映画を見ることができて楽しかった」という声や、「楽な体制で見ることが出来るので、とても快適だった」といった声が寄せられました。



気になるスクリーンの見え方や車の配置についても、スタッフが個別に対応し、微調整していました。

初めてのドライブ・イン・シアターに、従兄弟と一緒に訪れたという家族連れは、「とても面白くて迫力があった。機会があればまた来たい」と話していました。

今年も「最高の夏」を諦めたくないみなさんに、ぴったりのエンターテインメントです。このイベントは11日(水)まで福島空港で開催中です。
おすすめ情報