NOW
ON AIR

Chu! PRESS

2021.07.22

車に乗ったまま映画の世界へ飛び込める?!ドライブインシアターって何?

#ドライブインシアター
車に乗ったまま映画の世界へ飛び込める?!ドライブインシアターって何?
梅雨も明けて、いよいよ夏がやってきました。
皆さんはどんな夏を過ごしますか?

いつもの夏だったら、お祭りへ行って金魚すくいをしたり、夜空を彩る花火の迫力とその轟きに感嘆の声をもらしたり、浜辺で遊ぶ人たちを眺めながらパラソルの下で昼寝をしたり。私は夏が来たと思うだけで、ドキドキとワクワクで鼓動が早くなるような気がします。

しかし残念なことに、新型コロナウイルスの影響でそういった「THE 夏」のエンターテインメントが、今年も少なくなってしまいました。

そんな中、昨年からコロナ禍でも安心して楽しむことが出来ると全国各地で話題のエンターテインメントがあります。 大きなスクリーンの前に自分の車を停めて、カーラジオで音声を聴きながら映画を鑑賞する「ドライブ・イン・シアター」です。



まずアメリカで1950―60年代に流行し、その後日本でもバブルの頃に人気だったとか。
私の隣の席に座っていた先輩(50代)が「これ本当に懐かしい」と目を輝かせていたのを今でも鮮明に覚えています。

いったいどんなイベントなのでしょうか。

昨年、福島県内で行われた中テレドライブ・イン・シアターを体験したChu!PRESS編集部 かなごんが、皆様にその魅力をご紹介いたします。

 

●魅力その1「どんなに笑っても、どんなに泣いても大丈夫」

私が人生で初めて泣いた映画は「私は貝になりたい」でした。
上映されていた頃、私は中学生で、(勿論素敵な映画でしたが)「映画を観て泣いている自分」がなんだか妙に恥ずかしくなってしまい、涙を流さないようにずっと上を向いていて、結局大事なシーンはにじんだ天井を見つめていた記憶があります。

映画館だと、そんな風に周囲の目を気にして、泣いたり笑ったりすることを我慢してしまうという方も多いのではないでしょうか。



ドライブ・イン・シアターは、自分の車で入場可能、気心の知れた家族や友達との完全プライベート空間で映画を楽しむことが出来ます。泣いたり笑ったりすることは勿論、映画を観ながら気兼ねなく話したり、ボリボリ大きな音を立てながらポップコーンを食べることだって出来てしまいます。

ちなみに、中テレドライブ・イン・シアターは食べ物の持ち込みが自由でした。皆さんのお気に入りの食べ物をテイクアウトして、ぜひ、アメリカ映画のワンシーンのようなひとときをお楽しみください。
(ちなみに個人的にドライブ・イン・シアターへ持っていきたいのはやっぱりハンバーガーとポテトとサイダーです。おしゃれなバスケットに入れて持っていきたいです。)

 

●魅力その2「日没と共に浮かび上がる大きなスクリーン」



ドライブ・イン・シアターが始まるのは夜。多くの人が鑑賞できるように、広い屋外の駐車場が会場になっています。

会場では、17時ころに入場が始まり、19時30分ころから上映が始まりました。オレンジ色に染まった空が次第に闇に包まれていくと同時に、スクリーンの光が煌々と輝き始めます。 映画館へ行って、上映が始まる前にチケットを握りしめながら胸を高鳴らせるあの感覚が、ドライブ・イン・シアターだととてもゆっくりと、ジワジワと訪れるような気がします。
見知らぬ人と一緒に同じエンターテインメントを待ちわびる、体験した人にしかわからない「待つ」楽しさを、ぜひ皆様にも味わっていただきたいです。

 

●魅力その3「カーラジオから飛び出てくる臨場感溢れるサウンド」

ドライブ・イン・シアターは、FMで音声を流し、それぞれの車で指定された周波数に設定します。昨年の中テレドライブ・イン・シアターでは、設定方法がわからない、という方はハザードランプを付けるとスタッフが対応してくれました。



私は元々、カーラジオの音で十分に楽しめるのだろうかと不安に思っていましたが、実際に体験するとその不安は一蹴されました。思いのほかクリアで、さらに車特有の包まれるようなサウンドが映画の世界観に絶妙にマッチし、夢中になって鑑賞することが出来ました。

 

●魅力その4「安心!安全!ソーシャルディスタンス」




中テレドライブ・イン・シアターでは、周囲の人との距離を保ちながら楽しむことが出来ました。
直接スタッフと接するのはチケットのもぎりのみ。車内ではマスクを外すことが出来るのも嬉しいポイントですよね。
 

ここまでドライブ・イン・シアターの魅力についてご紹介してまいりましたが、昨年私が体験した中テレドライブ・イン・シアターが今年も福島で開催されるそうです。そこで、プロデューサーの小倉さんにこのイベントにかける想いを聞いてみました。

小倉プロデューサー
「昨年はコロナの影響でイベントが出来なかったけれど、福島を盛り上げたいという一心で地元の企業さんや設営業者のみなさんと手作りでドライブ・イン・シアターを開催しました。

有難いことに多くのお客様からとても楽しかった、また行きたいとの声をいただきました。そのため今年はさらにバージョンアップして、このイベントを再び開催する運びとなりました。
また今回は感謝の気持ちを込め、医療従事者の方もご招待しています。
新型コロナウイルスの影響で楽しみが減ってしまった今でも、皆様に楽しさと感動を届けることが出来たら嬉しいです。」
 

夏を彩る、懐かしくて新しいスペシャルなエンターテインメント、ドライブ・イン・シアター
中テレドライブ・イン・シアターは福島空港で8/6-11まで開催予定。イベントの詳細は公式Webページでご覧ください。


Chu!PRESS編集部 かなごん
おすすめ情報