アナウンサー

アナウンサー日記

感想・メール

2017.11.17two museums of art in Aizu

写真

こういう予報の外れ方は嬉しい。猪苗代湖の右奥に表磐梯。

 『ゴジてれChu!』MCの担当曜日が変わり、平日に休みを取る事が出来るようになった。暦の上では冬だが、本格的な雪が降り出す前に、会津へ「芸術の秋」をしに出かけた。美術館巡りの一日旅だ。
 国道49号を西へ向かう。予報では会津は曇り夕方から雨だったが、なかなか天気が好い。トンネルを抜けて目に飛び込んできたのは、空の青を映し込んだ「天鏡湖」猪苗代湖だ。ラジオでも会津のリスナーが「晴れていますよ」とメッセージを送っている。車を志田浜に滑り込ませた。

写真

湖の反対側の山並みも見える。

 磐梯山も綺麗に見えている。対岸の山も見えるほど、空気も澄んでいる。本当に気持ちが良い。これだけ穏やかな晴れた猪苗代湖は、久しぶりに見た。この景色だけで会津に出掛けた甲斐がある。
 再び車を走らせ一旦49号に別れを告げて、115号へと入る。山肌の黄葉は、まだ見応えがある。そして459号に折れて、裏磐梯のホテル群を抜けると、右手に諸橋近代美術館が見えてきた。

写真

ダリの常設展示が観られる、諸橋近代美術館。

 もうだいぶ葉は落ちてしまったが、裏磐梯もくっきり見える。川面もきらきら輝いている。ここにサルバドール・ダリの作品が常設展示されている。冬は閉館する為、今年行くなら今月いっぱいまでだ。
 いまは『「ダリの挿絵版画」-絵を読む、物語を見る。』という企画展が開かれている。ダンテの『神曲』に対するダリの解釈と発想(明るい地獄、引き出し等)、セルバンテスの『ドン・キホーテ』の制作に火縄銃を使うというダリのひらめき、ビゼーの『カルメン』の情熱が弾けるような絵の力。想像をかきたて創造へひきこむ原作の力も大きいのだろうが、ダリの絵からはダリがそう描かなければならない解釈と確信が見られるのが面白い。

写真

諸橋近代美術館から裏磐梯を望む。

 また無料で音声ガイドが借りられたので、絵の理解を助けてくれた。カルメンは音声ガイドで音楽も聞けるので、作品を立体的に感じられた。そして版画として一枚の絵が出来上がるまでの、何十枚もの途中段階の絵(刷り)を分解して展示してあるのも、最終段階の工程が見られて興味深い。

写真

五色沼と呼ばれる湖沼群の一つ「毘沙門沼」と裏磐梯。

 「版画」繋がりでもう一つの美術館へ向かおうと思ったのだが、天気が好いので、すぐそばの五色沼の一つ「毘沙門沼」へ。車で数分かからない所。
 初めて訪れたのは、千葉の中学時代。日光~会津が修学旅行の定番コースの一つだった。この毘沙門沼の美しさに釘付けになったのを今でも覚えている。しかもこういう沼にボートを浮かべられる場所も、珍しいのではないか。ただ紅葉はそろそろ終わりだ。因みに冬に取材をした事があるが、雪の純白に囲まれた五色沼は、ほかの季節とは別の美しさを見せる(歩くスキーでないと巡る事は出来ない)。
 そして開いていれば立ち寄りたいのが、『ギャラリー五色』。以前『ゴジてれChu!』でもご紹介した、立体ステンドグラスの数々を観られる。おはじき大のガラスをはんだで繋ぎ合わせ、人や動物などの立体照明彫刻を作る方がいるのだ。

