NOW
ON AIR

Chu! PRESS

2022.01.15

いわきの街を走りながらきれいにする「クリーンアップRUN」2/6に開催!!フルマラソンを年間で100回走るスゴい人も参加!

#いわきサンシャインマラソン
#海ごみ削減プロジェクト
いわきの街を走りながらきれいにする「クリーンアップRUN」2/6に開催!!フルマラソンを年間で100回走るスゴい人も参加!
みなさんは、フルマラソンを走ったことがありますか?

筆者も何度か挑戦したことがありますが、42.195kmを走り切った達成感に感動を覚える一方で、一度走ったら「もうやりたくない」という気持ちになる方も多いスポーツ、それがフルマラソンです。

そんな一般人にはとても過酷なスポーツ・フルマラソンを年間に100回も走っているスゴい人がいます。いわき市在住の理学療法士・新妻慎也さんです。

2020年から2年連続で100回フルマラソンを走破するツワモノで、
言葉を選ばずに表現するなら…自分を追い込み続ける「ヘンタイ」です(新妻さん、ごめんなさい!)。

そんな新妻さん、今はごみ拾いをしながらランニングする活動もしています。
フルマラソン100回からごみ拾いRUNまで幅広い活動をされている新妻さんにお話を伺いました。
【新妻慎也さん】
【新妻慎也さん】
Q:どんな少年時代を送ってきたのでしょうか?
新妻さん:3人兄妹の2番目で、小中高校とサッカー部に所属していました。だいぶやんちゃな子どもでしたね。その後、理学療法士の資格をとり、今はいわき市内の高齢者施設で働いています。

Q:マラソンをするキッカケはなんだったのでしょう?
新妻さん:いわきサンシャインマラソンが2010年に初めて開催されて、その時、体力維持のことも考えて出場してみたのがきっかけでした。3時間35分ぐらいで走りました(※)。
Q:すごい好記録ですね! 
※編集部注)フルマラソンを4時間以内で走り切ることを「サブ4(フォー)」といい、市民ランナーたちの目標と言われます。
新妻さん:でも、2~3回やって物足りなくなってきて、30歳になったのを記念してトライアスロンに挑戦したんです。泳げなかったけど(笑)
【マラソン→トライアスロン→トレイルラン→100マイルトレイルラン(イマココ)】
【マラソン→トライアスロン→トレイルラン→100マイルトレイルラン(イマココ)】
Q:え?カナヅチなのにトライアスロン!?
新妻さん:ですね(笑)。それで泳げるようになってトライアスロンもやって、トレイルラン(アップダウンのある山岳地帯を走ってタイムを競う競技)にはまって…。今は、100マイルトレイルランをメインに頑張っています。

Q:100マイルって160kmですよね?
新妻さん:ですね。30-40時間かかります。そのためにフルマラソンくらい朝メシ前に走れないといけないということで、フルマラソンを毎年100回走っています。
【2022年もフルマラソン100本チャレンジが始まっています】
【2022年もフルマラソン100本チャレンジが始まっています】
Q:スケールが大きすぎて頭が追いつきませんが、フルマラソン100回まで繋がりました…。ちなみにケガとかしませんか?
新妻さん:食事・睡眠などに気をつけるようにもなってむしろケガしない強いカラダになりました。健康状態の変化にも、より敏感になったと思います。今は健康そのものです。

―――そんな新妻さんが2017年からマラソン仲間と取り組んでいること、それは「ごみ拾い」です。走ることで何か社会の役に立ちたいという気持ちから始まったと言います。

新妻さん:最初は友人の三浦さんと2人で始めたこのごみ拾いRUNも、サンシャインマラソン直前に42km走りながらごみ拾いするイベントをやったりしたりして、今は定期的に大勢の方が参加してくれる取り組みになりました。
 
【2017年1月 いわきサンシャインマラソン前の清掃活動】
【2017年1月 いわきサンシャインマラソン前の清掃活動】
Q:これからどんな取り組みにしていきたいですか?
新妻さん:ずっと続けているからこそ気づくことなんですが、いわきの街がきれいになってきている実感があります。今回、いわきサンシャインマラソンの公式プレイベントにも協力団体として入らせていただきますし、いろんな人と繋がって大きな取り組みにしていきたいです。


―――このインタビューを通じて筆者が感じたのは「ウェルビーイング」という言葉でした。
「身体的にも精神的にも社会的にも満たされている状態」を意味する、この言葉。
まさに、新妻さんはフルマラソンを走り続けることで体や心を満たし、そして「ごみ拾い」を通じて海の環境課題解決にも貢献しています。
「ウェルビーイング」を自然体でいく・それが新妻慎也さんです。
2月6日、そんな新妻さんが代表を務める「いわきサンシャイン拾活クラブ」の協力のもと、
いわきサンシャインマラソン開催記念プレイベント「クリーンアップRUN」が開催されます。

走ることや福島のことを大好きな皆さんと一緒に、ゆっくりランニングをしながらサンシャインマラソンの会場になるアクアマリンパークをきれいにします。
ウォーキングコースも設定しますので、いわきのさわやかな海風を感じながらみんなでごみ拾いせんか?

いわきから海のごみゼロへ!
参加をお待ちしています。

https://www.fct.co.jp/umi/20220206/

ふくしま海ごみ削減プロジェクト事務局・岡義秀
全文を読む
すべて
#女性活躍
#SDGs
#バンクシーって誰?展
#オンライン特別授業
#日本酒
#Chu!PRESS編集部
#スイーツ
#グルメ
#にゃん旅鉄道
#いわき市
#文具女子
#風とロック芋煮会
#相馬野馬追
#ドローン
#ブンケン
#蕎麦
#ヘルシー
#神獣ベコたち
#ガシャポン
#張子
#会津鉄道
#子育て
#フラのまち
#新名物
#サクマ&ピース
#サクピー
#中テレアプリ
#福島の桜
#富岡町
#三春滝桜
#カフェ
#復興
#起業支援
##SDGs
##いわき市
#狛犬
#福島の桃
#いなかといいなか交流ツアー
#就職活動
#ラーメン
#いわきサンシャインマラソン
#海ごみ削減プロジェクト
#常磐もの
#ミデッテ
#イチゴ
#海の幸
#相馬市観光
#舞妓
#京都
#大京都展
#クリスマス
#いなか暮らし
#体験交流
#旅
#中テレクリスマスドリーム
#やなせたかしの世界
#佐久間宣行
#アルコ&ピース平子祐希
#ふくしま麺フェア
#まるや
#きぼう
#イベント
##Chu!PRESS編集部
#高校サッカー
#ChuTube
#岡田
#伝統野菜
#バスケットボール
#福島ファイヤーボンズ
#歌唱王
#こおりやま街の学校
#オンライン
#ドラマ
#映画
#郡山ブラック
#ミネアポリス美術館日本絵画の名品展
#YouTube
#オリンピック
##スイーツ
#野球
#ドライブインシアター
#ゴジてれ
#tuperatuperaのかおてん.
#桃
#驚き
#癒し
#会社見学
#防災
#豪雨
#特産
#UFO
#ゴルフ
#スタジオジブリ
#ナウシカ
#ガンダム
#BBQ
#おうち時間
#かわいい
#ダンロップ・スリクソン福島オープン
#豪雨災害
#Chuリズム
#新型コロナ
#妖怪
#クマ
#意外
#デリバリー
#梅雨
#カビ対策
#サウナ
#冷やしグルメ
#潮干狩り
#名物
#お取り寄せ
#高校生クイズ
#テイクアウト
#専門店
おすすめ情報
>