テレビ局の“裏”計画

福島中央テレビ×YouTube 社内動画部非公認プロジェクト

テレビ局の中にもYouTuberになりたい人がいる…。
番組の枠に囚われずにワクワクするYouTube動画を作りたい…。

第一回 
とりあえずチーム対抗で動画制作対決

働き方改革を推進しながらも、日々様々な仕事を抱えて動き回っている社内のスタッフたち。そんな中、仕事の合間を縫ってでもYouTube動画を作りたそうな人が…。そのメンバーが何となく3つのチームに分かれ、上司には内緒でまずは1本!自由に動画を作ることになりました。果たしてどんな動画ができるのでしょうか…!?他のテレビ局はどうかは分かりませんが、全く再生されないという寒い状況も含めて、このページで動画制作の裏側を晒していこうかなと思います。

チーム紹介

Aチーム 
オタクにだけ見て欲しい動画でもいいですか?

メンバー紹介

  • 菅野かずき(制作部ディレクター)
  • 佐藤りょうすけ(メディアデザイン部所属)
  • 加藤ひろゆき(放送技術部)

コメント

写真の真ん中が、放送技術部の加藤くん。顔出しは恥ずかしいのでキリンのお面です。中テレ随一のオタクです。このチームはその加藤くんのアイディアで動画を作るそうです。1人では難しいので、ゴジてれのディレクターと映画会社勤務経験を持つWEBクリエイターが仲間に加わりました。そんな人材を使って作る動画、再生数伸びなかったらどうするの?

アナウンサーを出演させるというズルさ…

オタク社員の企画ネタの撮影に永井麻葵アナウンサーが協力してくれたそうですが…。パソコンに興味ない人には、何がなんだか分かりません。果たしてこれでどれだけ再生されるのやら…。

12月3日(木) 19:00公開

Bチーム 
テレビ局員だからできること探します!

メンバー紹介

  • 樋口よしゆき(制作部プロデューサー)
  • 栗原たかとし (スポットデスクという仕事)
  • 佐浦ひろき(編成進行部@新人)

コメント

テレビ局を知ってる人にしか分からない、スポットデスクという仕事があります。簡単にいうとテレビCMをどの番組で放送するかを決める人です。その社員が「テレビ局に入社したらやってみたかったこと。」を動画にするらしいです。一応、お目付け役で制作部のプロデューサーがチームに入ってます。企画書をちら見しましたが期待できそうな予感…。

1本目の公開動画は完成しましたが…( ;∀;)

11月中旬に公開予定でしたが、ある重大な問題が発覚し、お蔵入りとなりました。え?マジで?って感じですよね。本当なんです。1本目からこんなんで大丈夫か不安になってきました。

動画はお蔵入りしました。
(こちらのチームは動画を公開することなく解体)

Cチーム 
受賞歴多数のテレビマンがYouTube動画を作ったら

メンバー紹介 チーム対抗だけど独りぼっち

  • 鈴木ヒロノリ(ゴジてれ×Sun!プロデューサー兼営業企画部所属)

コメント

数々の輝かしい受賞歴がある郡山市中田町出身の名プロデューサーですが、YouTube動画はどうなんでしょうね?再生数をみて落ち込む姿しか想像できません。

受賞歴

日本テレビ系列NNS情報番組大賞4年連続受賞
2016年2位「夫婦(めおと)ごはん」
2017年1位「秘湯でヒットソング」
2018年3位「夏の三春滝桜」
2019年2位「金山町のマタギ第三弾」

“動く”タイムラプスというジャンルに挑戦

本人はプロの映像クリエーターが取り組むハイパーラプスに挑戦したつもりでしたが…「単なるコマドリ映像になっちゃいました。」と話してました。三春滝桜を半歩ずつ移動して1周1時間を掛けて撮影。どんな映像なのでしょうか?

12月10日(木) 19:00公開

ちなみに…この非公認プロジェクトはシリーズ化を目指しますが、他のテレビ局のように甘くはない!反響がなければ即終了します!
※非公認=公式には認められていないこと。テレビ局の公式な記録としては残したくないというひ弱な発想に基づいた逃げの文言とも取れます。


PAGE TOP