琉球ガラス村

球ガラスの歴史は、明治の中ごろから始まり、主に生活必需品のランプや薬瓶などが作られていました。

第二次世界大戦後、アメリカ軍が持ち込んだコーラやビールなどの空瓶を利用して、色付きガラス器が作られるようになり、沖縄の伝統工芸として発展しました。材料が豊富になった今では、着色にも様々な技法を取り入れ、その独特な造形美と相まって、生活用品やインテリアなど暮らしの中にとけこむ光の芸術として広く認められています。


琉球ガラス村

縄本島の南部、糸満市にあり、色とりどりのガラス製品や沖縄土産がそろっているほか、琉球ガラスの製作過程を見学したり、体験したりできます。


回の旅行では、初日にガラスコップ作りを体験し、最終日には完成したコップの受け取りとお土産タイムのためにガラス村に立ち寄ります。