アナウンサー

アナウンサー日記

感想・メール

2016.10.24楢葉町の田んぼにコスモス畑が誕生

こんにちは!
半年にわたって取材させて頂いた楢葉町北田地区のコスモス畑の企画を
先週、ゴジてれChu!3部で放送しました。

楢葉町は、昨年9月に避難指示が解除されましたが、
帰還した住民は震災前の1割。
稲作が再開した田んぼは震災前のわずか5パーセントです。

楢葉町の中心部にある北田地区は、もともと農業が主体の地区でしたが、
今も多くの農家の方たちが様々な理由で避難生活を余儀なくされていて、
故郷にも帰れず、農業も再開できない状態です。

そんな中、「故郷の農地を荒らしたくない」
という地区の農家の方たちが、
農地にコスモス畑を作るプロジェクトを立ち上げました。
花を育てることで、農地を荒らさないだけでなく
故郷を訪れた人たちを少しでも癒すことができるのでは…と考えたのです。

ただ、5月の種まきの日には、農家の皆さんは
生業の場所だった田んぼに、「稲」ではなく、「花の種」を撒くことに
沢山の葛藤や複雑な思いを抱えていました。

様々な思いを抱えながらも毎月丁寧に草刈りなどをし、
今月には、見事なコスモス畑が誕生…。

農家の皆さんは、
少しでもたくさんの人が故郷の楢葉町に足を運ぶきっかけになればと、
お米と同じように、大切に大事にコスモスを育てたそうです。

このコスモス畑は、
元の生活に戻れない中でも、故郷のためにできる事をしていきたい!
という楢葉町の農家のみなさんの故郷への温かな思いがこもっています。

今月いっぱい、見ごろだという事です、
ぜひ!皆さん、足を運んでみてください!

写真

色とりどり、鮮やかで、見事なコスモス畑が出迎えてくれます。取材をさせていただいた北田地区の農家の皆さん、ありがとうございました!

▲ページ先頭へ

2016.09.06ふくしまパンマルシェ Vol.33

写真

パン工房「陽だまり」は、家族みんなで営んでいます。ご家族は本当に仲良しで、取材中はず~っとニコニコ笑顔。ほんわか、優しい気持ちになりました(^^) 店名にもなっている「陽だまり」はまさに、ここにあります。ぽかぽか温か~いパン屋さんです。 

久しぶりの日記更新になってしまいました。すみません…!
きょう、数か月ぶりに、ふくしまパンマルシェのコーナーを
ゴジてれChu!でOAしました♪
今回、取材させて頂いたのは鏡石町のパン屋さん「陽だまり」です。

オーナーの高野さんは、本当にユニークな方でインタビュー中も気さくに、時に冗談を交えながら答えてくださいました。





そんな高野さんの原点は、地元・鏡石町です。
東京や北海道で修業をしながらも
「地元でパン屋さんを営みたい」と2010年に鏡石町で開業。
その一年後の震災の影響で風評被害に苦しんだ時期もありましたが、
「地元を応援したい」という強い思いで、地元の農家と一緒に
地元産の野菜や果物をふんだんに使ったパン作りを行っています。
高野さんのパンには、ひとつ、ひとつに
地元への愛が込められていますよ…。

その一環で、今年の秋には、
地元の和田農園さんのトマトを使った新しいパンを開発するそうです。
和田農園のトマト「ぷちぷよ」は、とっても甘くでフルーツのようでした!
私は取材が終わった後も、帰りの車で 
頂いたトマトをパクパクとつまみ食いをしてしまう始末…(笑)

鏡石町の熱いパン屋さんと熱い農家さんがタッグを組んで生み出したパン、
とっても楽しみです(*^_^*)

陽だまりの皆さん、取材にご協力していただき、ありがとうございました。



▲ページ先頭へ

2015.12.11パンタスティ~ック!!

みなさん、ご無沙汰しております。
久しぶりの更新になってしまいました。
申し訳ありません(>_<)

さて、今週末、わたしにとって血の騒ぐ?
スペシャルで、ファンタスティックで…
パンタスティ~ック!!なイベントを行います!!!

中テレ祭りで、ゴジてれのパンマルシェのコーナーが会場に飛び出すのですー!(拍手)パチパチパチ!