写真

柳津町へ。斎藤清の版画が待ち受ける。

 途中昼食をとり、国道49号から252号へ入り、雲が厚くなる中、柳津町の『やないづ町立斎藤清美術館』へ。斎藤清没後20年の今年、アニバーサリー特別企画「The Style EPISODE 1」が開かれている。
 斎藤清については、福島県会津坂下町出身、また柳津町の風景が多く版画になった事から、県民の認知度は比較的高い。とはいえ、今回の企画展は、諸橋近代美術館とは対照的に、殆ど説明や解説が無い。プロフィール等が気になる人はウェブサイトで予習をしてから行くのが好いかもしれない。が、そんな事を気にさせない程、作品だけで十分納得の展示だ。
 私はこの歳になって初めて実物を見たのだが、やはり美術品は実物を見るに如くはない。シンプルな描写、選んだ色と配置の妙、木目の活かし方、構図と視点の素晴らしさ…。すっかり魅了されてしまった。アメリカ人に人気が出た理由も分かる。日本人が見ても、日本を再発見できるのだから。
 図版は本でも見られるが、寧ろ1つでも好い、本物を見てからだと、図版からも想像が広がる。斎藤清の作品が地元で見られる美術館は、柳津町は勿論、福島県の宝・財産である。
 個人的には『シグナル(B)』の虜。線路が、これほど彫刻刀の表現が似合い、また美しいとは。信号の赤いランプが印象的に浮かぶ。『雨のミシガン』の色と簡略化した人のインパクト、『石庭』の抽象画的石庭の美しさ、『秋』や『ニューメキシコ』に見る光と影、『凝視(二匹の猫)』の猫の「伸び」に表れる好奇心…、なんたる見応え。

写真

アトリエはすぐそば。中を見たかったなぁ。

 帰る頃には雨が降り出していた。美術館で売っている『版画芸術No.173』は斎藤清が特集されていて、私のような素人にも斎藤清の足跡や、版画に生かされた人生経験、さらに版画そのものの基礎知識が分かり易く、豊富な作品で美術館の余韻をたっぷり楽しめる。
 ただ一つ残念だったのは、美術館近くのアトリエは先週まで開けていたそうだが、今週から土日のみオープンと言われた事。合わせて見たい方はご注意を。
 帰る頃には猪苗代には防雪柵の入った所もあった。往復およそ200kmだが、ドライブも兼ねて楽しい美術館巡りだった。尚、これから車で行く方は、冬用タイヤで。

▲ページ先頭へ

2017.11.10beautiful “flower“ jellies

写真

これが「フラワーゼリー」。全部食べられる。しかも味が…。

 きょうの『ゴジてれChu!』では、中継「イマコレ」のコーナーで野尻アナが「フラワーゼリー」をご紹介しました。これ、ゼリーです。手作りです。花の部分も全部食べられるんですよ!しかも作り方を教わる事が出来る教室も、県内にはあるのです。でも、どうやってゼリーの中に花を咲かせるのでしょうか?
 実は、透明なゼリーに、着色した牛乳ゼリーをシリンジ(化粧水などを移し替える時に使います。女性だとご存知でしょうか)で注入する事で、ゼリーの中に花が咲くのです。

写真

講師の澤田裕美さん。県内では初めて資格をとった方だ。

 今回教えて頂いたのは、福島県で初めてフラワーゼリーの指導資格をとった、郡山市在住の澤田裕美(さわたゆみ)さんです。
 澤田さんの教室の場合、初めて参加すると、ガーベラをモチーフにした「基本の花」と「季節の花」の作り方を教わります。透明なゼリーの中に、おしべ・めしべのある花芯、続いて花びら、葉と、それぞれの色の牛乳ゼリーを注入していきます。指導の通りやっていくと、あら不思議、初心者でもそれなりに美しい花が咲くのです。
 面白いのは、花の色は各自が選んだ着色料を牛乳ゼリーに混ぜて作るので、自分好みの色合いの花をゼリーの中に咲かせられます。2色以上を混ぜて、オリジナルの色を作る事も可能です。ですから、自然界には存在しない色の花を咲かせる事が出来るのも、フラワーゼリーの特徴です。

写真

レッスンで作る「基本の花」と「季節の花(コスモス)」の一例。

 花びらや葉の形は、シリンジの先に付ける「ツール」を変えると、それぞれの形になります。
 牛乳ゼリーを注入しながらシリンジを抜くという2つの作業を同時に行うので、シリンジを挿す角度や深さ、注入する力加減など「慣れ」が必要ですが、それもフラワーゼリーを1つ作り終える頃にはコツが掴めてきて、もう1個作りたくなります。そこで1個目とは別の「季節の花」に挑戦する事で、飽きずに、かつコツを更に確認する事が出来る、という訳です。
 フラワーゼリーは、中の花を変える事で、季節感を出す事が出来ます。秋ならコスモス、12月はクリスマスツリー、正月は松竹梅、春は桜などなど…。このあたりが日本人らしい細やかさというか、和菓子に通じる「旬を愛でる」精神も注入されるスイーツです。

