FCTのニュース

ヘッドライン

2018年7月13日 12:08

西日本豪雨被災地 郡山市からも保健師派遣

写真

西日本豪雨の被災地に向けて、郡山市からも保健師が派遣される。
岡山県の倉敷市に来週から派遣されるのは、郡山市の保健師2人。
県の保健師らと5人1組の支援チームを組み、被災者の健康相談に応じ、避難所の感染症予防などにあたる。
*郡山市中田行政センター保健師・山田てるみさん
「毎日暑い中、過ごされていると思うので、特に高齢者の方でしたり小さいお子さんは大変だと思います。熱中症予防も含めて支援の方に務めてまいりたい」
今後も、県と郡山市のほか、福島市といわき市も保健師の派遣を予定している。