県内外の14店舗のパン屋さんが一同に集まるんです!

パンマルシェのコーナーを担当するにあたって、
出店するパン屋さん、ほとんどのお店を取材させていただき、
インタビューや撮影の合間に、パンに対する愛情と魅力を教えてくださいました。
あるパン屋さんでは、パンに対する溢れんばかりの愛情から、毎日パン生地と会話をしながら作っていたり、
中には、ずっとパン嫌いだった店主が自分でも食べられるような美味しいパンを作りたいという思いで毎日パン作りに奮闘していたり、
そして、母が作ってくれた懐かしい味をパンで再現していたり…。と
取材したすべてのお店のことをここに書いたいくらい、
それぞれが、特別な思いでパンを作っていました。

皆さん、早朝2~5時には起きて、眠い目をこすりながらパンと向き合う。
取材中、パンをつくる背中や生地をこねる姿からからひしひしと、
パンに対する愛情が伝わってきました。

だからこそ!!
わたしも責任を持って、それぞれのパン屋さんの魅力を、あす、あさってご紹介していきます!
そして…。わすれてはいけない、もう一つの企画!

写真

でっで~~ん!!夢のようなホイップメロンパン!!中テレ祭りはクリーム祭りで盛り上がりましょう~!!

ゴジてれとシライシパンと酪王乳業でつくったコラボパン~!!!

今回は、去年から販売されている酪王いちごオレのホイップクリーム味です。

幾多の困難を乗り越えて…。
今回は、ホイップ4倍のホイップメロンパンもお目見えします!!!
ホイップメロンパンを3個以上買っていただくと、くじ引きによる抽選でプレゼントします~!
小さいころから慣れ親しんでいた酪王カフェオレと、
その妹分の酪王いちごオレ味のクリーム…。

いっそのこと、このクリームに埋もれてみたい…。
と思った人は私だけではないと思います!

ぜひ、会場で味わいましょう!

詳しくは、こちらの特設ページをご覧ください!
http://www.fct.co.jp/chutele_matsuri/panmarche/

写真

中テレのパンチームです!右が営業企画の堀田、左がディレクターの鈴木。ほかにも、今回のパンマルシェブースには、本当にたくさんの中テレスタッフが関わっています!会場でお会いしましたら、気軽に声をかけて頂ければと思います♪よろしくお願いします。

▲ページ先頭へ

2015.04.06コラボパン完成です!

写真

酪王乳業さんの使用許可を得るべく、責任を持って、全力で交渉してきました!

こんにちは。
4月に入り県内の桜も咲き始めましたね。
そんな中、2月から始まっていた
ふくしまパンマルシェ オリジナルパンプロジェクト
ゴジてれChu!とシライシパンと酪王乳業とのコラボパンがついに先日、完成しました!!!!

写真

県民の皆さんの声を元に作った「酪王カフェオレ味のホイップメロンパン」
幾多の困難を乗り越えて、完成です!!!

写真

小さい頃からずっと慣れ親しんでいた、 あの酪王カフェオレをパンにする というのは
福島県民の一人として、画期的で、魅力的な企画だと感じていましたし、
「一日も早く」と、完成を待っていました。

写真

開発に協力してくださったシライシパンと酪王乳業の皆さんをはじめ、インタビューに答えてくださった県民の皆さん、テレビの前で応援してくださった皆さん、たくさんの方々に支えて頂いて完成しました。
本当にありがとうございました。

写真

東北6県のスーパーやご覧のコンビニなどで5月いっぱいまで販売しています。

味は…
表面の生地はし~っとりとしていて上品。この生地と、なめらかなホイップクリームが合わさると、よりしっとり感が増します。ホイップクリームは、酪王カフェオレの美味しさはそのまま!ほろ苦さと甘さのバランスが絶妙で溢れんばかりに入っているホイップクリームが口の中でふわふわ~っと、とろける感覚がたまりません!!まさに福島のパンです。

写真

本番で使った手作りのフリップです。ファンタスティックを超えたパンタスティックの味を、ぜひ皆さん、お試しください!

