おきなわ遊・YOU塾

訪問地マップ

美しい海に囲まれた沖縄 九州南端から台湾までの間に、中国大陸に沿って弧を描くように点在する島々を南西諸島といいます。沖縄県は、この南西諸島の北緯27度から24度に位置する150余りの島々からなり、この海域は青森から東京まですっぽり入ってしまうほどの広さです。 ガラス村

沖縄までの距離

■福島から那覇までの距離・・・約1,700km
■那覇から渡嘉敷島までの距離・・・約40km

亜熱帯海洋性気候

暖かい黒潮の海域から吹き付ける風は、水分を多く含み高温多湿です。夏と冬の寒暖の差が15度と少なく、南風と北風等の季節風が四季の移り変わりを知らせてくれます。 季節風は、昔、他国との貿易船であった帆船の動力として利用されてきました。自在に風を操る先人のたくましさが、琉球文化を生んだと言っても過言ではないでしょう。

平均最高気温

【3月下旬~4月上旬】

■福島市・・・約11度~15度
■那覇市・・・約22度~23度 (福島市の6月中旬頃の気温と同じです。)

ザトウクジラ

1月~4月にかけて、渡嘉敷島の周辺海域にクジラがやってきます。夏は北の海で過ごした後、出産や子育てのために温暖な沖縄の海に戻ってくるのです。

白い波しぶきをあげて回遊する姿は圧巻です。特に2月~3月は体調約15m、体重約30トンの雄大な姿や親子クジラのほほえましい姿を見ることができます。

沖縄県

沖縄県は、人口約140万人で日本の最南西端に位置し沖縄本島を中心として、その周辺には宮古島や石垣島、その他大小さまざまな島々でなりたっています。

沖縄本島は現代的な那覇市、琉球王朝時代の名頃をとどめる古都・首里、沖縄戦の戦跡を残す南部地区、リゾート地として人気を呼ぶ中北部地区、やんばるの低い山並みが続く最北部地区と色分けすることができます。