総勢400人超が参加!「秋の海ごみゼロウィーク」で福島県内一斉清掃活動レポート|ふくしま海ごみ削減プロジェクト|Chu! PRESS|福島中央テレビ
NOW
ON AIR

Chu! PRESS

2021.10.08

総勢400人超が参加!「秋の海ごみゼロウィーク」で福島県内一斉清掃活動レポート|ふくしま海ごみ削減プロジェクト

#SDGs
総勢400人超が参加!「秋の海ごみゼロウィーク」で福島県内一斉清掃活動レポート|ふくしま海ごみ削減プロジェクト

「学校の学習の中で温暖化が進み地球規模で自然災害が頻発していることを学びました。また、海洋汚染で海の生き物が苦しんでいることも知りました。でも、その問題を解決するために実際に活動する機会は少なく感じていました。そうした中で今回の一斉清掃活動で、実際に海に散乱したごみを目の当たりにし、動き出すきっかけになりました。」

今回の活動に初めて参加したある高校生が話していたことです。その人は、前回の一斉清掃活動に参加した会社員の父親に声をかけられ、一緒に参加したそうです。

この秋の「海ごみゼロウィーク」は、新型コロナの影響で参加人数が例年より少なくなりましたが、一歩一歩、ごみ拾いの輪は広がっています。

さて、今回のレポートです。
日本財団と環境省が共同で推進する「秋の海ごみゼロウィーク」の全国一斉清掃キャンペーン。、福島県でも9月26日に福島市・郡山市・いわき市・会津若松市・南相馬市の5か所で一斉清掃が行われました。感染防止対策のため参加人数規模を考慮した開催となりましたが、感染防止対策を徹底しながら総勢447人が参加しました。以下のページでは、活動ポイントごとのレポートをお届けします。

「ふくしま海ごみ削減プロジェクト」事務局・福島中央テレビ
 

「秋の海ごみゼロウィーク」とは?
「秋の海ごみゼロウィーク」とは?
9月18日からを強化期間として、海のためにできることを身近なところから始めようと全国一斉に行われる清掃キャンペーンです。日本財団と環境省が共同で「海ごみゼロ」を合言葉に一斉清掃活動を推進していて、全国各地の自治体・企業・団体などが事務局となり参加者の輪を広げています。
https://uminohi.jp/umigomi/zeroweek/
おすすめ情報