NOW
ON AIR

福島中央テレビニュース

2022.06.24(金) 11:42

「殺そうと思って刺した」弟殺意認める供述 郡山市で23日に起きた事件 警察は容疑を殺人に切り替えて容疑者の弟を送検

6月23日、郡山市のアパートで起きた殺人未遂事件で、容疑者の男は「兄を殺そうと思って刺した」と供述していることがわかった。

この事件は、23日午前1時ごろ、郡山市桑野の無職・鎌瀬重則容疑者(59)が、アパートで同居する兄・喜好さん(63)の首をナイフで刺し殺害しようとした疑いで、兄は搬送先の病院で亡くなった。

鎌瀬容疑者は、犯行後自ら110番通報し殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。

その後の捜査で、鎌瀬容疑者は被害者に対する不満があり「殺そうと思って刺した」と殺意を認める供述をしていることがわかった。

警察は先ほど容疑を「殺人」に切り替えて鎌瀬容疑者を送検し、さらに詳しく調べる方針。
全文を読む
おすすめ情報
>