写真

澤田さんの用意したデコレーションにゼリーを配置し、記念写真♪

 そしてこのフラワーゼリーにはもう一つ、季節も感じつつ、サプライズな仕掛けがあります。ゼリーに透明なままで、苺やリンゴ、ミルクティー等の味を付けられるのです。というのも、最近は透明なのに色々な味のするジュースがありますよね。あれを、ゼリーを作る時に混ぜ込むのです。そうすると、見た目は透明なのに、香りや味のバリエーションが増やせるのです。夏には桃、この時期ならリンゴにすると、季節感も出てきますね。
 澤田さんの教室では、最後に「記念撮影」の時間があります。澤田さんが用意したデコレーションに、教室で作った自作のゼリーを並べると、インスタ映えしそうな思い出の写真が撮れるのです。
 因みにこのゼリーも、初めて教室に参加した人が作ったものです。なかなか「さま」になっていると思いません?実は…

写真

下見のつもりが、教室に参加。前2つの写真のゼリーはこの時私が作ったもの。

 私が作りました~~(^^)v

 不器用で、図画工作2だった私でも、ここまで出来ます!しかもかなり楽しい!!
 どうです、「私に出来るかしら」と思っていた皆さんも、自信と勇気が湧いてきませんか?

 今回の中継、私はディレクター的立場で企画・台本書き等を担当しました。そこで中継の為の下見で澤田さんの教室にお邪魔したところ、「徳光さんも作ってみたら如何ですか?」と澤田さんに勧められ、作ってみたのがさきの「基本の花」と「コスモス」です。細かく見ると、花びらを作る時にシリンジを入れた位置が中心部から離れてしまった為に、花びら自体が花芯から離れてしまっているのですが、遠目からは分かりにくい…ですよね(^_^;)

写真

ホールケーキならぬ、ホールゼリー(をカット)。ケーキより甘さ控えめだ。

 習ってみたい方へ、情報です。澤田さんの教室では、初めての人の場合「基本の花」と「季節の花」の2個を、2時間で作る体験が出来ます。1人3000円で、先生の募集するワークショップに参加をするか、4人以上で習いたい場合は出張教室も可能だそうです(郡山からそれ程遠く無ければ交通費等はかかりませんが、郡山から或る程度離れる場合は、交通費などがかかる場合があります)。尚、道具や材料は澤田さんが用意します。
 詳しくは、こちらまで問い合わせて下さい。

 Pink Rose 澤田裕美さん(JLAフラワーゼリー認定講師)
 電話:(080)9630-6871 ラインID:pinkrose0724 Eメール:pinkrose0724yumi@gmail.com
 ウェブ: http://ameblo.jp/pinkrose0724yumi http://www.facebook.com/pinkrose.yumi

 家に来るお客さんへのおもてなしや手作りプレゼントにしても喜ばれるでしょうし、新語・流行語大賞にノミネートされたまさに「インスタ映え」するのではないでしょうか。

 尚、きょう中継でお邪魔したお店は、澤田さんがワークショップで使っている場所の一つ、「コマモノヤkichi(きち)」です。去年出来たばかりで、外観もお洒落です。「毎日、生活に小さな魔法をかけてくれるこまものを…」という事で、県内外の色々な作家の作った雑貨が並んでいます。

写真

種類も豊富で、秋冬にあいそうなアクセサリーも…。

 ピアスやイヤリングなどのアクセサリーや、

写真

いまは「きのこ狩りフェア」開催中。例えば…

 その時その時の企画コーナーは、今のテーマが「きのこ狩りフェア」

写真

こまものの「きのこ狩り」は、今が旬だ。

 ぽち袋や靴下なども「きのこ」です。

 見ているだけで時間が経つのを忘れそうなかわいい雑貨がいっぱいですよ。

写真

お店(&中継車)。水曜定休、ほか一部不定休。

 お店に関する問い合わせは、こちらです。

 コマモノヤkichi(きち)
(澤田さんのワークショップをする事もありますが、フラワーゼリーの直接の問い合わせ先ではありません)
 電話:(024)905-2930
 ウェブ: http://ameblo.jp/komamono-kichi009/

