年末街の大そうじ大作戦


今年も1年お疲れ様でした。
コロナは収束することもなく、わたしたちのくらしやしごとやまなびの場をたくさん奪ってしまいました。

たくさんの嫌な気持ちやモヤモヤを抱えて暮らしているかもしれません。

そんな嫌な気持ちやモヤモヤを振り払う素敵な風習を、私たちは知っています。「掃除」です。平安時代から続く自宅の煤(すす)を払い、神様を迎える行事から、年末に自宅をきれいにして新年を迎える風習になった「年末大そうじ」。

今年は、この大そうじを、自分の家だけでなく、みんなで住んでいるこの街全体でやりませんか?みんなで暮らす福島をきれいにして、新しい気持ちで新年を迎えませんか。

「年末街の大そうじ大作戦」。皆さんのご参加をお待ちしています。

年末街の大そうじ大作戦・アンバサダー 鈴木文健

開催目的

2050年には、海のごみの量が魚の量より多くなる?と言われています。豊かな海の生物多様性が失われる危険が迫り、また、魚介類を介して摂取されるマイクロプラスチックによる人体への影響も取りざたされています。それらを防ぐために「ごみを出さない・捨てない・拾う」の意識向上が課題と言われています。

生活系ごみ排出量が全国ワースト2位の福島県で、今回の活動を通じて、県民の皆様と「ごみ問題」への意識向上、海洋ごみ削減への活動の輪を広げていきます。

開催概要

開催期間 :2021年12月1日(水)~31日(金)
開催場所 :福島県内各所
活動内容 :皆さんの「自宅周辺」や「お世話になった場所」などを、開催期間中に清掃してください。
主催 :ふくしま海ごみ削減プロジェクト
後援 :福島県
協力 :株式会社ピリカ、Rethink PROJECT

参加企業・団体

JT、リコージャパン福島支社、福島成蹊高校JRC・IAC部、第一生命保険福島支社
日本全薬工業、福島中央テレビ(事務局)

※期間内で随時更新。参加希望の企業・団体様は umigomi@fct.jp までご連絡ください。

ごみ拾いSNSピリカを使って全県参加プロジェクトに!

「年末街の大そうじ大作戦」では、今話題の“ごみ拾いSNS”ピリカを使って開催いたします。ピリカを使うことで…

  • 参加人数やみんなで拾ったごみの数が可視化できる!
  • 「ありがとう」の言葉を送り合ってみんなで盛り上がることができる!

一人ひとりの活動は小さなものかもしれませんが、ピリカで繋がることで大きな力になることを実感することができます。ピリカをダウンロードしてみんなで福島の街をきれいにしましょう!

ピリカ公式サイト:https://sns.pirika.org/

参加方法

①ごみ拾いSNSアプリ「ピリカ」をダウンロード

②自宅周辺などのごみ拾いを実施

※ごみ出しの際には各自治体のごみ出しルールに従ってください※

③イベント「ふくしま年末街の大掃除」ページで参加ボタンを押し、#ふくしま年末街の大そうじ大作戦 をつけて写真を投稿(ハッシュタグは自動で設定されています)

④みんなで拾ったごみの総量や場所、感想などを確認することができます

プレゼントフォトコンテスト

募集は締め切りました。ご応募ありがとうございました。

●プレゼント

  • 裏磐梯グランデコ東急ホテル

    裏磐梯グランデコ東急ホテル
    ペア宿泊券(一泊二食付き)
    【3組様】

  • ActiveResorts裏磐梯

    ActiveResorts裏磐梯
    ペア宿泊券(一泊二食付き)
    【3組様】

※プレゼントはお選びいただけません。

ふくしま海ごみ削減プロジェクトについて

ふくしま海ごみ削減プロジェクトは、日本財団「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で行なっています。

●CHANGE FOR THE BLUE とは

国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、“これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」が推進しているプロジェクトです。 海の豊かさを守り、海にごみを出さないという強い意思で日本全体が連帯し、海に関心を持つ人を増やし、海の未来を変える挑戦を実現していきます。



PAGE TOP