アナウンサー

アナウンサー日記

感想・メール

2018.03.13東日本大震災から7年、そしてこれから

東日本大震災から7年

3月11日は
各地で祈りが捧げられました。

複雑な課題や、時間が経っても変わらない悲しみ、
しかし、
福島は力強く前進していると感じる面もたくさんあります。

3月11日の報道特番「私たちの歩む道~東日本大震災から7年~」で、
私は取材をさせていただいた富岡町の釣り船「長栄丸」の船長、
石井宏和さんの思いをお伝えしました。

石井さんは津波で娘さんを亡くされました。
しかし福島の海を次の世代に繋ぐことが使命だと、
釣り船の仕事をいわきで再開し、
多くの人に福島の海の豊かさを伝える仕事をしています。

写真

長栄丸の前で、石井さん(左)とアシスタントのヒデキくん

今回私は石井さんの操縦する「長栄丸」に乗せていただきました。
釣りをするのは初めてで、
魚が釣れるか、ということもそうですが、
朝起きられるか
(午前5時出港のためには午前3時に家を出なければ)
船酔いしないか
(気分が悪くなっても数時間は港に帰ることができません)・・・
(船に携わる方たちからしたら、情けない心配ですね)
いろいろな意味でドキドキでした。

写真

船の上から見た朝日は人生で一番、美しかったです

しかし、いったん船に乗って沖に出ると、
プラネタリウムのように360度広がる星空や、
徐々に東の空が朝焼けに染まっていく景色が息を呑むほど美しく、
眠気や不安感は一気に吹き飛びました。

写真

大漁!そして揺れる船の上でもプロ根性のカメラマン☆

釣りをするのは沖合30キロ。
周りのベテランの方々に手取り足取り教えていただいたおかげで、
一投目から大当たり!
どんどん釣れて大興奮でした!!!


船に乗っていると、
見渡す限りの海の広さ、
水深100メートル以上という深さ(これでも海の中では浅い方ということですが)
そして見えないけれど、濃紺の海面の下には無数の魚が泳ぎまわっていること、
文字にすれば当たり前のようですが、ひとつひとつが神秘的で感動しました。

さて、結果はというと・・・メバル20匹とマダラとスケソウダラで
クーラーボックスがいっぱいに!

魚屋さんで捌いていただき、
半分は差し上げて、
残りは会社に持ち帰り、刺身で食べたり、スタッフに配ったりました。
新鮮なお刺身もシンプルに煮付けにして食べたものもおいしいかったです。
そしてみんなに喜んでもらえたのも嬉しかったです。


福島の魚介類は、厳しい基準を設けた放射性物質検査が継続的に行われ、
対象の魚は2年間すべて基準をクリア。
数字的に「安全」が証明されています。

そんな今でも、風評が残り福島の魚介類の販売が中止されるニュースがあることに、
胸が痛みます。

「安心」して、おいしい福島の魚を味わってください、と
日本中、世界中の人に胸を張って伝えたい。

そして石井さんのように、海と正面から向き合い、
福島の海を良くしよう、
未来に繋げていこう、と努力されている方々を
これからも応援しています。

石井さんは復旧工事が整い次第、富岡の港から船を出す、
そのことに意味があるとおっしゃっていました。
その富岡町には、私も特別なご縁を感じています。


入社一年目、初めて訪れた2013年の冬、
たまたま家の様子を見に来ていた駅前の魚屋さんの店主と出会い、
店の中を見せていただいたことがきっかけでした。

白壁には津波の跡が残り、時が止まったまま。


しかし、それから一年、また一年、
訪れるたびにその姿はどんどんと変わっていきました。
震災の被害がそのままになっていた駅は、新しい駅舎になり、
去年からは電車が通るように。
町の各地に高く積み上げられていた除染で出た汚染土などを入れた黒い袋も、かなり数が減りました。

