アナウンサー

アナウンサー日記

感想・メール

2018.09.17some information about the Sundays

写真

GOBIGの会場、モトパーク森(鮫川村)

 私の知り合いに、FMXのライダーがいます。FMXとはフリースタイルモトクロスの略称表記で、バイクに乗ったライダーが空中高く(高さ10m、幅23m)ジャンプする間に手を離したりバック宙したりといった技の出来栄えを競い合うものです。フリースタイルスキー「エアリアル」のバイク版と言っても良いかも知れません。その方に教えて頂いたのがきっかけで、FMXのデモンストレーションが毎年行われる鮫川村のうまいもの祭りを昨秋取材に行き、FMXの迫力や魅力を知りました。
 今年はそのFMXの全国大会「GOBIG」が、ここ福島県で開かれます。その関係者の方が、大会とFMXの魅力を県民の方に知ってほしい!と、昨日は『ゴジてれ×Sun!』にやってきました。
 ただFMXはさすがに映像が無いとその魅力が伝わらないので、その映像とトークの段取りを、今回私が構成する事になった次第…。今回は、ゲストさんが出演する番組が、どんな風に出来ていくのかをちょっとご紹介しようかと思います。

 出演してくださるのは、大会実行委員長の梶野仁司さん、大会をMCで盛り上げるWADAPOLICE(ワダポリス)さん、そして大会に出場するライダーの渡辺元樹さんの3人。わざわざ東京からはるばるこの為だけにお越し下さるとの事。私は事前にスタッフの方から情報を聞き、パソコンに向かって「こんな事を話してほしい」「その為にはこういう映像が必要」…等と苦悶・格闘しながら、構成していきました。

写真

去年からFMXの取材をしてくれたSカメラマン。足元のコンテナの上が結構柔らかくて、ドキドキの撮影。

 去年のイベント、今年の夏の中学生ライダーを追っかけた取材、その両方に付き合ってくれたSカメラマンに、過去の取材映像から良い部分を選んでもらい、編集していきます。
 本番1時間半前、出演者とスタッフの方々が到着。梶野さんとWADAPOLICEさんはお話も上手との情報から、思い切って色々映像に合わせて喋って頂く事に。ただ用意した映像が多いので、どこまで巧く繋がるのか、これは本番一発勝負、巧くいくか失敗するかのどちらかしかありません。
 お二人は、「緊張するな~」「腋汗が…」等、冗談半分とはいえやはり緊張されているご様子…。
 GOBIG側の皆さんと打ち合わせを終えると、続いて私は母心と司会の小野アナの打ち合わせに合流。話が盛り上がって伸びた場合のカット候補を決め、そうこうする内に本番に入ります。
 スタジオに移動して、ゲストのお三方と母心・小野アナが初対面。挨拶が終わると早々に、ゲストの皆さんにはスタッフから座る位置や、画面のワイプ(出演者の顔が映る「小窓」部分)などの説明が入ります。ゲストサイドのスタッフさんが「カンペを用意した方が…」と言いますが、梶野さんが「大丈夫大丈夫」とどっしり構えていらっしゃいます。
 さぁ、そしていよいよ本番。ゲストのお三方、正直緊張はされていたようですが、オカンが最初に「上段」ネタで秋風がスタジオに吹いた分、少しは緊張が和らいだよう…!?これもオカンの「作戦」なのでしょうか。ニュース中にオカンは相方の関さんに「しっかり受けなさいよ~」と愚痴り、関さんはがははは…と笑い飛ばしていました。
 その間に私は「サブ」と呼ばれる部屋(副調整室)に移動し、映像の順番が間違わないかなどの確認の立ち合いに向かいます。

