アナウンサー

アナウンサープロフィール

写真

直川 貴博(のうがわ たかひろ)

生年月日2月28日
出身地和歌山県
血液型O型
趣味体を動かすこと(典型的なスポーツ音痴なのですが…)・飛行機鑑賞・行楽行事
担当番組

日記

直川 貴博アナウンサーのQ&A

Q私のふるさと自慢
方言です。和歌山弁は、語尾に「よ~」がつきます。「○○でよ~、△△でよ~。」と…まるで全員がラッパーになったかのよう。 敬語文化の薄い和歌山では、目上・目下関係なくこの方言が使われているんです。一瞬で相手との距離をゼロにする この方言が、自慢です。本州最南端・南国らしいのんびりとした空気の流れる和歌山に、是非一度いらしてください。
Q自己PR
モットーは『とにかく何でもやってみる!』生粋のアウトドア派、今しかできない旬のシーズンスポーツが趣味なのですが…。筋金入りの運動音痴!何をやってもセンスの欠片もない私ですが、それでもめげない!全力で楽しめる天才です。これからは アナウンサーとして皆さんに“楽しい・嬉しい”をお茶の間にお届けできるよう、何事も体当たりで頑張ります。
Q福島県のここがおススメ!
福島県民1年生、まだまだ右も左も分からぬ新参者です。これからロケや中継で、この広い福島を駆け回ります!県外出身だからこそ見える景色や感動を届けたいです。
Qアナウンサーになった理由
『伝統を伝える仕事がしたい!』とアナウンサーを志しました。幼いころから華道・茶道など、日本の伝統文化を身近に育ちました。若い人にとって馴染みの少ない伝統ですが、そこには歴史や文化に培われた“目に見えない”人々の想いが いっぱい詰まっていることを学びました。それを言葉に変えられる、おもしろいに変えられる仕事がしたいとアナウンサーを目指しました。
Qメッセージ
「福島の皆さんにとって身近な存在になること」これが今の私の大きな大きな目標です!県民の孫のような存在、いや時には弟にも!?県民の皆さんに、たくさん愛していただけるようなアナウンサーを目指します。まだまだ右も左もわからない新人・直川をどうぞよろしくお願いします!

▲ページ先頭へ

アナウンサープロフィール