番組ができるまで
番組制作スタッフ 番組制作スタッフのうら話
ニュースができるまで
ニュース制作スタッフ ニュース制作スタッフのうら話
ここが「セクションと機材」です
アナウンサーになるには
FCTを見学するには 訪問記録(ゲストブック)
ズームイン!!FCT 表紙へ
ズームイン!!FCT
リモコン
 
| セクション | 機材 |

+++++++セクション+++++++

主調整室 スタジオ 副調整室 送信所
ニュースセンター ライブラリー 編成 営業

主調整室
 マスター (マスターコントロールルーム)
  • 主調整室は、マスターコントロールルームとも()ばれ、マスターと省略(しょうりゃく)されたりもします。放送局の心臓部(しんぞうぶ)です。

  • 主調整室
  • 日本テレビから送られてくる番組や、FCTのスタジオで作られた番組など、すべての番組がここに集められ、完全な状態(じょうたい)に仕上げられて放送されます。
  • 一日の番組の順番や、コマーシャルの順番、時間などにミスがないように、自動番組運行装置(じどう ばんぐみうんこうそう ち)(APS、またはAPC)と()ばれるコンピューターで動いています。
  • すべての映像(えいぞう)をチェックしているため、(かべ)にはたくさんのモニターが設置(せっ ち)されています。
  • 一秒の誤差(ごさ)もない時計もあり、その時計を基準(きじゅん)に番組が放送されます。
  • 万が一停電した時も、自家発電装置(じかはつでんそうち)が作動して放送が止まらないようになっています。
 

「美術・CG」うら話へ スタジオへ

| セクション | 機材 |
 
説明
FCT福島中央テレビ ホームページへ
ご意見・ご感想
copyright