写真

出演して下さったWADAPOLICEさん、渡辺さん、梶野さん。有難う御座いました。

 そしてCMの後、提供コメントが入る中スタジオが映り、いよいよコーナー本編突入!
 すると…私の心配は全くの杞憂でした。梶野さん、堂々とFMXの魅力を語る語る。WADAPOLICEさん、さすがMCやっているだけに、大会会場を提供する鮫川村の森康治さんの映像へもスムーズに導いてくださる。渡辺選手も、FMXの国内第一人者でいわき市出身の故佐藤英吾選手の事を、リスペクトを込めて自然に話してくださっている…。一番緊張していたのは、コーナーが始まった時に、ストップウォッチを押し損ねた私でした。

 実は、森さんの所有する練習場兼大会会場の「モトパーク森」は、FMXの愛好者から「聖地」と呼ばれています(この事は、県民にもあまり知られていませんし、私も去年の取材で初めて知りました)。というのも、森さんは日本で初めてFMXの練習場を作った方だからです。しかも自分の土地を、自分で重機を操って(本職は建築業です)、殆ど1人で「開拓」しちゃったのです!そのきっかけを作ったのが、前述した故佐藤英吾さん。FMXをアメリカで知り、「日本でやりたいんだ」と森さんに相談したその一言で、森さんが即決し、聖地「モトパーク森」が生まれました。以来、多くのライダーがこの「モトパーク森」から育ち、今も育ち続けています。森さんご本人は、練習に来るライダーを「わが子のよう」と話し、面倒をよく見る「親分肌」の方です。

 GOBIGは故佐藤英吾さんがプロデュースした、トーナメント方式の全国大会です。FMXの一流どころの選手が一堂に集まる大会は、なかなか無いそうです。今度の日曜日=23日に、鮫川村の「聖地」モトパーク森で行われます。ゲートが開くのは午前10時、当日券は一般4500円(小学生以下は無料)です。迫力のあるFMX、見に行ってみては如何でしょう?

写真

母心は、中テレ秋フェスの会場へ…。

 番組が終わった後、母心の2人は「中テレ秋フェス2018」の会場へ。この日初出しのネタを披露する等、笑いの渦を作ります。この会場には全国の有名なお肉の店が揃っていて、どの店も行列が出来ています。私は東京・銀座「ワールドダイナー」の「黒毛和牛ステーキ~特製卵タレにつけて~」を頂きました。

写真

卵タレにステーキをつけて…

 レアな肉の旨味と外の香ばしさ、そこに卵の黄身のコクが絡んで美味しい~!因みに肉は塩コショウのみの味付けの模様。さすが、美味しい肉の美味しい食べ方。そこに醤油などの味がついた卵タレを絡めます。私は、つけて食べて、その後肉の旨味を或る程度口の中で味わった後、少し口の中に卵タレをすすり入れます、いわば「追い『卵タレ』状態」です。
 ですから最後は、卵タレもほぼほぼ無くなる食べ方ですね。塩分を気にする方にはお勧めできない食べ方かもしれませんが、これが本当に美味しい。ええ、勿論私は、歩いて行ったので、ハイボールと一緒に頂きましたよ♪ザギンのク~ニ~は、レ~タ~との相性がグンバツ~~…でした(←『ゴジてれChu!』や『ゴジてれ×Sun!』をご覧の方にだけ分かるネタで済みません)。

写真

タレまでしっかり頂くのが私流

 「中テレ秋フェス2018」はきょう一杯の催しで、このブログがアップされる頃には終了してしまっていると思いますが、アユの塩焼きやコロッケ・スイーツなどもあり、肉や甘いもの、サイドメニューなども含め、色々楽しんで頂けたなら幸いです。

 この週末も世の中は3連休ですね(羨ましい)。ゴジてれChu!は平常通り放送中です。

▲ページ先頭へ

2018.08.31“zen”

