食べて応援!国産の恵みを味わいながら
「食べる」ことについて考えよう!

ふくしま食育推進プロジェクト ふくしま食育推進プロジェクト

ふくしま食育推進プロジェクト
とは?

新型コロナウィルス感染拡大に伴う海外旅行者の激減、シンポジウムやセレモニー等各種イベントの中止や外での食事自粛の影響を受け、今まで、海外旅行者をはじめ、多くの人を喜ばせていた国内農林水産物等の需要が蒸発。在庫が積み上がり、価格下落の影響を受け、生産者は大きな損害を受けています。農林水産業を担う生産者の経営基盤を守るためには、国産食材の消費拡大、つまり「食べて生産者を応援」することが求められます。

福島県内の重要産業である農林水産業を応援するために取り組むのが「ふくしま食育推進プロジェクト」です。

プロジェクトでは福島県内産の牛肉、果物を中心に国内農水産物を県内のこども食堂をはじめ幼稚園に提供し、「国産の恵み」を味わってもらうとともに、「食について考える」食育の機会を創造します。

事業を通じて、生産者を応援するとともに、健康で健やかな体づくりの大切と国内の農林水産業の重要性をこども達に伝えます。

ふくしま食育推進プロジェクト
実施内容

  • 福島県産の牛肉を中心にこども達が国産の農・水産物の恵みを体感できるメニューを開発し、福島県内のこども食堂及び幼稚園へ食材を提供します。
  • 食材提供ともに、食育事業を実施。福島県栄養士会の協力のもと、講師を派遣して食育知識の向上を目指します。

当該事業に興味をもち、詳細をお知りになりたい場合、下記までお問い合わせください。

<お問い合わせ>
福島中央テレビ 東京支社
ふくしま食育推進プロジェクト事務局
担当:伊藤伸輔
電話:03-3543-3300
メール:itoh.s@fct.jp

食育事業の実施例

出典:文部科学省 小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」(平成28年2月)
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/eiyou/syokuseikatsu.htm

①みんなで食事について考えよう!

新型コロナの影響で様々な影響がでています。外出の自粛、マスクをした生活、遠くに住む親せきに会えない…みんな不自由な生活を強いられています。困っているのは私たちだけではありません。普段食べているお肉、魚、果物、を作ってくれる生産者の皆さんも、せっかく作った食材が売れなくなり、とても困っています。「食べて生産者を応援」するとともに、こんな世の中だからこそ、みんなで食事について考えていきましょう!

文部科学省 小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」

文部科学省 小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」(平成28年2月)
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/eiyou/syokuseikatsu.htm)を加工して作成

料理が出てくるまでにはいろいろな人(生産者・料理を作ってくれる人)が一生懸命働いてくれているよ。食べもの(米・野菜・魚・動物)にはみんな命があるよ。食べ物と料理をつくってくれた人に「いただきます」と心をこめて言ってみよう!
文部科学省 小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」

文部科学省 小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」(平成28年2月)
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/eiyou/syokuseikatsu.htm)を加工して作成

文部科学省 小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」

文部科学省 小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」(平成28年2月)
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/eiyou/syokuseikatsu.htm)を加工して作成

今日をきっかけに、家庭でも「食べること」について話し合ってみよう!

②生活習慣について考えよう!

新型コロナの影響で様々な影響がでています。外出の自粛、マスクをした生活、遠くに住む親せきに会えない…みんな不自由な生活を強いられています。今こそ、普段の生活をみつめなおしてみましょう。健康な体は規則正しい生活から。ウィルスに負けない、元気な体を作りましょう!

自分の生活リズムを調べてみよう
文部科学省 小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」

文部科学省 小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」(平成28年2月)
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/eiyou/syokuseikatsu.htm)を加工して作成

朝起きてからねるまでの間、ほぼ決まった生活の仕方ができています。これを「生活リズム」といいます。あなたの生活リズムはどうなっていますか?
元気な体に必要な食事

元気にすごすために、ごはん(主食)・おかず(主菜)・みそ汁や野菜(副菜)をバランスよく食べよう!

主食

ごはんやパン、うどんなど。体を動かすときの力(エネルギー)のもとになります。ごはんをいっぱい食べよう!

主菜

肉や魚とうふなど。体をつくるもとになります。肉や魚といっしょに野菜もバランスよく食べようね。

副菜

野菜は体の調子をととのえます。朝ごはん・昼ごはん・夜ごはん、少しでもいいから必ず野菜は食べよう!

きのうのおうちのごはんはどうだったかな?「すき・きらい」しないで、なんでもバランスよくたべて元気な体を作ろう!

③ふくしまの食について考えよう!

ふくしま県にはおいしい食材がたくさんあります。また、全国でもその地域でしか生産できないもの、その地域の特有の食べ方があります。これを「地域の食文化」といいます。ふくしま県で生産される食材、そして食べ方を調べてみよう!

地域に伝わる行事食を調べてみよう
文部科学省 小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」

文部科学省 小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」(平成28年2月)
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/eiyou/syokuseikatsu.htm)を加工して作成

お正月に食べるお雑煮。みんなはどんな食べ方をしているかな?日本全国、いろいろな食べ方があるのがわかるね!
ふくしまのおいしい食材

ふくしまの美味しい食材を知っていますか?産地を意識することで、地域のことや地域の自然・食文化の理解を深め、食べ物に感謝の気持ちをもつきっかけにしよう!

もも桃 ふくしま県は「くだもの王国」です。ふくしまを代表するくだものが桃です。ふくしまの「もも」の出荷量は全国第2位!北海道から九州まで出荷されています!7月から9月までいろんな品種をたべることができます!
キュウリキュウリ ふくしまのキュウリは、夏の出荷量(7~9月)が全国第1位!暑いときに食べると体の中から冷やしてくれます!
福島牛 福島牛(ふくしまぎゅう)は、全国の大きな品評会で立派な賞をたくさんいただくなど、全国に自慢できるお肉です。
ふくしま県にはおいしいものがたくさんあるよ!みんなでふくしま県産を食べて生産者を応援しよう!!


PAGE TOP