▲ページ先頭へ

2017.11.06the new dice

 新たなダイスが登場した。ダルライザーの話ではない←映画は福島市で上映中(^^)

 今月から『ゴジてれChu!』のサイコロが新しくなったのだ。ご覧のようにまだぴかぴかのサイコロ、今までと違うのは表面がだいぶ固くなった事。なので、結構弾む=バウンドするし、つるつるしているせいか、今まで以上に止まらずに転がり続けるイメージで、今までだったらここで止まりそう…というところでゆっくりながらもう一転がりあって、悲⇔喜のドラマがこれまでより時間的に長くなった感じだ(ま、私の場合は喜→悲の方が多そうだが)。

写真

新サイコロでの初キングは、いつ誕生するのか!?

 きょうはキングを狙っていたのですが、お一人目で惜しいところで同じ目を出してしまいました…ごめんなさい。もう少しで当たりだったのですが、最後の一転がりが…。
 新しいサイコロでキングが誕生するのはいつか?次回はあさって水曜日、最初にサイコロキングになるとギフト券4万円分をプレゼントです!ご応募お待ちしております。

 豆知識。サイコロの単数形は、辞書によると元々はdieだったそう。今は複数形のdiceを単複両方に使うそうだ。

▲ページ先頭へ

2017.11.02the actual circumstances of libraries at school

 読書週間に因み、きょうの『ゴジてれChu!』では、県内の学校司書事情の話題をお伝えしました。学校司書とは、学校の図書館・図書室で働く職員の事です。
 今回取材するにあたって学校司書関連の事を調べてみた所、色々知らない事がありました。
 学校の図書館・図書室を支える人には、司書教諭(司書の資格を持った「先生」)と学校司書(司書の仕事をする「職員」)がいます。司書教諭は、12学級以上ある学校には置く事が法律で義務付けられていて、県内の公立小学校は100%満たしています。一方、学校司書はというと、つい最近、3年前の2014年に初めて、法律で学校司書という「呼び名」や「制度」が確立した一方、「置くよう努めなければならない」という「努力義務」になっています。その為、学校司書を置いている学校は、全国平均では59.3%で、福島県では29.4%と、全国で下から7番目の低さなのです(数値はいずれも文部科学省2016年4月の最新数値より)。
 そんな中、学校司書が中学校で100%(28校全部)、小学校で84.2%(57校中48校)と高い割合で置かれている自治体が、郡山市だという事が分かりました(郡山市の今年度の最新数値、但し複数校兼務を含む)。そこで郡山市立朝日が丘小学校にお邪魔して、学校司書の遠藤広美さんに密着して、学校司書の仕事と課題を取材させて頂きました。
 まずびっくりしたのは、学校の始業前に、図書室の前に児童の列が出来ていた事です。勿論、本を借りる為です。「放課後を利用しないの?」と私は思ったのですが、今は集団下校や放課後の課外活動もある為、朝の始業前に利用する児童が一番多いのだそうです。
 取材した日に先頭に並んでいた5年生の女子児童3人に話を聞くと、「読み応えのある、内容量の多い本を借りたい」と話してくれました。
 そして7時50分、図書室が開くと児童がまず借りていた本を返し、次に借りる本を探しに行きます。許された時間は15分間ですが、次々と児童が訪れるので長々迷っている時間がありません。というのも、朝日が丘小学校で児童1人あたりに対する本の貸出数は年間で何と135冊!3日に1冊は本を読んでいる計算です。返却・貸出数の多さに、管理するパソコンの作動が「重く」なる事もあったそうです。
 学校司書の遠藤さんと図書委員が「業務」にあたりますが、手を休める暇がありません。そしてこの日はとうとう15分間で貸出業務が終わらず、貸出の受付が出来なかった児童43人が、図書室のテーブルに借りたい本と自分の貸出カードを置いて、いわば「予約状態」にして教室へ戻っていったのです。取材した日はこの予約を含め、朝だけで226人の児童が本を借りていきました。
 遠藤さんの仕事はこれだけではありません。17000冊もの蔵書の管理、先生や児童の要望を考慮した上で購入する本の選定(年に500冊~700冊)、購入した本のカバーリング、傷んだ本の補修、児童・保護者向け印刷物を年15回発行、1学級の児童を預かって図書室での読書指導、更に、興味を持ってもらえるよう作家の特集コーナーを図書室や昇降口に設けたり、ポップを手作りしたりと、多岐にわたります。
 遠藤さんは、「学校司書」制度が出来るずっと前、30年前に朝日が丘小学校が創立された当初から、図書室の仕事を引き受けてきました。当時は「司書補」と呼ばれていた事もあったそうです。その後、仕事の質を向上させたいと、自ら司書の資格もとりました。朝の読書を定着させるべく、上級生から下級生への「読み聞かせ」を14年前から始めました(今でもそれは続いています)。その熱意や努力が、朝日が丘小学校の児童の「読書熱」を生んだ一因である事は間違いありません。
 遠藤さんは学校司書をしていて「子ども達が一冊の本を手に取って、喜んで読んでいるのを見ると、きちんと本の整備をしたり貸し出しをしたりして好かったと思う」と言います。そしてご自身が絵本を読んだ時の楽しさを味わって欲しい、そして次世代にもその楽しさを伝えて欲しいという思いが、この仕事を続ける原動力となっているそうです。