風景の変化だけでなく、話を伺った方々からたくさんのことを学びました。
駅前で商店を営んでいた方は、避難先での仮設の店舗を経て、
再び町を支えるものをと駅前にホテルを開き、町の復興を見守っています。
食堂で温かいご飯をふるまい、復興の活力を作る方、
将来は町に戻って子供に「夜ノ森の桜」を見せたいという夫婦、
町を離れても、避難先で富岡を再現したミュージアムを作り故郷を思い続けている方、


生活は違っても
町を愛する気持ちと復興を願う気持ちは同じなんですね。
辛抱強くて、前向き、
そんな皆さんを尊敬しています。


7年から8年目へ、
また一つずつ前に進めますように。

出会った方々に感謝して、
復興を願っています。

写真

富岡駅 2014年3月、14年7月、15年2月、17年10月。現在は常磐線が走っています。慰霊碑は町内の公園に移されたということです。

写真

入社一年目からお世話になっている富岡駅前で魚屋をされていた渡辺さんと奥様。隣町で料理のお仕事を最近再び始められました!

▲ページ先頭へ

2018.02.15雪を好きになる魔法

立春は過ぎましたが、まだまだ寒いですね。
今シーズンは、記録的な寒さ、記録的な豪雪・・・
厳しい冬だと感じるニュースが多く伝えられました。

みなさんは体調を崩したり、雪に悩まされたりしませんでしたか。

写真

イマコレでいろいろな場所から生中継♪

私は去年10月から
ゴジてれChu!金曜日の中継コーナー「イマコレ」を担当しています。
県内各地に赴いて、いろいろな方にお会いして話を伺い、
新しい発見や勉強になることばかり…。
旬な情報を楽しく!お伝えすることを心がけています。

写真

高さ12メートルの大雪像「鶴ヶ城」細部まで再現!

前回のイマコレは、日本有数の豪雪地帯・只見町の
「只見ふるさとの雪まつり」の会場からでした。

今年の大雪像は「鶴ヶ城」!!

この季節、雪に覆われた会津若松の鶴ヶ城はよく目にしますが、
雪そのものの鶴ヶ城は見たことがありません!

運よく天気が穏やかで、
青空バックの純白の城は、気品と威厳があり、
堂々とそびえる姿は圧巻でした。
夕方からは、赤や緑、カラフルなライトが白い壁を照らし、
ロマンチックな雰囲気に…。
こんなに表情を変化させてくれるのも
雪の城ならでは…と感じました。

この大雪像、どのくらいの雪でできていると思いますか?





実は「10トントラック1000台分」の雪です!!
(すごすぎて実感がわきません。)

この日も積雪230センチ(!!)の只見町。
雪国で暮らす方々は苦労されることも多いと思いますが、
大雪を逆手にとって町を盛り上げていらっしゃることを
様々な場面で感じました。

私がおもしろいなと思ったのは、
会場で販売されていたご当地グルメ「38(さんぱち)豪雪サンド」
ふわふわのコッペパンの間に
こぼれ落ちそうなほどのホイップクリームが入っているのですが、
昭和38年の記録的な豪雪から名前をとっています。
豪雪は、時には災害を引き起こしたり
日常生活に影響を及ぼしたりと悩みのタネになりますが、
「38豪雪サンド」は、雪を甘くてふわふわ、たっぷりのクリームに見立てた大胆な発想!
こんな雪ならたくさん降ってほしい…と思わせてくれるような夢のあるパンでした。

(ちなみに、ハーフサイズの名前は、「例年並み」ということです。笑)

【雪を食べ物に例える】・・・

そういえば、郡山市にあるFCT本社から会場への片道三時間の道中、
どんどんと雪の壁が高くなっていくのを眺めながら
フロアディレクターと
「雪がマシュマロだったら…」とか「雪の層が豚の角煮に見えてきた」
と妄想を膨らませて話したりしました。

冷たく、美しく、景色を一変させる雪の世界
春を前に楽しむならイマですね。





写真

規格外の大きさのかまくら!!