「美味しいパンは幸せを運ぶ」というコンセプトのもと担当させていただいているゴジてれChu!「ふくしまパンマルシェ」のコーナー。
ふくしまならではのコラボパンで東北6県の皆さんに幸せを届けられますよう願っています。



ところで、話は変わりますが、
先週から、ゴジてれChu!1部のMCを担当しています。
私の緊張から、見てくださった皆さんをハラハラさせてしまった場面も多々あったかと思います。

これから毎週金曜日のゴジてれChu!1部で御世話になります。
皆さんに安心して、楽しく見ていただける様、一生懸命に努めてまいります。
どうか、よろしくお願いいたします。

初めてMCを担当した先週金曜日のオープニングでは
視聴者の方から頂いたメールをご紹介しました。
いわき市の松が丘公園の桜が開花したとの内容です。
可憐に咲く桜と常磐線の電車が
見事にコラボレーションしている写真も一緒に送ってくださいました。

写真をみた瞬間、一気に小さい頃にみた松が丘公園での思い出がよみがえりました。
毎年桜の時期になると、友達と一緒に松が丘公園でお花見をし、
遊具の汽車や空中自転車で遊んだ思い出があります。
空中自転車を漕ぎながら桜を見下ろすと
まるで桜の上をふわふわと飛んでいるかのような不思議な感覚になるんです。

あの頃みた記憶の中の桜と、写真の中の桜の姿がぴったりと重なり合いました。
桜は、毎年変わらずに美しい姿を見せてくれますね。
桜をみると何故かホッと安心した気持ちになるのは、
慌ただしく変化する日常のなかでも
変わらない姿を毎年私たちに見せてくれるからなのかな、と感じました。
昨年はかないませんでしたが、今年こそ!松が丘公園の桜を見に行こう!と考えています。
メールをくださった まりもりんさん 
ありがとうございました。

季節の変わり目は特に、幼いころの故郷での楽しいひとこまをふと思い出すことがあります。
大好きな故郷で働けることに感謝して
これからも、一つ一つの福島の情報を大切に、お伝えしていければと思っています。

▲ページ先頭へ

2014.12.21ぎょぎょぎょ♪&市政なう!

写真

ぎょぎょぎょ!!!のポーズ!

ご無沙汰しております。

先日、さかなクンとご一緒する機会に恵まれました。

ベスト学院進学塾が主催している「夢教室」というイベントの一環で
さかなクンは中学生以下の子供たちへの講演で、
魚の話や、環境の大切さを語ってくれました。

私はアシスタントでしたが、
さかなクンの話を、キラキラと目を輝かせながら興味津々に聞く子供たちの姿に
さかなクンの伝えるパワーはすごい!と感動しました!!!

学生時代に、
「水槽学部」と間違えて、「吹奏楽部」に入部したというくらい
魚が大好きなさかなクンの話は
圧倒されるほどの知識と魚への愛情で溢れていました。

それだけでなく
魚を取り巻く環境や、周りの人、そして子供たちを思いやる
まっすぐで、純粋で、温かい気持ちがダイレクトに伝わってきて
さかなクンの思いに
うるっときてしまう時もありました。

多くの人からさかなクンが愛されている理由が
今回さらに理解ができた気がします。

わたしも、情報をお伝えする仕事をしている以上
ひとつひとつの物事を大切に、
環境や人の思いも大切にしながら
心を込めて、丁寧にお伝えしていきたい!と改めて思いました。

さかなクン、そして
会場にいらした皆さん、
ありがとうございました!

写真

お別れの際にはさかなクンからぎょぎょぎょ!なプレゼントもいただきました!ぎょぎょ袋です。中にはさかなクンの可愛いイラストが描かれている名刺と、クロマグロのストラップが入っていましたよ♪さかなクンありがとうございました!

写真

がくとくんと一緒に♪

もう一つのお知らせは…
郡山市の市政番組「こおりやま市政なう!」についてです。
今年最後の放送が今月28日にあります。
昨年と同様、郡山市のキャラクター・がくとくんと一緒です♪
今年は市内を巡り、今年一年、どのような動きがあったのか、振り返りました。
天真爛漫で自由奔放のがくとくんにビックリ仰天してしまう一幕もありましたよ!(笑)

こおりやま市政なう!は
12月28日
13:15~13:30 に放送です。

ぜひご覧ください☆

▲ページ先頭へ

アナウンサープロフィール

新着の記事