番組ができるまで
ここが「番組制作スタッフ」です 番組制作スタッフのうら話
ニュースができるまで
ニュース制作スタッフ ニュース制作スタッフのうら話
テレビ局のセクションと機材
アナウンサーになるには
FCTを見学するには 訪問記録(ゲストブック)
ズームイン!!FCT 表紙へ
ズームイン!!FCT
リモコン
 

+++++++++スタッフ+++++++++

プロデューサー ディレクター テクニカルディレクター スイッチャー
ビデオエンジニア カメラマン 音声・ミキサー 美術
照明 中継スタッフ タイムキーパー  

 スイッチャー (Switcher)
  • スイッチャーは、何台ものカメラや、中継現場(ちゅうけいげんば)からの映像(えいぞう)、VTRなどを、ディレクターの演出意図(えんしゅついと)にそって切り替(きりか)え、一つのテレビ画面として完成(かんせい)させる仕事をします。

  • スイッチャー
  • 切り替える作業を「スイッチングをする」と言っています。
  • スイッチングには、映像効果(えいぞうこう か)を使うことが多く、「ディゾルブ」「ワイプ」「フェイドアウト」「フェイドイン」など、いろいろな効果(こう か)とその用語があります。
  • また、字幕(じ まく)を画面にかぶせたり、合成画面(ごうせいがめん)を作ったり、番組進行中は大忙(おおいそが)しです。
  • ディレクターが考えていることの先を読む能力(のうりょく)や、番組進行中に起きる、どのような事態(じ たい)にも対処(たいしょ)できる冷静(れいせい)さも必要です。
  • テクニカルディレクター(TD)がかねることもあります。
    スイッチャーのうら話


『ディゾルブ』『ワイプ』『フェイドアウト・イン』ってなに?

『ディゾルブ = dissolve』とは、「()かす」「()ける」といった意味で、テレビでは画面をダブらせながら変えることをいいます。前の画面が一瞬(いっしゅん )で次の画面に変わるのではなく、前の画面を残しながらだんだんと次の画面が出てきて場面転換(ばめんてんかん )をする効果(こう か)です。「ディゾります」「ディゾってください」などという言い方をします。
『ワイプ = wipe』とは、「ふき取る」「ぬぐう」などという意味で、テレビでは画面の横からや、たて、ななめ、丸、格子(こう し)などのいろいろな効果で、画面をぬぐうように場面転換をすることをいいます。画面の上に、四角や丸などの(まど)のような形で、別な画面を出すこともいいます。
『フェイドアウト = fade out』とは、画面がだんだん暗くなって次の画面に変わる効果のことです。白などの画面にすることもあります。「フェイドイン = fade in」はその(ぎゃく )で、だんだん画面が出てくることです。音の場合にも使います。

 

テクニカルディレクターへ ビデオエンジニアへ
 
説明
FCT福島中央テレビ ホームページへ
ご意見・ご感想
copyright