ちなみに、西会津町のほうでは
雪かきを「労働」ではなく「エクササイズ」ととらえて
「ジョセササイズ」と提唱しているのも
逆転・前向きな発想で素敵だなと思います♪

中国のSNS、Weibo(ウェイボー)では
雪の只見線の風景が幻想的で美しい!と大きな反響を呼んで
会津地方への観光客も増えているそうです。

いろんな視点で見てみるとやっぱり雪っていいなと思えてきます。

今開催されている平昌オリンピック、
選手の活躍に目が釘付けになります。
が、テレビで見ているととても寒そうです・・・。

冷え込み方は違うかもしれませんが
実は、平昌と福島、緯度はほとんど同じなんです!
(平昌:北緯37.37度、福島:北緯37.75度)

西を向いて、寒い会場に、熱い応援を送りたいです♪

写真

こちらが道路にせり出す雪の層を「角煮みたい」と例えたフロアディレクターの雅子様。身長172cm、長身の彼女と比べても雪で作った古民家の大きさが際立ちます。

写真

マジック漫才コンビ「あっけらかん」さんと鳩のくうちゃん、雪むすめの渡辺さんと飯島さん、中継ありがとうございました!

▲ページ先頭へ

2017.10.27グルメ天国・北海道♪

紅葉の色づきがいっそう鮮やかになってきた今日この頃・・・
みなさん、いかがお過ごしですか。

写真

タラバガニです!

私が最近衝撃を受けたことは・・・

この、カニ!
生きています!

大きさと重さと元気のよさに驚きました!

写真

北海道は札幌味噌ラーメンを筆頭にラーメンも有名ですよね

このカニがいたのは《北海道》です!

11月2日(木)から15日(水)に中合福島店で開催される
「北海道の観光と物産展」に先立って、
出店されるお店を現地で取材してきました。

北海道を訪れるのは個人的に人生初!
期待感はいっぱいでしたが・・・

写真

それをさらに上回る〈おいしい〉感動の連続でした!

豊富で新鮮な海の幸、
広大な大地がはぐくんだ上質なお肉、

まさに食材の宝庫です。

(カニは生け簀で生きているものをボイルし
冷凍して持ってくるため、福島でも同じ新鮮さで味わえるとのこと。
また焼肉弁当は会場で焼くため、北海道で食べるのと同じ
絶妙な焼き加減・焼き立てを楽しむことができるということです。)

写真

ロイズの生チョコレートは口どけがたまりません!

また、毎回大人気、生チョコレートで有名な
ロイズなどスイーツ店も伺ってきました。

じゃがいもや牛乳など北海道ならではの
素材が存分に活かされています。

書きたいことはたくさんあるのですが…
そこは…放送でお伝えしましょう!

今回は6店舗取材し、
おいしいものを食べて食べて食べて…(笑)
幸せなロケでしたが
唯一大変だったのが、移動です。

北海道への行き帰りのみならず
道内も本当に   広  い  !
それが…中合福島店へ行けば北海道中の絶品グルメが一所に大集合!
函館から札幌まで車で4時間半かかりましたが、
徒歩数十秒の範囲に北海道中のグルメがそろっているなんて夢のようです。



北海道の味覚と満載の特集は、

・ゴジてれ×Sun! 10月29日(日)16:25~
・ゴジてれChu!  10月31日(火)15:50~

で放送します。


また中合福島店の「北海道の観光と物産展」会場からの生中継を

・ゴジてれChu!  11月3日(金) 15:50~

お届けします。
ぜひご覧ください(^^)

写真

最後に・・・

ラストのシーンの後でスタッフさんたちと
小樽の展望台で記念撮影♪
このときの気温は、なんと 3℃ !!
10月なのに、雪(みぞれ)も降りましたよ!
驚きが止まらない、北海道旅でした。

▲ページ先頭へ

2017.08.2924時間テレビの放送を通して

少しずつ朝晩が涼しくなり、秋の虫の音も聞こえてくるようになりました。
夏から秋へと移り変わっていきますね。

写真

フィナーレのサライ大合唱!ステージも来場者のみなさんも一体となり、ブルゾンちえみさんのマラソンゴールを見届けます。全国の会場が中継され、日本中が一つになったようで感動しました。

夏の終わりといえば、「24時間テレビ」です!

