FUKUSHIMA KAWAII KOGEI

FUKUSHIMA KAWAII KOGEI

福島から、KAWAII KOGEIを、世界へ―。

赤べこ、会津漆器、会津本郷焼、会津木綿、川俣シルク、白河だるま、三春張子、
そして2011年に東日本大震災による原発事故で大きな影響を受けた大堀相馬焼―。

福島は、数百年の歴史を持つ伝統工芸品の宝庫です。

FUKUSHIMA KAWAII KOGEIは、
その伝統を継承してきた福島の工芸家たちが、
KAWAIIをテーマに新商品にチャレンジします。

KAWAII文化の第一人者である増田セバスチャンが監修する、
ワクワク、ドキドキが止まらない革新的な逸品を生み出すプロジェクト。

そして2024年7月、
フランス・パリで開催されるJAPAN EXPOで展示販売します。

出展者

① EQmade/小野寺江美

しめ縄

自然や季節と共に日々を送る。それは当たり前の事のようでいて、意識しなければできない慌しい現代。EQmadeは、そんな日々の中でも、ふと自然を感じられる様な植物モチーフのインテリア作品を作っています。

① EQmade/小野寺江美

しめ縄

② TESORO.accessory

会津本郷焼

会津本郷焼の約100年前のカケラ「じゃらんかけ」。今も土の中で眠っているカケラ達が、器を修復する昔ながらの技法「金継ぎ」を用いてカケラ同士を繋ぎ合わせ、一点物のアクセサリーに生まれ変わりました。

② TESORO.accessory

会津本郷焼

WEB

③ 大堀相馬焼 錨屋窯

大堀相馬焼

浪江町で13代目続いた窯主。震災後、白河市に移転し新しい土地で作陶を再開しました。大量生産ではない大堀相馬焼の魅力を伝えるために、県外や若い人のインターンを受け入れ伝統技術が途切れないよう伝播する役目を自ら担っています。

③ 大堀相馬焼 錨屋窯

大堀相馬焼

④ 漆と木工房温

木工/漆芸

福島県の山側にある工房で、温かみのある漆器作りを生業にしています。夏になると山に入って漆を採り、学校の給食椀を塗ったりもしています。使う方への優しさを心がけ、使っていて良いなと思える物づくりを大切に、心がけています。

④ 漆と木工房温

木工/漆芸

⑤ 神楽工房はしもと / 篤~Toku~

漆器

伝統的なお祭りに使用されるお面の製造と修復をしている神楽工房はしもとです。

TOKUは革製品のブランドです。

漆と金箔を使用した伝統的な技法で用いてモダンでスタイリッシュなデザインの革製品を製造しています。

⑤ 神楽工房はしもと/ 篤~Toku~

漆器

⑥ 久保木畳店

畳小物

1740年創業の畳専門ブランドです。日本伝統の畳が持つ落ち着きや温もりを皆さまにお伝えできるよう、様々な形の畳作りを行っています。

⑥ 久保木畳店

畳小物

⑦ 白河だるま総本舗

白河だるま

約 300 年前から福島県白河市で作られ、人々に愛され続けてきた白河だるま。手作りの"縁起物" はひとつひとつ表情が違います。どうぞお手にとってご覧ください。

⑦ 白河だるま総本舗

白河だるま

⑧ 齋栄織物株式会社 / SAIEI SILK

川俣シルク

世界で最も薄い絹織物「Fairy Feather 妖精の羽」(2012年3月誕生)の織元。川俣地域で古くから培われてきた薄地織物技術を継承しつつ、最先端絹織物開発に挑み続け、欧州ラグジュアリーブランド向け高付加価値生地輸出も行っています。2012年に自社ブランドSAIEI SILKを設立し、シルク服飾雑貨の企画製造販売を開始しました。

⑧ 齋栄織物株式会社 / SAIEI SILK

川俣シルク

⑨ 関美工堂

会津漆器

漆は環境に優しい持続可能な天然塗料で原料は漆木の樹液。日本では1万年以上前から使われています。『NODATE』は、野山のフィールドやキャンプシーンでカジュアルに使える道具として2010年に誕生しました。

⑨ 関美工堂

会津漆器

⑩ デコ屋敷大黒屋

三春駒

福島県郡山市にあるデコ屋敷という張り子工房集落があります。そこは300年の伝統があります。

私どもの本家大黒屋は、手作りの伝統を糧に、新しい張り子づくりにも挑戦し、地元の人を中心に親しまれています。

⑩ デコ屋敷大黒屋

三春駒

⑪大堀相馬焼 陶吉郎窯

大堀相馬焼

陶吉郎窯10代目。日展入選、LEXUSプロジェクトなどで幅広く活動しています。東日本大震災後、いわき市で再開し、2024年には浪江町にも帰還をしつつ、2拠点で作品制作を続けています。

