「食べる事の楽しさを感じてほしい…」そんな思いで設置された自販機とは?|Chu! PRESS|福島中央テレビ
NOW
ON AIR

Chu! PRESS

2021.08.16

「食べる事の楽しさを感じてほしい…」そんな思いで設置された自販機とは?

##スイーツ
「食べる事の楽しさを感じてほしい…」そんな思いで設置された自販機とは?
南会津町に7月に設置されたというこちらの自動販売機。
売られているのが…

クッキーやチーズケーキ、フルーツシフォンサンドなどのスイーツです。
利用する客からは、「子供も安心して食べられる優しい甘さと、子どもが安心して食べられるところ」という反応が。

一体、何が安心なのか?

この自販機で売られているお菓子を製造するのは、菓子工房Sucreの江黒由佳さん。

「子どもが生後6か月で小麦粉のアレルギーとわかり、除去食をしていた。そんな経験もあってできるだけ多くの子どもたちに『食べること』を楽しんでもらいたいと、小麦アレルギーに悩む人たちでも安心して食べられるお菓子作りを考えました。」と話す。

この自販機で販売されていたのは、食物アレルギーの人でも安心して食べられる「米粉」で作られたグルテンフリーのスイーツでした。
 
江黒さんの娘の佳穂ちゃんが生まれた9年前、小麦アレルギーの人のために作られた食べ物はまだ少なく、ピザのチーズの代わりに酒粕を使うなど工夫を凝らして家族で食事を続けてきました。
試行錯誤の末にたどり着いた食材がコメを砕いた「米粉」。

江黒さんは、「やっぱり日本人というのと、周りでお米を作っている人がいるので、お米は食べなれた物ということもあり…最終的に米粉に落ち着きました」と話す。

江黒さんの作る米粉スイーツはその美味しさもあってたちまち評判に!

さらに「いつでも、誰でも食べることを楽しんでほしい!」と自販機での販売を始めました。
子どもたちに笑顔を届ける米粉スイーツ専門の自販機。

販売状況は菓子工房SucreのSNSなどで確認出来ます。
 
おすすめ情報