40回目の今年は8月26日(土)から27日(日)にかけて放送され
福島県内でのイベントもありました。
その一つ、郡山市のビッグパレットふくしまにも
たくさんの方においでいただきました。

番組を見てくださった皆さん、
募金してくださった皆さん、
イベント会場に足を運んでくださった皆さん、
また、ボランティアでチャリティー募金を支えてくださった皆さん、
本当に、ありがとうございました。

写真

入社5年目、初めての24時間テレビMCにとても緊張していましたが、一緒に司会を務めた菅佐原アナウンサーのおかげで大船に乗ったような気持ちで臨めました。「24」を表現しようと思ったのですが、写真で見ると「42」になってます・・・;

今回私は土曜日の24時間テレビ チャリティー福島一部の司会を担当しました。

小さいころから見てきた24時間テレビに関われることの嬉しさ、
40回も続く、大切な番組だけに、きちんと伝えなくてはという使命感と緊張感、
いろんな感情が入り混じり、ドキドキしながら当日を迎えました。

そして、もう一つの特別な思いがありました!

写真

こちらが訪問入浴の福祉車両です。購入するとなると高級車一台分ほどかかるそうです・・・

それは、24時間テレビの原点である「チャリティー」について改めてお伝えする特集として、
募金が活かされている現場を取材し、放送したことです。

寄せられた浄財が社会福祉のために役立てられていることは知っていましたが、
具体的にどう使われているか、目にしたことはありませんでした。

私は南会津町社会福祉協議会を訪ね、
24時間テレビの浄財で購入した「福祉車両」で
訪問入浴を行っている介護サービスの現場を取材しました。

福祉車両は、いろいろ種類があるそうですが、
訪問入浴車には、組み立て式の湯船と、お湯を沸かす装置などが載っていて、
自宅でお風呂に入るのが難しい高齢者や体が不自由な人の入浴を
自宅の居間などを使って行うことができます。


写真

あっという間にリビングがお風呂場に!湯船にハンモック状のものがついていて入ったり出たりが楽に行えます。

実際、利用しているお宅に同行しました。

3人1組の訪問スタッフが入浴車と共に、依頼先のお宅を訪ね、
到着するや、湯船やホースなどを組み立てて湯を沸かします。
そしてお風呂にゆったり浸かっていただくのです。

この入浴を楽しみにしている方が多く、
髪や体をきれいに洗ってもらい、なんとも気持ちよさそうでした。

その一方で、介護が必要な人の入浴が、いかに大変で、
入浴車と支援スタッフを待っている家族がたくさんいることを痛感しました。

入浴した方が、さっぱりほかほかしたお顔で笑顔をみせてくださる姿に、
言葉以上に、この活動の大切さを学びました。

1円でも10円でも金額にかかわらず、多くの人の思いが集まることで大きな力に変わり、
こんなにもあたたかい笑顔につながっていくんだなと実感しました。

写真

南会津町社会福祉協議会のみなさんです!みなさんの優しさと心配りを見習っていきたいと思う素敵な方々でした。

また、
社会福祉協議会のスタッフのみなさんのチームワークと優しさも忘れられません。

暑い中でのセッティングは大変で、
訪問先によっては2階で入浴する場合もあるとか…
体力も必要になりますが、手際よい動きは、まさにプロフェッショナル!
ご家族の都合も考えて、到着から片づけまできっちり1時間!で仕上げます。
そして何より、明るくいたわりの声をかけながら、丁寧に優しく接する心の美しさに感動しました。

