リコーダーの女神 オランダより降臨。

リコーダーはほとんどの方が小学校や中学校時代に1度は音楽の授業で吹いたことのある楽器です。

生まれて初めて手にした楽器がリコーダーという子供たちも大勢いるはずですが、その素晴らしさを知ることなく数年後に手放してしまうことがほとんどではないでしょうか。ひとたびリコーダーの女神が息を吹き込めば、生き生きとした音楽の感動と喜びが生まれます。

今、リコーダーを手にしている子どもたちも、遠い昔に吹いた大人たちも彼女の演奏を聴けば、あのリコーダーが!?とその芸術性に驚かれるでしょう。

このたび、オランダより5歳からリコーダーを始め、数々のコンクールで優勝して「リコーダーの天才少女」と名を馳せてきたルーシ・ホルシュを招き、バロック時代の古楽器リュートとのデュオコンサートを開催します。

日時
2020年5月1日(金) 18:30開場/19:00開演
会場
けんしん郡山文化センター 中ホール
主催
福島中央テレビ
共催
福島民友新聞社
後援
オランダ王国大使館・郡山市・郡山市教育委員会・‟音楽都市こおりやま“市民音楽祭参加行事
チケット

全席自由 一般 3,800円 小中高生 無料(要整理券)

※整理券は保護者がチケットお買い求めの際に希望があれば配布します。1人4枚まで。(限定数で終了あり)

※団体は福島中央テレビまで

※未就学児は入場不可

チケット発売日
2月22日(土)発売
プレイガイド
けんしん郡山文化センター・うすい百貨店・ノア楽器・とうほう・みんなの文化センター・セブンイレブン(一般券のみ 小中高生の整理券は福島中央テレビへ)
プログラム内容

ヴィヴァルディ:リコーダーソナタ ト長調RV806

ドビュッシー:シランクス(リコーダー ソロ)

J.Sバッハ:組曲二短調BWV997(ルーシー・.ホルシュ編曲)など 10曲程度

出演者プロフィール

ルーシー・ホルシュ(リコーダー) 20歳

アムステルダム出身。5歳でリコーダーを始め12歳からスヴェーリンク音楽院で W.Vハウヴェ氏に師事。”天才少女”として注目され、17歳でリコーダー奏者として初めてデッカ・クラシックが専属契約を結ぶ。1本のリコーダーとは思えない音楽作りのスケール感や、高度な演奏技術に裏打ちされた豊かな音楽表現は他の追随を許さない。2019年9月ドイツの権威ある音楽賞Opus Klassikをパーヴォ・ヤルヴィ、パユ、ランランらと並び、最年少で受賞。今回が3度目の来日、東京、長崎などで公演。

トーマス・ダンフォード(トーマス・ダンフォード) 31歳

パリ出身。9歳でリュートを始め、パリ国立音楽院で学ぶ。コンクールでの優勝多数。フランス古楽界の大御所、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者を親に持つ。すでにソリストとしてニューヨークのカーネギー・ホールで演奏、ロンドンでは数多くの名門古楽オケとも共演している欧州古楽界注目のライジングスター。

【お問合せ】

福島中央テレビ 事業推進部

TEL:024-924-1100 (月~金 9:30~17:30)

※土日祝日を除く