写真

イケ麺を食べに行ってきました「麺匠ぜん」。

 先日、美味しいラーメンが食べたくて、郡山市の『麺匠ぜん』に伺ってきました。『ゴジてれChu!』の中の「ふくしまイケ麺探し」で紹介された店です。中に入ると、おひとり様でも安心な大きな相席テーブル席と、2人以上掛けのテーブル席があります。店名は、何でも店舗が郡山市の善宝池の近くにあるのと、自然素材にこだわって作っている事から、善宝池の「善」と自然の「然」から店名の「ぜん」としたそうです。
 ご主人の中村篤史さんは、元アイスホッケー選手です。1995年の地元ふくしま国体の強化指定選手で活躍された方です。中村さんも私に取材された事を覚えて下さっていました。懐かしい話です。

写真

こちら手打ち中華(690円)。

 中村さんの作るラーメンは、白河系。スープからは鶏ガラの旨味、そして香ばしさが漂ってきます。というのも、スープに使う「かえし」は、燻製したチャーシューを煮て数週間熟成されたものだそうで、やはり白河系ならチャーシューは燻製していないとね、その香りがスープにしっかりうつっているのでした。

写真

このちぢれに、スープが絡みます。

 手打ちの麺は、良いちぢれ具合で、良い太さ。こしがありつつ、やや柔らかみのある麺で、スープがよく絡みました。
 美味しいとするする入っていって、一杯があっという間ですね。因みにメンマも、中村さんが味付けをしているそうですよ。
 昼前の11時20分台に行ったのですが、既にお客さんが何人かいて、私が去る11時40分頃には、車2台でグループが食べに来ていました。ピーク時をずらした方が、待たずに食べられそうです(休日は行列が出来るそうですから)。

写真

スープには香ばしい香りが…。かえしのお陰だ。

 場所は郡山市富久山町(ふくやままち)。郡山駅方面から旧国道4号、現在の288号を北上すると、左手に善宝池を見ながら池沿いに走り、その池が離れていく辺りの細い路地を左手に折れ、ちょっと進んだカーブミラーの所を(ここで左手に店が見える)左に折れてすぐです…って説明では分かりにくいでしょうから、ナビ等があると安心です。
 手打ち中華は690円(税込み)、先に自販機で券を買うタイプです。午前11時からスープがなくなるまで(午後4時終了)、定休は月曜日です(全て2018年8月現在)。

▲ページ先頭へ

2018.08.2924 hour television 41 part 3

写真

バルさんムアさんと、フラを踊る者としては憧れのステージで記念撮影。

 2日目早朝4時からは、24時間テレビの中で『ズームイン!!朝!』が復活しました。私は1995年~2008年まで福島のキャスターを担当し、その間福留功男さん、福澤朗さん、羽鳥慎一さんにお世話になりました。
 福島とつなぐ前のCMの最中に、あらかじめNTVといわき市の中継先とを繋いだ回線を通して、お互いの声が聞こえるか確認する通称「掛け合いチェック」をしました。するとその際に留さんが「徳光君、福島に行った時は君のニュースを見ているよ!」とのお言葉を頂戴しました。留さんは福島が好きな都道府県の一つで、よくいらっしゃる話は聞いていましたが、ひゃ~~、恐れ多いお言葉…。でも有難い事です。
 ファイヤーナイフダンスを中継でお伝えしたのですが、実況やインタビューの為にステージに上がって間近で見るのは、今回が初めて。しかも火をつけるのは、直前のリハーサル1回と本番だけ。炎の温度は1000度を超えるそうですが、いやぁ熱い熱い。中継本番では、インタビューが終わるや否や、腰が引けるように炎をよけてしまいました。バル憂弥さんもムア史弥さんも、よく火のついたナイフを膝に挟んだり、口に持って行ったり出来るものです。しかも高速で回転させると、炎に酸素が供給されるせいか、「ごぉぉぉぉ~~」という物凄い音をたてるのです。また実際に見て分かったのですが、ファイヤーナイフの回転のさせ方も、片手ずつ持ち替えながら、両手でバトントワリングよろしく高速回転、肩よりも高い位置で、はたまた片手で一瞬ナイフを離しては持ち離しては持ちを繰り返した回し方、縦だけでなく床と平行に回す技等多岐にわたり、それが変化、バリエーションとして見る者を飽きさせません。中腰の弟ムアさんのももに、兄バルさんが乗っての、組み体操的な縦の「ダブルファイヤー」は、見応えがありました。