 因みに郡山市の市立小学校の学校司書は、市の職員ではありません。各学校のPTAが学校司書にあたる方を雇用し、給与の半額を市が補助する形をとっています。見方を変えれば、PTAの皆さんが早くから熱心だった事もあって、郡山市は学校司書にあたる方の設置割合が高く維持できたのかも知れません。
 会津若松市・福島市・いわき市を調べてみたところ、市の職員として学校に派遣されています。ただ福島市は、今年度から学校司書の所属を市の図書館に移し、まさに「現場」で司書としての研修を受けながら、担当の学校に派遣するようにしました。自治体によって、色々工夫もしているようです。
 ただ「公立」の学校という事を考えると、やはりどの学校の図書館・図書室にも学校司書がいて、図書館・図書室で一定レベル以上の充実度を確保する等、学校間の差が少ない状況が望ましいのは、言うまでもありません。その為には、「学校の図書館・図書室を良くしたい」という情熱のある人や、専門的な知識の豊かな人が、「学校司書として働きたい」と思える環境を整えていく事も大事だと思います。既に文部科学省は、「学校図書館の充実」の為に、「大学などで学校司書を養成するためのモデルカリキュラム」の作成もしているという事です。また学習指導要領ももうすぐ新しいものに変わり、主体的に学ぶ・調べる機会が増える傾向にあるようです。福島県も平成31年度までに学校司書配置率100%を目指して取り組んでいる最中です。環境・待遇等も含めて、どういう形が望ましいのか、考えていく必要があると、取材を通して感じました。

▲ページ先頭へ

2017.11.01a librarian at school

 きょうの『ゴジてれChu!』、鮫川村の人口に迫る来場者でにぎわう祭り&そこで見せたFMX(フリースタイルモトクロス)の妙技の数々、お楽しみいただけましたでしょうか?
 あすも私が取材に行った話題を放送します。

 いま読書週間ですね。読書の秋を楽しむ方もいる事でしょう。
 学校の図書館・図書室で働く職員を「学校司書」と言います。図書館に「司書」の方がいないと、蔵書の管理や貸出等が巧くいきません。しかし県内の公立小中学校には様々な事情があって、必ずしも学校司書がいるとは限りません。ただ学校司書の皆さんは、1人で大きな責任を負いながら、様々な仕事をして図書館を支えています。県内の学校司書の実情と、或る学校司書の仕事に密着しました。私の密着した方は、働いている小学校の児童の読書欲が旺盛な事もあって、大変な事に…。多忙な中、やりがいを感じて奮闘する様子をご紹介します。

 2日(木)『ゴジてれChu!』第3部(午後6:15~)で放送です。是非ご覧ください!

▲ページ先頭へ

アナウンサープロフィール

新着の記事