24時間テレビチャリティーが
誰かの笑顔に…
その家族の笑顔に…
そしてその町の笑顔につながっていくんですね。

大切なことを学んだ夏になりました。

▲ページ先頭へ

2017.04.12沖縄旅ちょこっとウラ話♪

この時期テレビをつけると、
淡~いピンクの桜!さくら!サクラ!
いろいろな地域の桜の話題が入ってきて、
春だなぁ~とわくわくしてきます。

私の家の近所の公園では、今朝ついに桜が咲き始めて
本格的な春の訪れを実感しました。

みなさんのまわりの桜はもう咲きましたか?


写真

3月にひまわり!!本物ですよ!!

先日、桜の季節を飛び越えて、
夏の花咲く沖縄に行ってきました!

福島の子どもたちと行く、この時期恒例の「沖縄遊・YOU塾」です。

今回参加したのは小学校3年生から中学3年生までの89人!
4泊5日の旅は、たくさんの笑顔や発見にあふれていて、
子どもたちのその生き生きした表情をお伝えしようと、
私も参加してきました。
目標は「全員と会話をすること」です。

初日に先ずみんなが驚いたのは、沖縄では夏の代名詞・ひまわりがもう咲いていたこと!!
季節をワープしたかのような不思議な感覚になりました。

さらに、このひまわりの種は「福島で育てられたもの」で、
12月に撒いたものが、東日本大震災の命日、3月11日前後に開花したそうです。

沖縄から福島へのエールを感じた素敵な花でした。

写真

琉球ガラスの色のような鮮やかな海

一番人気は、渡嘉敷島でのマリンアクティビティー!
フェリーに乗って訪れる人口700人の小さな島だからこその
コバルトブルーの美しい海・・・

写真

海行くぞ~GO~!!

なんですが、
実はこの日、朝まで雨が降っていたのです!
せっかく来たのに海に入れるかなぁ・・・と心配になりましたが、
みんなの日頃の行いが良いのか、天気が味方してくれ
午後には太陽が顔をのぞかせ、海に入ることができました!!

気温18度、水温19度、、、(!!)
海水浴にはちょっと寒い状況でしたが、
水が冷たく感じるのも最初の一瞬だけ。なんくるないさ~♪
みんな元気に全身で秘境の海を楽しみました!

写真

尾びれがしっかりと見えました!!ダイナミックな姿に感動です!!

ラッキーだったのは、「ホエールウォッチング」
野生のクジラが、必ず姿を見せてくれるとは限りません。

30分ほど待って、あきらめかけた頃、
遠くの海面に水しぶきが!

しかもどんどん近づいてきて、尾びれの模様がはっきり見えるほどでした。
親子のクジラが交互に尾びれを水面に出して
仲良く泳ぐ貴重な様子も見られましたよ。


写真

本物のテレビカメラに興味深々♪「重い!」「すごい!」カメラマン気分を味わいました。

印象的だったのは、
塾生たちの「友達力」です。
一人で参加し、最初は心細そうな表情だった子も、
すぐに打ちとけ、
最終日には、帰りたくない、離れたくない、
という声がたくさん聞かれました。
(ある女の子4人部屋では二つのベッドをくっつけたところに
ぎゅっと4人で寝ていてかわいらしかったです。)

写真

最終日にお手紙を書いてくれた子がいました・・・!嬉しいです(涙)宝物にします。

一生モノの思い出を共有し、築いた友情を
これからも大切にしてほしいなと願いつつ、
私もまたみんなと取材先やどこかで会えたらな・・・と思い旅を締め括りました。

そして今月は、春の花いっぱいの福島県を
存分に満喫していきたいです!

▲ページ先頭へ

アナウンサープロフィール

新着の記事