写真

あら、私がフラを踊っている?実は…

 因みに中継スタッフは、一部はそのまま同じいわき市の中継先「イオンモールいわき小名浜」へ、一人は福島市の会場「四季の里」の中継へ、私はいったんFCTに戻って仮眠してからのビッグパレットへと、長丁場でした。

写真

フラスクールで作った募金箱のデザインでした。辻先生から確かにお預かりしましたよ。

 今年も多くの人が会場に訪れ、募金をして下さいました。私がフラを習っている教室「フラホニケアロハ」の皆さんからもご協力頂き、辻恵子先生が今年も生徒さん・講師の皆さんの善意をお預かりいたしました。総額9万9634円でした。金額もそうですが、何より皆様からの気持ちがこもっているので、2つの意味でずしりと「重み」を感じます、有難う御座います!

 最後のサライまで残って下さった皆さん、画面には映らないのですが、手を左右に振って一緒に歌ってくださいました。あの歌声の厚みと、会場の一体感は、音や雰囲気となって伝わった筈です。
今年も24時間テレビが盛り上がったのは、こうして会場で、或いはテレビの向こう側で見て、応援して下さった視聴者の皆さん、そしてチャリティボランティアの皆さんのお陰です。本当に有難う御座いました。お預かりした募金は、有効に使わせて頂きます。

▲ページ先頭へ

2018.08.2824 hour television 41 part 2

 また土曜日に放送した番組内の取材では、障がいのある方が働く施設にも行きました。会津若松市の「コパン」は、中でカフェとしてゆっくりする事も、パンだけ買って帰る事も出来る店です。職員の木村さんは、朝の情報番組『ZIP!』を見て、流行をランチにも採り入れているという、研究熱心な方です(ポップオーバーも『ZIP!』を見て誕生したメニューとか)。コパンで働くきっかけは、「お客さんとして来ていて、店の雰囲気にほれ込んだから」という方。ファンだからこそ、お客様の気持ちになった店づくりが出来るのでしょう。その木村さんに「大変な事、辛い事」を伺うと、
「つらかった…つらかった事…、なんか忘れちゃいますね。何でしょう、つらかった事……」
と暫く間があったあと、
「本当に楽しい事がいっぱいなので、何でしょう…(つらかった事は)出てこないですね。」
 コパンで働く事は木村さんにとって特別な事ではなく、店の雰囲気が好きだから、そして職場が楽しいから働いているのです。働く喜びの原点を見た気がしました。
 それは働く障がいのある皆さんも一緒。取材で伺った時、人気のパンはこれとこれ、風味を損なわないよう作って一時間経ったパンやピザは袋に詰める事などなど…、こちらが聞かなくても色々楽しそうに教えてくれます。「仕事は楽しいですか?」と尋ねると間髪を入れず「楽しいです」と答が返ってきます。皆さん、同じ質問を受けたらどう答えます?私なら少し考える間が出来てしまうかも…。即答できるのは、仕事にやりがいと自信と誇りがあるからではないでしょうか。皆さん、働くモードにスイッチが入ると一心不乱、一途で真っすぐ、集中力が高く、気を抜く・手を抜く事が全くありません。このポテンシャルの高さはもっともっと見直されてよいのではないかと思います。
 コパンのお勧めの一つが、「会津山塩アンパン」。パン自体も小麦の味がしっかりして美味しい上、粒あんに会津山塩が練りこまれ、甘さが引き立つだけでなく、山塩自体の旨味も加わっていて美味。それだけでなく、口どけの良さと程よい甘さが癖になる「すのーぼーる」や、季節限定のタルトなど、私の食べたものはどれも美味しかったですよ。