⑪ 大堀相馬焼 陶吉郎窯

大堀相馬焼

⑫ ㈱布分

会津漆器

布分は、東北地方にある城下町、会津若松市で四代にわたり会津漆器を作り、多くのお客様へお届けしてきた老舗です。 会津漆器は、1590 年から産業として栄えており、日本三大漆器に位置付けられています。布分は、優れた職人たちと伝統の技を継承し美の世界へ挑戦を続けます。

⑫ ㈱布分

会津漆器

⑬ はらっぱ

会津木綿

HARAPPAは明治32年創業の木綿平織りの堅牢な伝統生地「会津木綿」の織元「原山織物工場」を引き継いだ「糸染め」「機織り」「縫製」までを一貫して行うファクトリーブランドです。

福島県の会津地方で400年間庶民の生活に欠かせなかった会津木綿を、これからの未来でも愛されるように、より実用的で魅力的な商品展開を心がけております。

⑬ はらっぱ

会津木綿

⑭ 大堀相馬焼 松永窯

大堀相馬焼

1910年創業。震災後は西郷村に工房を移転し、地域と連携しながら次の100年へと文化を継承すべく努力を重ねています。

⑭ 大堀相馬焼 松永窯

大堀相馬焼

⑮ やないづ張り子工房Hitarito

張り子

「赤べこ伝説発祥の地」と謳われる福島県柳津町で、会津の伝統工芸品である赤べこを主に制作・販売を行っています。

クラシカルな意匠は伝統として、またこの先の時代にも受け入れられる張り子作品を制作をする企業です。

⑮ やないづ張り子工房Hitarito

張り子

クリエイティブアドバイザー増田セバスチャン

1970年生まれ。

1990年代前半より演劇や現代美術に関わり、1995年に表現の場としてのショップ「6%DOKIDOKI」をオープン。現在は東京とニューヨークを拠点に、一貫した独特な色彩感覚からアート、ファッション、エンターテインメントの垣根を越えて作品を制作。 きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MV美術、KAWAII MONSTER CAFEプロデュースなど、世界にKawaii文化が知られるきっかけを作った。世の中に存在する全ての事象をマテリアルとして創造しつづける。2017年度 文化庁文化交流使、2018年度 NYU(ニューヨーク大学)客員研究員、2019年 Newsweek Japan 世界が尊敬する日本人100人。

総合プロデューサー川又 俊明

1975年生まれ。

2000年より15年に渡りTOKYO DESIGN WEEKの主催イベントをはじめ、ミラノ、ロンドン、パリ、N.Yなどの世界有数のデザイン展で、日本デザイン&アートを伝えるプロジェクトをDESIGN ASSOCIATION NPOにて国内外で多数プロデュースしている。

2015年シンクシンク株式会社設立。独立後、LEXUS NEW TAKUMI PROJECTやJETRO TAKUMI NEXT、JAPAN DESIGN WEEKなど、主にクラフト領域を中心に日本全国で地方創生に関わるプロジェクトを積極的に手掛けている。福島県では、2017年から福島県クリエイティブ伝統工芸創出事業のプロデュース、そして県内企業のブランディングにも携わっている。

Japan Expo PARIS 2024
WABISABIエリアに出展します!

動員数25万人を超える世界最大級のジャパンフェスティバル(日本文化の総合博覧会)、「 Japan Expo Paris」。

アニメ・ゲームだけでなく、日本ならではのアートや工芸品、伝統的なパフォーマンス、食、武道など、多彩な日本の文化を丸ごと楽しむことができる一大イベントです。

今回出展するWABI SABI(ワビサビ)エリアは、このJapan Expo Paris内で最大規模、かつ伝統・地域文化部門で唯一の公式パビリオンです。

開催概要

名称
第23回 Japan Expo Paris
会期
2024年7月11日(木)~14日(日)
会場
フランス(パリ)/ノール・ヴィルパント展示会場
エリア
WABISABI
主催
SEFA EVENT

中テレふくしまアートエールプロジェクトの
SNSでもご紹介!

FUKUSHIMA KAWAII KOGEIプロジェクトについてゴジてれChu!で放送予定!

このプロジェクトが発足したきっかけや、 Japan Expo PARIS に挑む職人たちが抱く思いをご紹介します。

さらに、パリの会場からの生中継も!

放送予定日

7月5日(金)、7月12日(金)