Tokyo 2020 Olympics in Fukushima ~Original Torch Bearing Event~【動画付き英語ニュース】|Chu! PRESS|福島中央テレビ
NOW
ON AIR

Chu! PRESS

2021.08.13

Tokyo 2020 Olympics in Fukushima ~Original Torch Bearing Event~【動画付き英語ニュース】

#オリンピック
Tokyo 2020 Olympics in Fukushima ~Original Torch Bearing Event~【動画付き英語ニュース】
Tokyo 2020 Olympics in Fukushima

~Original Torch Bearing Event~
At the J-Village, the national soccer training center in Fukushima Prefecture, an original torch bearing was held on the day of the opening ceremony of the Tokyo Olympics.
Actually, this is the place where the torch relay started in March this year. Although the flame was not lit, 20 students ranging from junior high to college-age ran passing a genuine torch.
Yumiko Nishimoto, who ran as one of the torchbearers, planned the event.
〇Yumiko Nishimoto, Torchbearer in Fukushima
"Although the meaning of the Reconstruction Olympics may be fading, we believe in it until the end of the Tokyo Olympics."
The Tokyo Olympics were aimed to illustrate Fukushima’s recovery after the Great East Japan Earthquake, and the resulting nuclear accident, to the world.
Due to the spread of COVID-19, the sense of the Reconstruction Olympics has become blurred but they showed how far Fukushima has come.
〇Sora Watanabe, Futaba Mirai High School
"I ran with the feeling that I would send a smile from my hometown to the whole country."


【動画 movie】



【視聴用URL https://youtu.be/KhWqylw7wmY

(日本語訳)
~オリジナル聖火リレー~
 福島県のサッカーナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」では、東京オリンピック開会式にあわせ、記念の聖火リレーが行われました。
実はここは、今年3月に聖火リレーが出発した場所。火は灯していませんが、中学生から大学生20人が、トーチを手にして走りました。
 こちらは、イベントを企画した西本由美子さんです。
〇聖火ランナー 西本由美子さん
「世間では復興五輪って薄れているけど私達や私たちの仲間や子供たちはずっとこの東京オリンピックが終わるまでは『復興五輪』というのがあると思っています」
  東日本大震災と原発事故からの復興を世界に発信する狙いもあった東京オリンピック。
新型コロナウイルスの感染拡大で、復興五輪の色合いがかすむ中、前を向いて歩く被災地=福島をアピールしました。
〇ふたば未来学園・高校3年生 渡辺空さん
「自分の地元から笑顔を全国的に発信していくという気持ちで走りました」
 
おすすめ情報