 24時間テレビの会場の一つ、ビッグパレットふくしまには、その「コパン」、いわき市の「杜のどーなつ」、郡山市の「スイートほっと」の、障がいのある人たちが働く会津・中通り・浜通りの3つの人気のほっこりカフェが出店。「杜のどーなつ」のドーナツは、豆乳入りの優しい味わいが魅力。なんと凍らせて食べるのもあり!チョコチップが一番人気だそうで、凍らせても固くなく、口の中でチョコチップが溶けていきます。
 「スイートほっと」のプリンは、舌にのせた時の滑らかさと優しい味わいが楽しめます(容器を洗って返すと20円返金されます)。去年は2日間で600個を売り上げたそうです!

写真

番組終了後、津吹みゆさんと。感謝の気持ちを忘れない、腰の低い方だ。

 そして番組で一番緊張したのは、矢吹町出身の演歌歌手、津吹みゆさんのコーナーの「サプライズ」でした。
 津吹さんにとって「人生を変えてくれた人」は、高校時代の恩師、藤田里美先生。津吹さんの進学相談に乗る中で、「大学は後からでも行ける」と、歌手一本で頑張るよう後押しをしてくれた先生です。実は津吹さんには内緒で、藤田先生から直筆の手紙を預かっていました。前のコーナーの取材映像が流れている最中に私が舞台袖におりて、その手紙を台本の下に隠し持っておくという算段。本番では封筒から手紙を出すのにちょっと手間取ってしまいましたが、サプライズ自体は成功!津吹さんは涙を流しながら感激、それでも歌はきっちり歌うあたり、さすが津吹さん、プロですねぇ。因みに歌った歌は、デビュー曲『会津・山の神』。藤田先生が大好きな曲を選んでいました。

写真

アイくるガールズのポーズで。私の右隣がりおっち。今までお疲れ様&有難う!

 土曜日の番組が終わり、次の告知コーナーの中継のスタンバイの時間、ステージではいわき市公認のご当地アイドル、アイくるガールズがライブを行っていました。結成されてから24時間テレビには毎年、6年連続6回目の登場です。その中でも、リーダーのりおっちはフラが踊れる方で、フラを趣味にしている私と一番共通の話題があるメンバーでした…が!9月2日をもって、りおっちはアイくるガールズを「卒業」するのです…寂しいなぁ。でもりおっちには次にやりたい事があるようなので、応援したいと思います。メンバーの皆さん、一緒に写真を撮って下さって有難うございます♪

~つづく~

▲ページ先頭へ

2018.08.2724 hour television 41 part 1

写真

宿で着替えて、アロ~ハ~。中継スタッフです。アロハとスリッパのバランスが素敵。

 今年も24時間テレビの放送を無事終える事が出来ました。番組を見たり、会場に足を運んだり、募金をしたり、ボランティアで参加したりして下さった皆様、今年も本当に有難う御座いました。

 私はというと、土曜日の午後に郡山市のビッグパレットふくしまで1時間25分の番組の進行と県内用の3分の告知コーナーを長江アナと担当し、その後はスタッフといわき市のスパリゾートハワイアンズへ。久々にスパリゾートの温泉を堪能し、11時過ぎに就寝。3時10分に起きて、4時半からの『復活ズームイン!!朝!』企画で、ファイヤーナイフダンス世界2位になったバル憂弥さんが、弟のムア史弥さんと新技を披露する模様を全国に生中継。その後郡山に戻り、2時間ほど仮眠をとって再びビッグパレットへ。担当番組は無いので、お昼からチャリティグッズを取り扱うブースに立って、視聴者の皆さんと話をしたり、一緒に写真を撮ったり…。夜の8時半過ぎからはステージに皆で立ってサライと、今年は例年以上になかなかハードな24時間テレビでした。
 でもハードな分、楽しかった事も多かったです。

