Tokyo 2020 Olympics in Fukushima ~Foreign Media’s view of Fukushima~ 【動画付き英語ニュース】|Chu! PRESS|福島中央テレビ
NOW
ON AIR

Chu! PRESS

2021.08.19

Tokyo 2020 Olympics in Fukushima ~Foreign Media’s view of Fukushima~ 【動画付き英語ニュース】

#オリンピック
Tokyo 2020 Olympics in Fukushima ~Foreign Media’s view of Fukushima~ 【動画付き英語ニュース】
Tokyo 2020 Olympics in Fukushima 

~Foreign Media’s view of Fukushima~
Although the general public from overseas were not able to visit and watch the Tokyo Olympics, members of foreign media were able to visit the venues. 
One such member is Dennis Boxhoorn, a Dutch newspaper journalist. He came to Fukushima not only for the games, but also to see the current state of Fukushima, 10 years on from the Great East Japan Earthquake.
He talked with staff in a local fruit shop, and then tried Fukushima's specialty, peaches.
〇Dennis Boxhoorn, Dutch newspaper journalist 
"Fantastic!"
"If people say it’s safe, I trust them."

(What was your image of Fukushima before you came here?)
"Radioactive. It may be rough to say."
(The nuclear accident occurred 10 years ago, but do you think Fukushima’s global image hasn’t been updated?)
“One afternoon spending here, I have not thought that’s in danger even one second. You need to know things before you judge”

Dennis wrote an article in Dutch explaining that Fukushima's agricultural products are scientifically safe, and that there are no concerns regarding radiation levels in general.
Even though some have said that the message of Reconstruction Olympics has faded, we are extremely grateful to Dennis for visiting Fukushima. And in that spirit, I would like to continue to tell the rest of the world about the current state of Fukushima.

【動画 movie】



(日本語訳)
~海外メディアの見た福島~
海外から観戦に訪れることが出来なくなった東京オリンピック、一方で、開催地を訪れることができたのは、海外のメディア関係者です。

その一人、オランダの新聞記者、デニス・ボックスホーンさん。震災後10年の歩みを見たいと福島を取材しました。
地元のお店の方の話も聞いたあと、福島名産の桃を食べます。

〇デニス・ボックスホーンさん オランダ人新聞記者
「ファンタスティック!安全だと聞いて僕はそれを信じる」
(Q来る前は福島にどんな印象を持っていましたか)
「放射能。乱暴な言い方かもしれないけれど」
(Q原発事故は10年前に起きましたが、福島の情報は更新されていないのですか)
「きょうここで過ごして危ない場所だと感じたことは1秒もない。決めつける前に、知ることが必要だね」

デニスさんは、オランダ語で福島の食品が科学的に安全であることや空間放射線量が日常生活に心配のないことを発信してくれました。
復興五輪の意義が薄れているという見方もある中で、福島を訪れてくれた、デニスさん、ありがとうございました。私も福島の今日の姿を地道に発信し続けたいと思います。
 
おすすめ情報