大野 智子|プロフィール|アナウンスルーム|福島中央テレビ

アナウンスルーム

プロフィール

大野 智子
大野 智子Tomoko Ohno
出身地
茨城県古河市
血液型
B型
趣味
簡単家庭料理、フットサル(サッカー、フットサルではかつて福島県選抜チームでもプレーしました。今も交代自由なフットサルは現役プレーヤーです!)
担当番組
NNNストレイトニュース など

私のふるさと自慢

関東平野のど真ん中、利根川が流れる埼玉県との県境にあって、もうずいぶん前になりますが、全国高校サッカー選手権で地元の高校(古河一)が優勝!今もサッカーの盛んな街です。

自己PR

中テレ女性アナウンサーでは最年長です。若い頃から「度胸」と「運の良さ」にはなぜか自信がありました。プライベートでも1児の母ですが、後輩たちからも「お母さんのような存在」と言われるようになりました。おそらく肝っ玉母さんです(笑)。これまでに中継、スポーツ、スタジオMCなど、楽しい現場をたくさん経験させて頂きました。その経験を今度は後輩たちにつなげたいと、仕事でも、またプライベートでも「育てること」を楽しんでいます。今は、子どもと一緒にホットケーキを作る時間がとても幸せです。

福島県のここがおススメ!

まだ福島県に住んでいなかった中学生の頃、日本テレビで「白虎隊」のドラマを見て、両親に「行ってみたい!」とお願いして会津を訪れて以来、会津を旅するのが好きです。飯盛山、日新館など白虎隊の史跡をめぐる旅は趣があります。鶴ヶ城の城下町をぶらりと歩くのも良いですね。春は喜多方の日中線のしだれ桜並木も最高!桜と言えば、北塩原村の桜峠も幻想的で心が洗われます。初夏の裏磐梯の五色沼湖沼群散策も気持ちがいいです。
もちろん、中通りにも福島市の花見山、浜通りにもアクアマリンふくしまなど、福島県には素敵なスポットがまだまだ盛りだくさんです!

アナウンサーになった理由

「アナウンサーになろう」と思ったのは、大学3年の時、就職するなら変化に富んで刺激的な毎日送れる仕事と、思いついたのがアナウンサーだった。

メッセージ

振り返れば、就職でやってきた福島県が人生の半分以上過ごした場所になりました。福島で結婚し、子どもを持ち、これからも自分が暮らす場所であり、子どもが育つ場所になりました。福島県が大好きです。どこかで会ったら気軽に声を掛けて下さい!