 土曜日の番組の進行担当になった事で、番組内のコーナーの取材にも行かせてもらいました。今年のテーマに因んで『あなたの人生を変えてくれた人、教えてください』のコーナーでは、県内を三瓶さんと一緒にインタビュー取材。裏磐梯の五色沼での取材は、観光シーズンとあって県外の人が殆どでしたが、宮城から三世代揃って訪れた女性は「人生を変えてくれたのは父。自然の中で遊ぶ楽しさを教えてくれて、それを自分の子供に伝えられたから」と話し、それを聞いた女性の父親が「親ですからね~」と普通に話しているのが凄く微笑ましかったですね。
 神奈川県から来た親子は、母親が「人生を変えてくれたのは矢沢永吉さん。高校生の頃にファンになり、色々な事に真剣に取り組むようになったから」と話すと、小学生の娘さんは「車内で矢沢さんの音楽を聴くから、(お母さんが)好きなのは知っていた」との事。「私は道徳の時間にナイチンゲールを学んで、命を助ける事に感動して看護師になりたいと思った」と話す娘に、母親は「応援します」とエールを送っていたのは、すごく印象に残りました。
 大学時代からの友人同士という女性2人に聞くと、会津坂下町出身の方の女性が「人生を変えてくれたのは、(目の前にいる友人を指して)この子。いい報告ができるようにって思って働ける友達です。」と話すと、相手の女性はちょっとびっくりした様子。ただすぐに「大学卒業してもずっと会い続けてくれてお互いに近況報告して、自分ももっと頑張らないとなって思える存在なので、ずっと友達でいたいな~と思う」と話してくれました。インタビューを通してお互いがお互いを思っているのが伝わってきて、親友って好いですね。こちらまで嬉しくなりました。
 また三瓶さんの故郷、本宮市のみずいろ公園にインタビューに行ってびっくりしたのは、宮城から来ている親子連れが、実家へ帰省等の縁があって来たのではなく、「水で子どもが楽しく遊べる公園をインターネットで探して」訪れていた事。本宮市の皆さん、みずいろ公園、県外からも注目されていますよ~~!

 それにしても三瓶さんといく街頭インタビューは楽!普通はインタビューの為に立ち止まっていただく事に一苦労するのですが、三瓶さんと行くと、皆さんの方から「三瓶さんだ~~♪」と近づいてきてくださるので、そのままインタビュー突入。三瓶さんが話しやすい雰囲気を作ってくれるし、インタビューだけでなく子どもを抱っこしたり、ツッコミを入れたりして、笑わせてくれるので、話も弾みます。一方で猪苗代湖でバーベキューをしている方を取材していた時には、「長友佑都さんと平愛梨さんの人生を変えましたよね?」と逆インタビューされる場面も。因みに平愛梨さんと親しい三瓶さんは、お二人のお子さんにもお目にかかったそうで、お子さんの御顔は美形という意味でも「本当に可愛い」そうです。

 移動の車中では色々三瓶さんと話をしたのですが、三瓶さんの面白さの理由の一つは、人との「距離の取り方」が絶妙だからなのだと思いました。その程よい距離感で、付きすぎず離れすぎずに人を客観視して、「この人、ここが面白い!」と思うところを笑いにしていく、しかもそれを自分に対してもするものだから、自分が数秒前にやった事や言った事それ自体も笑いに変えていくんだと思うのです。
 因みに「三瓶です」のお馴染みのフレーズは、NSC(吉本興業のタレント養成所)時代に生まれたそうで、手の動きは、当時流行っていたパラパラの動きから思いついたそうです。パラパラが流行っていない時代にNSCに行っていたら、今の三瓶さんはいなかったかもしれませんね(別の三瓶さんは見られたでしょうが…それはそれで興味がわきます)。

~つづく~

▲ページ先頭へ

アナウンサープロフィール

新着の記事